調布市の何でも掲示板!by ちょうふどっとこむ

調布情報掲示板のご利用規約(ちょうふどっとこむ)
掲示板一覧
教えて下さい
あげますください
調布の飲食店
調布トリビア
子育て
何でも
調布の街ネタ、平日毎日お届け!「調布経済新聞」

>>始めに、掲示板ご利用規約をご確認下さい。

>>その他のご注意。(削除キーの入力を忘れると変更や削除はできません)

>>調布市内のお店をお探しの際は、こちらからどうぞ。





※広告バナー掲載店を募集しています!詳しくはこちら

  <<   新規投稿   トピック表示   一覧表示   携帯用   ホーム  
  山口とも+重松壮一郎〜廃品打楽器とピアノのコンサート「ガラクタに咲いた花」

[1280] 重松壮一郎

Name: 重松壮一郎 [URL]
Date: 2018/05/09(水) 15:35
  返信  引用  編集 
Title: 山口とも+重松壮一郎〜廃品打楽器とピアノのコンサート「ガラクタに咲いた花」    
ガラクタに命を吹き込む打楽器奏者「山口とも」と、
生きとし生けるものすべてに向けて音を紡ぐピアニスト「重松壮一郎」。

国内外で活躍する二人のユニークなアーティストの音が、みんなの前で出会い、ジャンルを超えたその場かぎりの音楽を生み出します。
ドカシャカ、ビンビン、ポローン、キララ〜!
ゆかいだけど美しい。まさに音の万華鏡。森に住む鳥や虫たちも大合唱!

春の息吹が満載の森の音楽会。
大人も子どもも、みんなで楽しもう!
今年で11周年となるコンサートへぜひお越しください!


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ガラクタに咲いた花」
廃品打楽器とピアノの森の音楽会
〜山口とも + 重松壮一郎コンサート
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■日時
2018年5月20日(日)
開場11:30 開演12:30(15:00ごろまで)

■会場
オープンガーデン・森のテラス
http://www.morinoterasu.net/tokyo/tokyo-moritera.htm
東京都調布市若葉町1-32-13(京王線仙川駅より徒歩13分)
tel: 03-3307-1987

■料金
前売大人 3000円 当日3500円(35名限定)
子ども(小学生以下) 1500円
未就学児(膝上)500円 *
いずれも1ドリンク付き

*未就学児は必ず膝上に抱き、歩き回らないようにしてください。
*膝上に抱えられない未就学児は、子ども(1500円)でご予約ください。
*お子さんが楽器に触ったりしないよう、保護者の方と一緒に座ってください。

■出演アーティスト
山口とも(廃品パーカッション)
重松壮一郎(ピアノ、鍵盤ハーモニカ)

■出店
・秋田・森のテラスから味覚
・ともとも&SOSOのCD・グッズ販売
・「ぬのことば」の雑貨屋さん
・Piano gohanのスイーツ屋さん

■オフィシャルサイト
http://www.livingthings.org/garakuta

【ご予約・お問い合わせ】
http://www.livingthings.org/reserve/



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
出演者のプロフィール
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■山口とも
(日本廃品打楽器協会会長、打楽器奏者、写真家)
http://www.terra.dti.ne.jp/~tomoyama/

祖父、山口保治は「かわいい魚屋さん」「ないしょないしょ」など数々の童謡を創った作曲家。父、山口浩一〔新日本フィルハーモニー / ティンパニー名誉首席奏者〕の長男として東京に生まれる。つのだ☆ひろのアシスタントとして音楽の世界に入る。1980年「つのだ☆ひろとJAP,S GAP,S」でデビュー。解散後、フリーのパーカッショニストとして中山美穂・今井美樹・平井堅・石井竜也・サーカスなど、数々のアーティストのツアーやレコーディングに参加。95年の音楽劇「銀河鉄道の夜」をきっかけに廃品から様々なオリジナル楽器を作るようになる。おおたか静流とのスピリチュアルなライブパフォーマンスやロックの中山ラビ、アヴァンギャルドジャズの三宅純等活動の場を広め、04年には日本演芸協会の福岡詩二氏から"打楽器コメディアン"の称号をもらい、浅草東洋館に出演、好評を博している。03年4月から06年3月までNHK教育テレビ「ドレミノテレビ」に"ともとも"の愛称でレギュラー出演していた。「音楽=音を楽しむこと」をモットーに近年は子供から大人まで楽しめる音楽を目指し、オリジナル廃品楽器を使ったパフォーマンス活動をして注目を浴びている。ガラクタに命を吹き込む打楽器奏者。


■重松壮一郎
(ピアニスト、作曲家、即興演奏家)

横浜出身、幼少よりピアノを始める。早稲田大学卒業後、webデザイナーとして活躍するも、プロのピアニストに転向。即興演奏とオリジナル曲を主体とした独自のスタイルで、全国・海外にて年間150回近いライブを行う。アメリカ、オーストラリア、タイ、ヨーロッパなど海外でも多数公演。「生きとし生けるものすべてに向けた音」をテーマに、人間だけでなく、全ての生命に向けて音を紡ぐ。人と自然とをつなげるようなオーガニックな音楽は、ジャンルや世代を超えて、世界中の人々を魅了し続けている。被爆ピアノの演奏や、平和コンサートの企画、被爆者との共演、原爆をテーマにした楽曲の制作など、音楽を通じた平和活動も積極的に行う。数多くのメディアに取り上げられ、読売新聞長崎版の連載記事「明日へ伝える 被爆70年」にもインタビューが掲載される。ピアノを自然あふれる場所に運び出す、野外コンサートも大好評。テレビ・ラジオにも出演多数。2005年4月、ダライラマ法王14世の熊本への来日ドキュメンタリーの音楽を、シンガーの川原一紗とともに担当。アルバム「tsmugi」、シングル「忘れえぬ記憶」「目覚め」は、iTunesMusic、Amazon、LINE等にて配信中。


 
No.1280 への引用返信フォームです。

名前
MAIL
URL
タイトル   簡単タグ入力
コメント
添付  
   名前などを保存する  プレビュー        削除キー 



削除・編集   管理者画面   RSS   + Powered By 21style +