| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |


望三郎の地球宿づくり日記
信州安曇野で農的生活をしながらコミュニティ宿をやっている宿主望三郎の
宿づくりや夢の実現に向けて奮闘する様子を日記スタイルで紹介します。

・新しく返信機能をつけました。よろしければ感想などコメントしてください。
・NEW !マークは2週間以内に書かれたものです。
・写真はクリックすると大きくなります。
・安曇野地球宿プロジェクトのページへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

2016. 9. 04. Sun 夏の繁忙期終わりました
2016. 8. 30. Tue 北小倉のごみ処理施設問題、原告団総会のお知らせ
2016. 8. 11. Thu 夏の終わりの居酒屋イベント
2016. 8. 10. Wed 8月21日、体育館建設計画、議会による『市民の意見を聞く会』
2016. 8. 06. Sat 夏真っ盛りの地球宿
2016. 7. 12. Tue 地球宿のブルーベリーも後半戦に
2016. 7. 11. Mon 参院選を終えて思うこと、そしてこれから
2016年 9月
SunMonTueWedThu FriSat
- - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-

 

2016. 9. 4. Sun
      夏の繁忙期終わりました
地球宿の夏が終わりました。 
この夏もたくさんのゲストが毎日毎日地球宿に来てくれました。 
本当にありがとう。 
 
毎年夏になると里帰りのように来てくれるファミリーたち。 
1年ぶりの子供の成長を見て喜べるのは宿主冥利に尽きるというもの。 
 
中には何年振りかにやってきてくれたゲストたちも。 
小学生だった子どもたちが頼もしいお兄ちゃん、かわいらしいお姉ちゃんになってたり。 
単身だった子がママになってたり。 
遠くブラジルからやってきた旧友もいた。 
 
この夏地球宿に初めてやってきてくれた人たちもたくさん。 
どうぞこれからよろしくね。 
 
ブルーベリーの摘み取り、ジャガイモやトウモロコシの収穫。 
毎食、野菜をいっぱい食べてもらったね。 
定番の朝の焚火パンや昼の流しそうめん。 
今年流行ったのは夜のスイカ割りだったね。 
川遊びも行きました。 
 
安曇野の仲間たちと一緒にやってる福島の親子の受け入れも今年で5回目。 
今年もいい人たちが来てくれて、みんなでいい時間を持てたね。 
協力してくれたみなさん、ありがとうございます。 
 
繁忙期の合間に登った北アルプス登山。 
今年は初めて大滝山から蝶が岳の縦走を敢行。 
最高の眺めでした。 
 
宿はスタッフに任せて、家族旅行で知多半島に。 
島に泊まり、友人のゲストハウスにも泊まり、家族での楽しい時間も過ごせました。 
 
その間に畑の作物も成長。 
いつしか田んぼの稲は黄金色に変わってきました。 
6000本のえごまも成長。花が咲き始めています。 
夏の地球宿の食卓を支えてくれた夏野菜たちも、最終盤の実をつけてくれてます。 
9月の下旬からはいよいよ収穫が始まるね。 
 
長年の夢だった人生初の自伝本も出版しました。 
タイトル『安曇野で夢をかなえる』。 
宿に来たゲストや仲間が僕のことをもっと知ろうとしてくれて買ってくれています。 
こちらもありがとうございます。 
 
この夏の繁忙期を一緒に頑張ってくれたトモさん、ハルジロウのスタッフ、 
そして一緒に地球宿を作ってくれたウーファーさん、ヘルパーさんたち。 
ありがとうございます。お楽しみさまでした。 
毎日毎日が体力勝負だったけど、楽しい、楽しい時間を僕ら過ごさせてもらったね。 
 
最後に夏の終わりの恒例の地元小倉の仲間たちとのBBQ。 
小さい頃から一緒に育ってきた子供たちが中学3年生に。 
高校進学を前に、君たちは今どんなことを考えているのだろう。 
近くに住んでても、思春期に入り気軽に話さなくなったお互いも、昨晩は楽しそうに語っていたね。 
 
楽しそうな君たちの笑顔が、この夏の最後のご褒美かな。
  
 

>> 返信
 

2016. 8. 30. Tue
      北小倉のごみ処理施設問題、原告団総会のお知らせ
僕の暮らす三郷地域における廃棄物処理施設の問題。 
安曇野の自然と我われの暮らしを守ろうと地域住民が中心となって住民運動を展開、また訴訟を起こしています。 
 
きたる9月3日に、原告団総会を下記の通り行います。 
 
   日時:9月3日(土) 午後7時 
   場所:小倉多目的研修センター 
 
【呼びかけ】 
 
静かな安曇野・北アルプス山麓に、突如として現れた廃棄物処理施設。住民に何も知らされないままに進められた施設建設。 
そして、それが本格稼動すると、私たちの暮らしが、農業が、環境が破壊される・・・。 
 
