まほろば日記

2004年1月17日〜 発信 上田まほろばYH
 

2022年7月17日(日)
 
岳の幟
岳の幟の祭りは、今年は規模を縮小してということになっていた。 
それでも見物に出かけた知人が写真を送ってくれた 
例年だと60〜70本は出る幟も15本だけ。ササラ踊りの女の子も少ない? 
雨も適度に降っていることだし、これで何とか。 
しかしながら、畑をやっている知り合いは「今年は、降らなくていい時降って、欲しい時は降らない」と不満を言っていた。   
 

2022年7月12日(火)
 
550円ランチ!
知る人ぞ知る143号線沿いの飲食店”十一屋” 
表からは倉庫みたいでとても食堂とは思えないが、荷物かき分けて進むと奥に扉があり「いらっしゃい」と愛想がいい。 
夜の居酒屋中心の店だが、昼だけランチ営業。 
ランチは松竹梅とあり、梅550円竹770円松1100円の三種類。 
これは一番安い梅、年寄り向きに(?)細かく切られたマグロと鶏の唐揚げ、切り干し大根の煮物が付いている。いかにも労働しているといった男性客が多く、待ちはあるが、それだけに揚げたてアツアツで満足。 
切り干し大根も地元オバサンの味で美味しい。 
隣にいたポッカズボンの兄さんは竹で、アジのフライと大きい刺身とブリ大根が付いていた。前に来た時ブリ大根を食べたら、煮たらなくて教えてあげたいくらいの味だったので、今回はやめたのだった。本日はどうだったかな?   
 

2022年7月11日(月)
 
ありがたや〜
雑用が重なったり暑さでダウンしていたら、心配した友人が出来立てのアンズの砂糖漬けとスイカを持って見舞いに来てくれた。 
ありがたや〜 
夏の果物でスイカが何よりも好きなので、さっそくかぶりついて息を吹き返した   
 

2022年7月10日(日)
 
第519回岳の幟
雨の少ない塩田平に昔から伝わる雨乞い祭り”岳の幟”が7月17日(日)に行われる 
前日の神輿は出ないようだが、祭りは開催されるようでよかった。 
大きさも色目も地味なポスターがやっと配られてきた。   
 

2022年7月9日(土)
 
アジサイの小道
アジサイが咲き始めたというニュースがあったので、買い物ついでに寄ってみた。前山寺と龍光院の間にある塩田城跡のあたり一帯に、地元の人たちが丹精して育てている。ほとんどがガクアジサイで、時々普通の丸型に花をつける白いものが混じっている。 
年々増えて山城の中腹あたりまで行っているように見える。 
咲きだしたばかりなので、花も葉も傷みがなく色も鮮やかできれいだ。 
道はさんだ下側はソバ畑で、白い花が一面に咲いてその向こうに塩田平の家並みが見えていい景色だ。   
 

2022年7月7日(木)
 
ネムの花
まだかまだかと楽しみにしていたネムの花が、昨日突然咲いた。 
蕾も見えなかったのに急にピンクの花が満開でビックリ! 
ほったらかしているのに、木はずいぶんと大きく育っている。今の時期はほかに花が無いので、そこだけパッと明るくなった。 
庭の草は伸び放題でシルバー人材に草刈りを頼んであるのだが、先週はあいにくの雨で流れてしまった。   
 

2022年5月18日(水)
 
カバンの藤
上田市では”カバンの藤”と呼ばれて有名な、信濃国分寺の藤が見頃を迎えている。 
そのむかし、八十二銀行の頭取がどこかで頂いてカバンに入れて持ち帰って植えたものを、また寺の庭に移植したといわれる。 
今では蓮の花とともに国分寺の名物となっている。   
2022年 7月
 日 月 火 水 木 金 土
- - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - - - -


7月 17日(日) 岳の幟
7月 12日(火) 550円ランチ!
7月 11日(月) ありがたや〜
7月 10日(日) 第519回岳の幟
7月 09日(土) アジサイの小道
7月 07日(木) ネムの花
5月 18日(水) カバンの藤

>> 過去の日記へ



| 携帯用 | | RSS | | 検索・カテゴリー | | Home |

++ Powered By 21style ++