++ てしごとDiary ++
izumiジュエリーシマノの藤沢泉のページです。
神奈川県小田原市に、ジュエリーショップを経営しております。

ジュエリーの紹介の他、アクセサリースクールの情報、またプライベートについても、
日々のことを書かせていただきます。




(背景は Happy Cloverシリーズ−シロツメクサのチョーカー)


2022. 5. 30. Mon ピンクのトイカメラ
2022. 5. 29. Sun ニコライ・バーグマン箱根ガーデン&ブリュワリー
2022. 5. 24. Tue クラシカルな可愛い完成品
2022. 5. 20. Fri 明日はひまわりバザー
2022. 5. 16. Mon 夏のバッグ作り
2022. 5. 14. Sat キルティングリング
2022. 5. 13. Fri 上野リチ展
2022年 5月
SunMonTueWedThu FriSat
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - -

 

2022. 5. 9. Mon
 
宝石展、楽しいです!
GW前のことですが、先日上野科学博物館で開催中の「宝石展💎」を見てきました。 
 
 
カハクで開催、そしてこのポスターから想像すれば、お子様向けのものか、鉱物好きのための内容かと思われてしまいがちです。 
 
しかし展示期間が始まり、ヴァンクリーフ&アーペルのジュエリーが、とかアルビオンアートが…という噂が聞こえてきまして、いったいどんな構成に!?と興味津々でした。 
 
「原石はどのように生まれるのか」、から始まり、「原石はいかにして見つけられ、宝石になるのか」、そして「人の手によって宝石は宝飾品に高められる」までを、一気に見せていくような展示でした。 
 
鉱物→宝石ルースの展示あたりでは、石に詳しい女子(鉱物女子?)が友達に語っている事が興味深く、その知識の多さに驚き耳を傾けました。 
また、ゴージャスなアルビオンのアンティークジュエリーのコレクションの前では、70代くらいのお綺麗な御婦人2人が生き生きとこれまでの宝飾品との関わりを語っていらっしゃいました。 
 
ご覧になる方によって、どの部分に強く反応するか、「宝石」という言葉から何を想像するのか、とても興味深いです。 
 
私個人としては、科学博物館での展示であれば、後半の素晴らしい宝飾品の数々は多すぎたのではないかということ。 
(贅沢な話ですが) 
 
指輪の橋本コレクション、芦屋の宝飾店ギメルの技巧素晴らしい宝飾品、ヴァンクリーフ&アーペル、アルビオンのコレクションと、どれも1つだけで美術展を開催できる質と量でした。 
(庭園美術展辺りで、ゆっくり見たい内容です) 
 
この展示… 
天気の良い最高の昼間に気の合う友達とバーベキューをしたあと、着替えてフレンチレストランに向かいフルコースを頂いた、そんな感じなのですね。 
(重なっちゃう日、ありますよね💦) 
 
文句を言ってしまうほど内容たっぷりです。お時間をしっかりとって行かれてください。 
(6月19日まで) 
 
あと、のだめカンタービレの二宮さんが、宝石に関する漫画を書かれているそうで、展示にそういったものも挟まれていました。 
漫画は取り寄せて読みたいと思います!
  


Name: DelKey:
Mail: URL:
Cookie  

<<BACK 7日 自由製作DAY

NEXT>> 12日 新定番イヤーカフのご紹介!


| 携帯用 | | RSS | | 検索・カテゴリー | | Home |

++ Powered By 21style ++