++ てしごとDiary ++
izumiジュエリーシマノの藤沢泉のページです。
神奈川県小田原市に、ジュエリーショップを経営しております。

ジュエリーの紹介の他、アクセサリースクールの情報、またプライベートについても、
日々ありましたおもしろいことを書かせていただきます。

ぜひコメントもよろしくお願いいたします!



(背景は Happy Cloverシリーズ−シロツメクサのチョーカー)


2017. 4. 17. Mon 国立民族学博物館 「ビーズ」展へ
2017. 4. 16. Sun 大阪 造幣局桜の通り抜け
2017. 1. 03. Tue 初めての横手
2016. 12. 31. Sat 年越しはなまはげ様と!
2016. 2. 14. Sun 久しぶりすぎる海外旅行でした
2017年 4月
SunMonTueWedThu FriSat
- - - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
- - - - - -

 

2017. 4. 17. Mon
 
国立民族学博物館 「ビーズ」展へ
今回の大阪訪問の目的は、国立民族学博物館の「ビーズ」展でした。 
 
大阪時代にとても好きで何度も通った場所の1つに、国立民族学博物館があります。 
( 万博記念公園の中にあります。通称みんぱく。) 
 
こちらが開館40周年を迎え、その記念展示が「ビーズ つなぐ かざる みせる 」とのこと。 
これは行くしかないでしょう!! 
 
さて、このような仕事をしていますと、 
「ビーズって何ですか?プラスチックやガラスのビーズはわかるけど、この石のものもビーズと言って良いのですか?」 
 
そんな質問を受けます。 
 
私はビーズの定義を、「素材が何であっても、穴を開けてあって、紐やワイヤーに通せるものです。」と説明します。 
 
ガラス、プラスチック、焼きもの、石、パール、ウッド、貝、植物の硬いもの、実、など素材は色々。 
その中で、天然石、パール、貝、など自然素材の綺麗なものを使って作るのが私の専門ですとお伝えしています。 
 
今日のこの展示では、 
「ビーズとは様々な素材をつなげたもの」と捉え、それを物だけでなく、物と人をつなぐ、人と人をつなぐ、世界をつなぐ物としていたことが興味深いところでした。 
 
みんぱくらしいビーズの世界。 
動物の爪、魚の鱗、人の歯のビーズ。 
ダチョウの卵の殻(とても硬いらしいです)から作るビーズ、蛇の骨のビーズなどの陳列。 
またビーズが各国でどのように珍重されてきたか、意味合いなどを知ることの出来る深い内容でした。 
 
今は追われるようにしているこの仕事でしたが、ビーズは「人類最古のアート」であるそうです。 
改めて、この仕事に感謝し、スクール20周年のこの年にご褒美を頂けたような気持ちになりました。
| |
  

Click! 感想ご意見をどうぞ!
 

2017. 4. 16. Sun
 
大阪 造幣局桜の通り抜け
久しぶりに大阪にまいりました。 
 
夫の仕事の関係で13年前に大阪市民になり、それから約5年間大阪には行ったり来たりしましたが、8年前に東京に引っ越し、3年前から小田原に住んでいます。 
 
大阪時代は自転車で街を飛ばし、地下鉄に乗って、美術館に行ったり、見たことのないところに行くことが本当に楽しかった。今も時々大阪に遊びに行きたくなりますが、なかなか時間が許しません。 
 
今回は1泊の短い時間でしたが、どうしても見たいものもあって、えいや!とやってまいりました。 
 
1日目は、年に1週間ほどしか一般公開しない、造幣局の桜を見て、山崎の方へ移動してお水取り。(ちょうど私にとってこの日この場所に行くと運が開ける時でした) 
 
山崎では日本の名水百選に入っているという柔らかな良いお水をいただき、その近くのサントリー山崎蒸留所で一休み。それから以前住んでいた堀江巡りでした。 
 
造幣局の桜は本当に美しかったです。134種類350本の八重の桜の競演です。 

| |
  

Click! 感想ご意見をどうぞ!
 

2017. 1. 3. Tue
 
初めての横手
秋田から小田原へ戻ります。 
 
途中立ち寄りで、横手へ。 
県立近代美術館がこちらにあり、一度訪れてみたかったのです。 
 
在来線でトコトコ。 
夫に、小さい時にかまくらのお祭りに来たことある? 
と聞きましたら、横手には生まれて初めて降りると。 
ウソでしょ!? 
 
美術館で秋田ゆかりの画家の作品を見て、 
B1グランプリの横手焼きそば食べてきました。 

| |
  

Click! 感想ご意見をどうぞ!
 

2016. 12. 31. Sat
 
年越しはなまはげ様と!
大晦日。 
家でごはんを作って、紅白を見ながらゆっくりして、年が明ける頃におそばを食べるというのが慣例ですが、今年はちょっと趣向を変えて・・・。 
 
前日にタクシーの中からみかけた、ちょっと気になる居酒屋さん。 
外の壁に巨大ななまはげのお面がかかっていて、秋田の郷土料理に特化したお店のようでした。 
 
わー、ああいうところに行ってみたい! 
 
こちらではあまり外食することはなく、特に夜は外に出ることってなかったのです。 
義父が亡くなってもう10年以上。もしかしたら、お義母さんなら快諾?? 
 
何のことはなく、いいよ、でした。 
 
今年は弟家族も帰省していませんので、夫、義母、私の3人。 
秋田の地のお酒や地の食べ物色々いただいて、とっても楽しかった。 
(写真は男鹿半島の辺りで捕れる、テリというお魚です) 
 
夜20時頃になるとなまはげが来るとのことで、相当待ちましたが、生なまはげ初めて見たくて待ちました。各テーブル回ってくれて、触れ合い・・笑 
 
あんたたちどこから来たのさー、何時間も待ったとー?と結構優しいのでしたが、 
他の部屋から子供のギャーーーと本気で泣く声も聞こえ。 
 
秋田の子供たちはなかなか大変な経験をしているのだなぁと、思い知りました。
| |
  

Click! 感想ご意見をどうぞ!
 

2016. 2. 14. Sun
 
久しぶりすぎる海外旅行でした
バレンタインデーの写真を。 
 
これは昨日フランクフルトのパン屋さんの店先に見つけた、可愛いハートのドーナツ(たぶん)。 
 
先週1週間スペインにおりました。 
(ルフトハンザでしたので、フランクフルト経由です) 
 
20年以上行ってみたいと思いつつ、先延ばしにしていたままのスペイン。 
想像していた以上に魅力的で、感動しています。 
 
たくさん写真を撮ったので、整理できたらお見せしますね!
| |
  

Click! 感想ご意見をどうぞ!

>> 過去の日記へ



| 携帯用 | | RSS | | 検索・カテゴリー | | Home |

++ Powered By 21style ++