++ てしごとDiary ++
izumiジュエリーシマノの藤沢泉のページです。
神奈川県小田原市に、ジュエリーショップを経営しております。

ジュエリーの紹介の他、アクセサリースクールの情報、またプライベートについても、
日々ありましたおもしろいことを書かせていただきます。

ぜひコメントもよろしくお願いいたします!



(背景は Happy Cloverシリーズ−シロツメクサのチョーカー)


2004. 2. 29. Sun Original Accessory教室で
2004. 2. 28. Sat 梅まつり
2004. 2. 27. Fri トルソー
2004. 2. 25. Wed ゴージャスなもの
2004. 2. 23. Mon 喫茶文化
2004. 2. 22. Sun 陶芸、その後
2004. 2. 21. Sat 次のDM
2004年 2月
SunMonTueWedThu FriSat
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
- - - - - -

 

2004. 2. 15. Sun
 
旅を終えて
「あけましておめでとうございます。izumiさん、ヴェネツィア行きません?」 
というkumikoさんからの突然のお誘いがあったのが1月の7日か8日でした。 
12月に旅行したばかりなので、さすがに無理と思いましたが、行き先がローマやミラノではなく、ヴェネツィアだったこと(世界で一番好きな場所、ビーズも見たいと思っていた)、 
今なら航空券10万円しないよ、とのお話で、心がぐらぐらしました。 
 
10分くらいは悩みましたが、悩む余地があるということは行ける時なのかな?と思ったり、夫の「行ける時に行った方がいいよ。」の言葉で、贅沢とは思いましたが、すぐにチケットの手配をしていました。 
 
出発当日成田に向かう途中で、ある雑誌の編集長から電話がありました。 
次号に私の作品を何点か載せたい、しかもゴージャスなものを!というお話で、それならこれからちょうどヴェネツィアに行くので、いい材料仕入れて、いいもの作りますね!ということになりました。 
 
というわけで、仕事モードでビーズを見たり、船の中で黙ってデザインのアイデアを考えていたり、といういつもとは違う旅になりました。 
そんなわけでいつもに増してぼーっとしていたので、何度も石畳でけつまずき、しっかりもののkumikoさんには、とても呆れらてしまったようです。 
 
今求めているものを見て感じて、自分に取り入れようとした、刺激的な旅行でした。 
この経験が、少しでもお教室やこれからの仕事に役立つようにと思っています。 
  

ヴェネチアでは、とっても泉さんを頼りにしていました。呆れるなんて、とんでもないです。でもお店では見ることの出来ない、泉さんの色々な姿に出会えて、楽しかったです。ちなみに私は、全然しっかり者では無いです〜。
kumiko ..2/17 19:19(Tue)

kumikoさん、先日は本当にお世話になりました。普段はふわふわした印象のkumikoさんが、旅先では危機管理能力が高く、語学は堪能、判断は早い、、とても頼もしい人でした。
はじめてお店のお客様として来られたのが13,4年前だったでしょうか?
長いお付き合いとなりましたが、まさか2人で旅をするとはね!
人生って楽しいですね。これからもどうぞよろしくお願いいたします。
izumi ..2/17 23:58(Tue)

Click! 感想ご意見をどうぞ!

<<BACK 14日 カルニバーレのサンマルコ広場

NEXT>> 16日 ヴェネツィアのガラス


| 携帯用 | | RSS | | 検索・カテゴリー | | Home |

++ Powered By 21style ++