運動を始めてから12年、業者施設からの騒音や粉じん被害が続く中で、業者が汚染水を地下浸透させている可能性があります。 
私たち安曇野市民は地下水を水道水として使用しています。 
そのため何としても地下水の汚染を防がねばなりません。 
 
現在、地域住民はこの業者施設の処理業の許可更新を取り消す行政訴訟、そして業者そのものを訴えた民事訴訟を起こしています。 
 
僕も行政訴訟の原告団に加わっています。 
 
各訴訟とも終盤の山場を迎え、一部の裁判では、来年8月に結審となり、来年末には判決が行われる可能性も出てきました。 
 
来年の8月までが勝負の一年になります。 
 
勝訴するためには、大勢の人が裁判の傍聴に駆けつけ、住民の熱意を裁判官に伝えることがとても大切です。 
 
また、この問題を1人でも多くの人に広めてゆくために、現在この問題がどのような状況になっているか理解していただくことが必要です。 
 
今回の原告団総会では、現在何が行われているか、裁判の状況はどうなっているか、詳しく説明します。 
 
原告団の方はもちろん、原告になっていない方でも出席できます。 
ぜひ原告団の総会にご参加ください。
  
 

>> 返信
 

2016. 8. 11. Thu
      夏の終わりの居酒屋イベント
ちょっと先のイベントですがお知らせを。 
 
毎夏の終わりに地球宿で行うワンディカレー屋&居酒屋さんが今年も開催。 
地元のママたちのおいしい手作りカレーを堪能し、過ぎゆく夏を振り返りおいしいお酒を飲みましょう。 
 
以下ママたちからのイベント紹介。 
*********************************** 
 
毎夏の恒例となりました1日限定のカレー屋さん 
「ナマステ おてんとカフェ」今年もやりますっ!! 
 
日時 8月20日 
      オープン          18:00 
      クローズ          21:00 (ラストオーダー20:30) 
 
自家製野菜をたっぷり使った野菜トマトカレー 
辛くないキーマカレー 
 
お豆のサモサ 
 
2種類のカレーとサモサが食べれちゃう欲張りセットもあるよっ♪ 
 
ひだまり茶屋によるビールに合うおつまみもっ 
 
まだまだ暑さの続きそうな夏 
食べて飲んで笑ってパワー回復 
地球宿に行こう!
  
 

>> 返信
 

2016. 8. 10. Wed
      8月21日、体育館建設計画、議会による『市民の意見を聞く会』
オリンピックも始まり、熱戦が続いていますね。 
4年後は2020年の東京オリンピックになりますが、実はこの東京オリンピックと今回の安曇野の体育館建設計画はつながっているのです。 
 
体育館建設は最大費用が38億円なのですが、合併特例債という借金を使って作ります。合併特例債は返済費用の7割を国が負担してくれる有利な借金とされ、それで市はこの特例債を使って様々な施設建設を進めています。 
 
この特例債の使用期限が2020年度(平成32年度)。 
これまでに建てきらない場合は、それ以降にかかる費用については合併特例債が使えなくなります。 
 
体育館も32年度中の完成に向けて建設をしていくわけですが、これが東京オリンピック施設の建設ラッシュとタイミング的にはまるかぶり。建設資材の高騰が予想され、38億円で収まらないでしょう。 
 
ちなみに先日の信毎には塩尻市の新しい体育館が当初よりも1.4倍の費用が掛かるだろうとの記事が載っていました。これを単純に安曇野市に当てはめると、38×1.4=約53億円にもなります。そして32年度中に建設し終わらないと、それ以降の建設費用の市負担は10割になります。 
 
安曇野市の財政計画が6月に新しいものが示されましたが、財政的に安曇野市は持ちこたえられるのでしょうか。 
※安曇野市の財政計画 
 https://www.city.azumino.nagano.jp/uploaded/attachment/22697.pdf 
 
私は、やはり大規模な体育館建設はやめて、地域住民の使い勝手の良い、小規模な地域体育館を建設すべきだと考えます。 
 
7月下旬から全6回にわたる安曇野市行政による体育館建設の市民説明会が終わりました。参加された方はどのような感想を持たれたでしょうか。 
 
以下、参加者の意見の抜粋を紹介します。 
 
 
・財政問題を危惧。合併特例債も当初は458億の使用枠に対し、350億円で抑えると言っていた。地域審議会や総合計画の策定に携わった立場からもこの計画に賛同できない。 
 
