++ てしごとDiary ++
izumiジュエリーシマノの藤沢泉のページです。
神奈川県小田原市に、ジュエリーショップを経営しております。

ジュエリーの紹介の他、アクセサリースクールの情報、またプライベートについても、
日々ありましたおもしろいことを書かせていただきます。

ぜひコメントもよろしくお願いいたします!



(背景は Happy Cloverシリーズ−シロツメクサのチョーカー)


2018. 11. 27. Tue 東山魁夷展
2018. 11. 26. Mon 都市型ワイナリー
2018. 11. 18. Sun ムンク展
2018. 10. 29. Mon 都内で一息。
2018. 10. 22. Mon 放浪の画家 ピロスマニ
2017年 4月
SunMonTueWedThu FriSat
- - - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
- - - - - -

 

2018. 11. 27. Tue
 
東山魁夷展
会期終了1週間前と気がついて、慌てて東山魁夷展にも行きました。(昨日は仕事、美術展、ワイナリーとと大急ぎでした!) 
 
生誕110周年ということで、大規模な展覧会でした。あ、そういえば100年の時にも大きな展示があったはずですが、なぜ行ってないのかな? 
なんか忙しくて見逃してしまったのでした。10年前は大阪と行ったり来たりしていたので、落ち着かなかった時期です。 
 
国語の教科書に載っていた円山公園の桜の絵、道の絵など、親しみのあるものを間近に見られたのと、唐招提寺の襖絵がそのままこちらに運ばれて展示されたのには、息を飲みました。 
どれもこれも、本当に丁寧に描かれていて、静かに美しく祈るような気持ちになります。 
 
画家の真面目な生き方が、最後まで貫き通され、絶筆となる90歳の絵も静かで暖かく素晴らしいものでした。 
大変感動しました。 
 
12月3日までですので、気になる方、ぜひ! 
 

  

Click! 感想ご意見をどうぞ!
 

2018. 11. 26. Mon
 
都市型ワイナリー
定休日ですが、御徒町周辺には必ず用事がありますので立ち寄ります。 
今日も金具屋さん、石留めの業者さん、ルース(裸石)専門店、など5軒を回って。 
 
そんな御徒町に、ワイナリーがあるということを最近知りました! 
都市型ワイナリーと言って、最近ちょっとブームなのかもしれません。 
 
google mapで確認したところ、仕事先の目と鼻の先といった場所でしたので、行ってみました。 
 
町のなんでもない建物の中に、タンクなどあって、ワオーそそられます! 
でも電気点いていないのでお休みかな?と諦めたところ、建物の横の道沿いに玄関があること発見。 
躊躇せずピンポーンと押し、ワインを見せて欲しいとお願いしました。 
 
(知らないドアを開けることが本当に好き。) 
 
階段を上がり、3階に案内されたら、とても素敵な空間があり、びっくり! 
今日開いていたワインを2種類お味見させていただきました。日本ワインの素直な澄んだ味でした。 
 
実は私が興味のあったものは、この2本ではなくて、甲州というぶどうを濁りで作ったもの、醸しで作ったオレンジワインでした。なので、味見をせずに賭けで2本購入。 
 
今日も小さな冒険楽しみました!
  

Click! 感想ご意見をどうぞ!
 

2018. 11. 18. Sun
 
ムンク展
日曜日、美術館に行くチャンスでした! 
ムンク、ルーベンス、フェルメール、パンダで大混雑の上野公園へ。 
 
ムンクはチケット購入に10分、入場に20分の待ち時間ということで、予想していたよりひどい混雑ではなかったので、助かりました。 
 
有名な叫びを始め、気になる作品がたくさんありました。 
ノルウェーのフィヨルドを背景に、人の心情が映し出される、こちらに訴えてくるような直球的な絵が面白いです。 
 
晩年はかなり色合いが明るくなり、ええっ!?という感じなのですが、同じ構成の絵を繰り返し、また見直しながら描いているのが興味深いです。 
 
同じ主題のものを何度も何度も少しずつ変えて描く。 
アクセサリー作りにもムンク方式を取り入れたいような気がします。 
 
 
 
 

  

Click! 感想ご意見をどうぞ!
 

2018. 10. 29. Mon
 
都内で一息。
月曜日、フェアの途中でちょっと一息。 
もちろん仕事にまみれながらの休日で、何軒かの仕事先を廻るのをしながら、楽しみを入れていく。 
 
ピエール・ボナール展、良かったです。 
光と陰の感じ、塗り重ねた色や、平面的な独特の画風はかなり好みの感じでした。 
http://bonnard2018.exhn.jp 
 
 
ここのところ、友達が月曜日の私の定休日に合わせて、遊んでくださることが多く、都内で楽しいことがあって嬉しい。 
昨夜のメンバーは、湯島界隈で会う4夫婦8人。 
 
博識な方々ばかりで、会話について行くことは全く無理ですけど、 
歴史のある大人っぽい酒場で、文化的な会話が重ねられるのを、少しぼんやりとした気分で聞いているのは贅沢な時間でした。 
 
1軒目、シンスケ、2軒目に岩手屋。 
奥様公認酒蔵・・・。
  

Click! 感想ご意見をどうぞ!
 

2018. 10. 22. Mon
 
放浪の画家 ピロスマニ
岩波ホールで開催中のジョージア映画祭へ。 
 
期間中唯一行ける日に、以前より見たいと思っていた「放浪の画家ピロスマニ」の上映日があたって、幸運でした。(DVD買おうかと本気で思ってたから…) 
 
平日の16時という時間に、劇場はほぼ満席で、この映画を見たいと思っている方が、こんなに大勢いらっしゃることにびっくりしました。 
 
皆さんどこに惹かれていらしてるのかな。 
 
ジョージアの映画への興味なのかか、素朴な絵が魅力のピロスマニを知りたいのか? 
100年前のジョージアの文化を知りたいのか? 
伝統的な音楽や衣装も独自性があってそちらの研究の方もいらっしゃるかも。 
 
私にとって、今行きたい国No.1のジョージア。 
 
ワイン発祥の地と言われ、8000年前からワインを作っているそうです。 
クヴェブリという瓶の中に葡萄を入れて醸して作る製法は、世界遺産。 
この目でその様子を見てみたいです。また日本ではなかなか食べられない、ジョージアの料理にも興味津々ですし。 
 
美しくどこか寂しいようなジョージアの風景と、謎めいた雰囲気が続くこの映画を見て、ピロスマニの画集が欲しくなっています。 
 
ますますジョージア熱が…。
  

Click! 感想ご意見をどうぞ!

>> 過去の日記へ



| 携帯用 | | RSS | | 検索・カテゴリー | | Home |

++ Powered By 21style ++