++ てしごとDiary ++
izumiジュエリーシマノの藤沢泉のページです。
神奈川県小田原市に、ジュエリーショップを経営しております。

ジュエリーの紹介の他、アクセサリースクールの情報、またプライベートについても、
日々ありましたおもしろいことを書かせていただきます。

ぜひコメントもよろしくお願いいたします!



(背景は Happy Cloverシリーズ−シロツメクサのチョーカー)


2017. 8. 31. Thu 明日からピアスフェア
2017. 8. 30. Wed 天然石アクセサリー即売
2017. 8. 29. Tue ピアスフェアの準備
2017. 8. 26. Sat 秋の新作
2017. 8. 25. Fri 9月ピアスフェアと天然石アクセサリー即売会
2017. 8. 23. Wed 20年前の今日。
2017. 8. 22. Tue てんとう虫のアイスケーキ
2017年 8月
SunMonTueWedThu FriSat
- - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- -

 

2017. 8. 8. Tue
 
鳥羽へ
夏は定休日を絡ませて9日間の休みとなります。 
今年は早めに夏休みに入り、お盆の途中からお店をオープンすることになりました。 
 
前半に時間があり、それなら秋田へ行く前にどこかに行けるかもと思い立ち、一度行ってみたいと思っていた、鳥羽へ一泊旅行することにしました。 
29年宝飾の仕事をしていて、ミキモト真珠島へ行ったことがなかったのです。 
 
お客様から、伊勢志摩へ旅に行った時にね、と真珠の話、ミキモトのお話を伺いますが、恥ずかしながら私は訪れたことがありませんので、頭の中で想像するばかり。 
大阪に住んでいた頃なら近かったのに、お伊勢参りだけして鳥羽がそこからとても近いことがわかってなかったようです。 
 
台風で出発が心配でしたが、早朝から晴れて、問題なく出発。 
しかし名古屋から三重方面へ乗り換えの時にJRは運転見合わせ、近鉄に振り替えてもらって着くことができました。 
 
鳥羽の駅に降りて、まずはサザエストリートと呼ばれる、貝を焼いて出すお店がたくさん集まっている所へ。その中の一軒で、手のひらより大きな岩牡蠣、緋扇貝(例の、アクセサリーに使ったあの貝)、ホタテ貝、大アサリ、など頂いて、その潮の味の濃さを堪能しました。このお店は元海女さんが経営しているそうで、駅の案内のおじさんにオススメされたお店でしたが、接客も明るく楽しくて良いお店でした。 
 
そして今回の第一目的の「ミキモト真珠島」へ。 
島の大きさは想像していたくらいでしたが、充実した展示内容で、とても楽しめました。 
今までも養殖真珠が出来上がるまでのこと、わかっていたはずですが、改めて見ると不思議ですし、御木本幸吉翁の思いつき、研究がどれほどすごいものだったかと思い知らされました。 
 
ブティックは銀座並みの品揃えで、もしミキモトで真珠を買うとしたら、銀座で買うようりこちらで買ったほうが思い出が残って楽しいなと思うものでした。 
 
海女さんの実演なども見て、2時間半使ってゆっくり見学して、そのあとは湾のクルーズ。 
カモメが飛ぶ空はとっても綺麗でした。 

| |
  

Click! 感想ご意見をどうぞ!

<<BACK 5日 明日から夏期休暇となります。

NEXT>> 9日 鳥羽から伊勢へ


| 携帯用 | | RSS | | 検索・カテゴリー | | Home |

++ Powered By 21style ++