・市の年間予算の2倍を超える800億円の借金があり、このような大規模体育館は本当に必要なのか。 
 
・施設面積も3000平米⇒6100平米⇒8450平米とどんどん大きくなっている。いつ、だれが、どのようにして決めたのか。それが不透明。 
 
・全戸配布の市民アンケートをしてほしい。 
 
・人件費を含めた年間の維持管理費を示してほしい。 
 
・今回の説明は生涯教育課からの説明のみ。市民が知りたいのは財政的な根拠。財政課からの説明が全くなく、説明としては不十分だ。 
 
・これだけ施設を作っていけば、将来一斉に改修・補修のタイミングが来る。大丈夫か。 
 
などなど、建設に対しては反対というよりも、適切な規模のものを作るべきだ、という鋭く厳しい意見が多かったです。 
 
市民の方々の意見を行政が受け止め、議論を重ね、この過大な建設計画は見直していくのか、それともこのまま当初の計画を押し通してしまうのか。安曇野市政のありようが試されます。 
 
さて行政の市民説明会が終わり、次は議会の出番です。 
安曇野市議会では、体育館建設計画について「市民の意見を聞く会」を開きます。 
 
8月21日(日)午後1時半〜3時半、午後7時〜9時の2回、場所は市役所です。 
 
意見を聞く会、ということで市民のみなさんからの意見、考えを聞かせてもらう場になります。行政の説明会に参加し、これはおかしい、ここが心配だ、と感じた方も多いと思います。 
みなさんの意見を今度は議会に託してください。我々議会から行政へと施策提案していきます。 
 
ぜひ8月21日の市民の意見を聞く会にご参加され、意見を聞かせてください。 
 
なおこの会の議題は2つあります。 
 
1つは体育館の建設計画について。 
もう1つは市議会議員の定数、議員報酬、政務活動費についてです。 
 
こちらも合わせて意見をお聞かせください。
  
 

>> 返信
 

2016. 8. 6. Sat
      夏真っ盛りの地球宿
川遊びにジャガイモ掘り。 
流しそうめん、花火にスイカ割り。 
パン焼きに夏野菜料理。 
 
そして何よりも賑やかな子どもたちの声、声、声。 
大人たちの笑い声。 
 
地球宿の夏休み。 
 
疾風怒濤のゲストの宿泊21連チャンが続いています。 
今日で4分の1まで来ました。 
 
先ほど連泊の常連さんゲストを見送り、今日はゲストの入れ替わり。 
今日は夕方から地元のお祭りにみんなで行きます。 
 
忙しい中にも、スタッフみんなで蕎麦の種まき。 
夏の短期ヘルパーで来てくれたななえちゃんとあさと。 
 
勤め人の大切な夏休みを地球宿ヘルパーに使ってくれてありがとう。 
18歳の大学生は、まだまだこれからいろんな場所でいろんな経験をしてほしい。その一端にこの地球宿になるなら。 
 
議会前の準備も含めて混沌としたスタッフルームでのミーティングは暑い、暑い。 
 
さあ今日はお昼寝ができるかな。 
 
そして笑顔でゲストを迎えよう。 
  
 

>> 返信
 

2016. 7. 12. Tue
      地球宿のブルーベリーも後半戦に
地球宿のブルーベリーも早生の品種が終わり、中生の品種へと移っています。 
と言っても、今年は暑さのせいか樹が早めに熟しており、いろんな品種のブルーベリーが同時に熟している感じです。 
ブルーベリー狩りやご注文への対応も、例年なら8月上旬ぐらいまでなのですが、今年は早くて7月いっぱいかもしれません。 
ご希望の方はお早めにどうぞ。 
 
写真はブルーベリー狩りにいらした方々。 
 
以下、ブルーベリー狩りと販売のご案内。 
*******************************  
★@安曇野地球宿のブルーベリー狩り★    
    
♪期間:6月下旬〜8月上旬ぐらいまで    
    実のなり具合によって、収穫終了時期に変更があるのでお問合せください。   
    
♪場所:安曇野地球宿のブルーベリー畑    
    集合は安曇野地球宿    
    〒399-8103 長野県安曇野市三郷小倉4028-1    
    
♪参加費:中高生以上1000円、幼児〜小学生500円、年少未満無料  
     摘み取り時間は無制限、食べ放題    
     ※地球宿の宿泊ゲストは200円割引となります。   
     ※持ち帰りは1パック250g500円となります。    
     ※既に摘んだブルーベリーは1パック250g600円で販売しています。  
    
♪問合・予約申込:安曇野地球宿まで    
         携帯080-5486-6111 or boetu@d6.dion.ne.jp    
    
♪その他:日差しが暑い日もあります。帽子や飲料水を持ってきてください。  
 
 
★A安曇野地球宿のブルーベリー販売★   
 
地球宿まで来て頂ければ直接販売致します。  
またクール宅急便による発送もOKです。   
 
1パック250g600円。   
5パック以上注文の方は1パックに付き100円引き。  
クール宅急便代が別途かかります。   
 
予約いただき次第、随時収穫して販売・発送いたします。   
注文に合わせてできるだけ新鮮なものをお渡しします。   
    
注文は地球宿増田望三郎まで   
携帯080-5486-6111 or boetu@d6.dion.ne.jp
  
 

