| ホーム | RSS | 過去ログ/検索 |

郷愁掲示板

町並、地域情報、その他近況等ご遠慮なくどうぞ。


(画像は300KBまで画像添付可能です)
名前  
Mail   URL
背景色
文字色
タイトル   簡単タグ入力
添付  
フォームに保存  プレビュー       削除キー(半角英数字) 




▼  贄川宿 [返信] [引用]
平田影郎    ++ ..2018/07/21(土) 20:56 [5368]
  今月の表紙写真、贄川宿はほとんど我が地元です。私が住む本庄市から車で1時間ほど。特に親しみを感じます。
この宿を過ぎるともう残るは栃本と言う集落で、直ぐに雁坂峠で甲州になります。
秩父往還に名残を残した街並みですが、マイナーな知名度で埼玉県人でさえ知らない人が9割9分と思います。

この街並みを訪ねられた孫右衛門さんに、ビックリです。

年に一度この街並みの各戸の縁側を利用して「縁側展」が開催されます。

この時はこの街並みにそぐわない程の、人出でにぎわいます。


[5369] Re:贄川宿
孫右衛門    ++ ..2018/07/30(月) 13:11
 
書き込み有難うございます。ご無沙汰しております。

そうでしたか、平田さんの地元でしたか。
紹介ページも昨日作成しました。地元の方がいろいろ工夫されて町並や歴史を紹介されようという姿勢を感じるところですね。

当日は秩父鉄道を使っての探訪でしたので、栃本集落にも興味があったのですが、この地域は甲州との抱き合わせも可能ですので、また機会を設けようと思っています。




▼  洞川温泉 [返信] [引用]
風弘法 [URL]    ++ ..2018/06/11(月) 08:28 [5366]
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 280.4KB )

先月下旬、奈良を旅した際に、天川村の洞川温泉に立ち寄りました。
孫右衛門さんも、当然のことながら行かれています。

大峰山に登る予定でしたが、当日は雨で断念しました。
http://blowinthewind.net/minka/dorogawa/dorogawa.htm


[5367] Re:洞川温泉
孫右衛門    ++ ..2018/06/13(水) 22:39
 
最近ご無沙汰ばかりで申し訳ありません。

洞川温泉は私は夏の旧盆時期に泊ったのです。地元の方が帰られていたからか、このような山峡の奥地に人々の大層な賑わいがあるということが信じられないような気分でした。

雨がまた良い風情をかもしていますね。




▼  飯田市愛宕 [返信] [引用]
Higurasi [URL]    ++ ..2018/05/06(日) 17:01 [5364]
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 120.1KB )

孫右衛門さん こんにちは。
連休はいかがお過ごしでしたか?
僕は先週末、長野県の伊那路を旅してきました。あまり観光イメ
ージのないところですが、中央アルプスや天竜川、古い町並みを
眺めながらの電車旅は心地よかったです。マンホール蓋も程よく
撮影できました。
飯田市の酒蔵のあるところの風景です。


[5365] Re:飯田市愛宕
孫右衛門    ++ ..2018/05/10(木) 21:29
 
飯田市の画像ありがとうございます。

私もここは訪ね泊ったこともあるのですが、大火によって町並は残っていないと判断し詳細に探索しなかったのです。
伊那谷は信州の中では言われるようにちょっと地味な印象ですね。しかし素朴な町々が沢山あり、又のんびりと訪ねたくなりました。

私は連休前半で東北北部を訪ねておりました。




▼  あけましておめでとうございます [返信] [引用]
Higurasi [URL]    ++ ..2018/01/03(水) 17:27 [5362]
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 256.4KB )

孫右衛門さん こんばんは。
穏やかなお正月を迎えられたでしょうか。
今年もよろしくお願いします。
写真は昨日行ってきた香川県さぬき市、津田の松原です。


[5363] Re:あけましておめでとうございます
孫右衛門    ++ ..2018/01/04(木) 15:40
 
津田の松原の画像ありがとうございます。
昨日まで佐賀県・長崎県を訪ねていました。
行程中に虹ノ松原も通りましたが、ここもかなりの規模ですね。
本年もよろしくお願いいたします。




▼  江津本町甍街道 [返信] [引用]
風弘法 [URL]    ++ ..2017/12/01(金) 07:55 [5360]
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 197.3KB )

三江線の撮影に行った際に立ち寄りました。
なかなかいい町並みです。
http://blowinthewind.net/minka/gotsu/gotsu.htm


[5361] Re:江津本町甍街道
孫右衛門    ++ ..2017/12/02(土) 20:25
 
江津本町はよく地元が意識され、しかもそれが良い方向に動いています。試行錯誤している他の町に見習ってほしいものですね。

三江線は、昔通して乗ったことがあるのですが、今のブームは異様ですね。




▼  矢掛宿 [返信] [引用]
frozenrose    ++ ..2017/10/08(日) 15:47 [5357]
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 128.9KB )

備中松山城を訪ねた帰りに寄りました。
街並みが旧街道沿いに開けていました。
近在で、昔は薄荷が特産だったそうで、蒸留窯を据えて作っているところもありました。

岡山県では西国街道は平地を通るのが多いのでしょうか。道もまっすぐで、旅人には楽な道中だったのかなと思いました。


[5358] 琺瑯看板も
frozenrose [URL]    ++ ..2017/10/08(日) 15:52
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 82.4KB )

