| TOP | ホーム | ページ一覧 |


No.5355 への▼返信フォームです。


▼  郵便配達と街並み
桃太郎 [URL]    ++ ..2017/09/21(木) 16:54 [5355]
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 83.5KB )

撮影場所 岡山県倉敷市下津井

なまこ壁の蔵の続く通りを自転車に乗った郵便配達がくる。
郵便配達がバイクになって何十年になるだろう。
平成も来年で30年になるのだ。平成にはバイクになっていたであろう。

昭和の昔からの街並みは美しいと思う。派手さ奇抜さもなく落ち着いた風景だと思う。モノクロで撮ろうとカラーで撮ろうと余りかわらない。
全国各地にこんな風景はひっそりと沢山残っていたと思う。
その美しさにどれほど人が気付いたであろうか
中には痛んだり壊れかけた民家も多かったのでこんなの取り壊して新しくしたら思う人も多かった。

高度成長期に日本の美しい建造物が壊される恐れがでて町並み保存の気運が生まれた。

年寄りの三つのモチという言葉があるそうだ。
時間モチ、金モチ、思い出モチだそうだ。
しかし私のように病気モチや借金モチ、子供まで扶養モチの人もいる。
私が古い街並みを撮った期間はわずか二年間
何の目的で撮ったかというと定年後コタツに入りながら印画紙にプリントした写真のアルバムを見る。自分の生きた時代がどのように変化したかを回想するため。思い出モチを沢山残すためだった。

電子機器の発達で時代が大きく変わった。電話はスマホになり写真はデジカメやスマホで撮り写真はパソコンで見る送る時代がくるとは想像もしなかった。その当時でもICやコンピューターはあったが

趣味でも時代の変化に注視し何が消え何が生まれるか常々考えないといけなかったなあ。ただ漫然と生きたように思う。




[5356] Re:郵便配達と街並み
孫右衛門    ++ ..2017/09/23(土) 11:45
 
下津井の画像ありがとうございます。ここはかなりご無沙汰になっています。

町並を撮影された2年間。当時は空き家も少なかったでしょうし、古い家屋を保存すると言った発想がなかった時代なのでしょうから、それこそ生きた建物、町並だったのでしょうね。
最近の住宅は万事手軽で便利ですが、個性もなく町歩きの眼からは全く魅力がないものです。

個展にお邪魔してから1年過ぎましたね。
また、開催される機会がありましたら拝見したいと思っています。




名前
Mail   URL
文字色
タイトル   簡単タグ入力
添付  
フォームに保存  プレビュー      削除キー