>> 返信
 

2016. 7. 11. Mon
      参院選を終えて思うこと、そしてこれから
増田望三郎です。 
 
参院選開票から丸1日経ちました。 
 
少し落ち着いたところで、自分なりの振り返りを書こうと思います。 
 
 
 
 
まず東京選挙区の三宅洋平さん。 
 
25万票を集めるも、当選には及びませんでした。 
 
 
 
 
3年前の比例全国区で立候補した際が17万票だったので、今回はその倍の方たちの支持を東京だけで集めたわけです。 
 
三宅洋平さんのこれからに期待したいと思います。 
 
 
 
 
三宅洋平さん、選挙後のコメント 
 
 ↓↓↓ 
 
http://ameblo.jp/miyake-yohei/entry-12179505736.html 
 
 
 
 
そして、そんな三宅洋平さんに呼び掛けられ、投票した25万もの人たち。 
 
たくさんの共感を呼び起こし、一人一人の中に宿ったものが、この選挙という大きなイベントが終わった後もしっかりと根付き、育っていきますように。 
 
 
 
 
友人のブログに、 
 
「三宅洋平に頼る時代は終わった。」 
 
という強い言葉もありました。 
 
そう思います。 
 
 
 
 
選挙期間は一切争点にしてこなかった自民党が、選挙で承認されたとして、改憲に向けての動きを進めていくでしょう。 
 
われわれ市民、国民が、この社会への当事者意識、政治への当事者意識を持って、本当に正しい道へとかじ取りをしていかなければなりません。 
 
 
 
 
三宅洋平だけに頼っても、それはできません。 
 
三宅洋平に共感した人たちの中から、直接的に政治への挑戦(選挙に出る)、自分たちの地域で政治を語る場をつくること、自分たちの思いを代弁する議員を送り出し、その議員とともに政治参加していくこと、そういったことをやり始める人が出てくることを願ってやみません。 
 
 
 
 
僕もその当事者として、また直接政治に関われる議員であることの価値を再認識し、今しかできないことをやっていこうと思います。 
 
 
 
 
そう思わせてくれた三宅洋平さんの頑張りでした。 
 
洋平さん、本当にありがとう。 
 
 
 
 
 
 
 
次に長野選挙区。 
 
 
 
 
こちらは現職自民党議員を破って、野党統一候補の杉尾ひでやさんが当選しました。 
 
長野県の投票率は全国一だったとか。投票率も62%と前回よりアップしています。 
 
 
 
 
今回、自民党現職議員の激しいネガティブキャンペーンが杉尾さんに対して行われました。 
 
それを悪質と捉え、または不快に感じ、杉尾さんに投票した方も多かったのではないかと思います。 
 
このネガキャンがなければ、もっと僅差だったかもしれません。 
 
 
 
 
18歳の若者も投票することができるようになった今回の選挙で、 
 
このような状況が生まれたことを残念に思います。 
 
 
 
 
この点を含めて、長野県の民意は自民にNOを突きつけたのだと思います。 
 
投票率の高さも含めて、長野県の人たちの良心を感じ、救われる思いです。 
 
 
 
 
さあ杉尾さん、いよいよ本番です。 
 
国会の中で存分に我々の思いを代弁してください。 
 
期待しています。注視しています。 
 
そして、あなたに投票してよかった、そう思える政治家になってください。 
 
 
 
 
 
 
 
最後に。 
 
 
 
 
参院選、2つの選挙区で思ったこと、感じたこと、たくさんありました。 
 
フェイスブックでは、三宅洋平さんとネガティブキャンペーンについて発信し、それにたくさんのコメントがされました。 
 
 
 
 
三宅洋平さんについての発信 
 
https://www.facebook.com/boetu/posts/1396136757068353 
 
杉尾さんとネガティブキャンペーンについての発信 
 
https://www.facebook.com/boetu/posts/1397636580251704 
 
 
 
 
相変わらずだな、と思うような意見もあれば、そうかもしれないな、自分の中にしっかりと受け入れてみよう、と考えさせられる意見もありました。 
 
何より、たくさんの方が発言し合ってくれたことで、自分の発信もその役割があったのかなと思えました。 
 
 
 
 
一地方議員として、これからもこの安曇野で地方政治に真剣に取り組み、また地方からこの国を見つめ、自分ができることを懸命にやっていこうと思います。 
 
叱咤激励をお願いします。 
 
 
 
 
文責 安曇野市議会議員 増田望三郎 
 
 
  
 

>> 返信

>> 過去の日記へ



 

++ Powered By 21style ++