上は旧本陣で、斜め向かいの商家には昔ながらの看板が残っていました。

観光客も多くて、食事処もあり、楽しめそうな街並みでした。

いつもご無沙汰ばかりで申し訳ありません。ことしも三か月を切りましたが、また古い街並みを見たいと思っています。


[5359] Re:矢掛宿
孫右衛門    ++ ..2017/10/13(金) 00:30
 
こちらこそご無沙汰ばかりです。
旧矢掛宿を訪ねられたのですね。
最近は古い建物を利用した宿泊できる施設も出来たと聞いています。
備前備中の道はいわれるように割と平坦地が続きますね。そう考えると、賀茂台地とその前後の険路によって、山陽側の風土も東西に分かれているようにも感じます。
この琺瑯看板も健在なのですね。情報ありがとうございます。




▼  郵便配達と街並み [返信] [引用]
桃太郎 [URL]    ++ ..2017/09/21(木) 16:54 [5355]
 
クリックで拡大表示 ( .jpg / 83.5KB )

撮影場所 岡山県倉敷市下津井

なまこ壁の蔵の続く通りを自転車に乗った郵便配達がくる。
郵便配達がバイクになって何十年になるだろう。
平成も来年で30年になるのだ。平成にはバイクになっていたであろう。

昭和の昔からの街並みは美しいと思う。派手さ奇抜さもなく落ち着いた風景だと思う。モノクロで撮ろうとカラーで撮ろうと余りかわらない。
全国各地にこんな風景はひっそりと沢山残っていたと思う。
その美しさにどれほど人が気付いたであろうか
中には痛んだり壊れかけた民家も多かったのでこんなの取り壊して新しくしたら思う人も多かった。

高度成長期に日本の美しい建造物が壊される恐れがでて町並み保存の気運が生まれた。

年寄りの三つのモチという言葉があるそうだ。
時間モチ、金モチ、思い出モチだそうだ。
しかし私のように病気モチや借金モチ、子供まで扶養モチの人もいる。
私が古い街並みを撮った期間はわずか二年間
何の目的で撮ったかというと定年後コタツに入りながら印画紙にプリントした写真のアルバムを見る。自分の生きた時代がどのように変化したかを回想するため。思い出モチを沢山残すためだった。

電子機器の発達で時代が大きく変わった。電話はスマホになり写真はデジカメやスマホで撮り写真はパソコンで見る送る時代がくるとは想像もしなかった。その当時でもICやコンピューターはあったが

趣味でも時代の変化に注視し何が消え何が生まれるか常々考えないといけなかったなあ。ただ漫然と生きたように思う。




[5356] Re:郵便配達と街並み
孫右衛門    ++ ..2017/09/23(土) 11:45
 
下津井の画像ありがとうございます。ここはかなりご無沙汰になっています。

町並を撮影された2年間。当時は空き家も少なかったでしょうし、古い家屋を保存すると言った発想がなかった時代なのでしょうから、それこそ生きた建物、町並だったのでしょうね。
最近の住宅は万事手軽で便利ですが、個性もなく町歩きの眼からは全く魅力がないものです。

個展にお邪魔してから1年過ぎましたね。
また、開催される機会がありましたら拝見したいと思っています。




▼  上村氏について、 [返信] [引用]
上村氏家臣子孫    ++ ..2017/09/07(木) 22:33 [5350]
  >相良氏が球磨に入る以前は上村氏の支配する地であり、永禄10(1567)年に氏が没落して以後は犬童氏が統治した。


上村氏とは
遠江から球磨に入国した初代:相良長頼の四男:頼村を祖とし、
上村一帯の支配を命じられたことからはじまります。
これは相良氏球磨入国後の支配です。


戦国期、上村氏からの養子:相良晴広が相良当主となり、
上村氏はその後ろ盾となって権勢を誇りましたが、
晴弘の子義陽の代に滅ぼされています。


[5351] Re:上村氏について、
孫右衛門    ++ ..2017/09/13(水) 22:02
 
ご教示ありがとうございます。

私はもともと地理的関心が根底にあり、表面の町並景観から入っていますので、このようなサイトを運営しているのに未だに歴史は全くの素人です。

この上村の町並解説文は作成するのに資料が非常に乏しく、それらを書きつなげただけのものになってしまったようです。

ご指摘の内容にしたがって、もう少し調べたいのですが、それでも上手く文章で説明できないようでしたら、該当の部分を削除する方向で考えます。


[5353] Re:上村氏について、
上村氏家臣子孫    ++ ..2017/09/17(日) 13:42
 
こちらこそいきなり不躾な書き込みで
申し訳ございませんでした。

上村氏の事は、地元あさぎり町でも
麓城城跡の街並みはアピールしても
その云われについては
あまり明確に説明していませんので、
致し方無い事です。

上村氏の概要は
相良氏球磨入国後の支族であれば問題ありません、

このサイトが詳しいです。
http://kuma.atukan.com/rekisi/bangai/uemurasi.htm


[5354] Re:上村氏について、
孫右衛門    ++ ..2017/09/17(日) 20:39
 
ご親切にありがとうございます。
次の週末あたりに、出来るだけ訂正加筆する方向で考えます。

それにしても、私がもう少し歴史的な知識を有していたなら、探訪ももっと奥深いものになっているのにと常々思っています。




 


     + Powered By 21style +