| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |


望三郎の地球宿づくり日記
信州安曇野で農的生活をしながらコミュニティ宿をやっている宿主望三郎の
宿づくりや夢の実現に向けて奮闘する様子を日記スタイルで紹介します。

・新しく返信機能をつけました。よろしければ感想などコメントしてください。
・NEW !マークは2週間以内に書かれたものです。
・写真はクリックすると大きくなります。
・安曇野地球宿プロジェクトのページへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

2017. 5. 19. Fri 安曇野文庫第2弾「5つの物語」出版!
2017. 5. 18. Thu 地球宿の田植えやります!
2017. 5. 14. Sun 新たにシェハハウスをスタートさせます!
2017. 5. 08. Mon GW、たくさんのゲストを受け入れてみて
2017. 5. 07. Sun 2つのゲストハウス
2017. 5. 04. Thu GW直後の地球宿イベント
2017. 5. 03. Wed GWの地球宿
2017年 5月
SunMonTueWedThu FriSat
- 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - -

 

2017. 5. 8. Mon
      GW、たくさんのゲストを受け入れてみて
GWが終わり、打ち上げのゲストハウス視察も終えて帰ってきて、ちょっと一息。 
 
GWにたくさんのゲストを受け入れていて、自分でも本当にそうだな〜〜としみじみと感じたこと、そしてそれを泊まっていたゲストにも伝えたことなんだけど、そのことを書いてみます。 
 
このGWのゲストは9割方が地球宿に何度も何度も来てくれる常連さんたち、そしてみなさん子どものいるファミリーたちなんです。子どもたちが小さな幼児の時からやってきて、1年に1回、または数回やって来てくれて、その都度子どもたちの成長を感じるのです。 
 
人の子どもは成長を早く感じるというけれど、まさにその通りで、特にGWは新入学、新学年になったばかりの頃で、「はづき、小学生になったんだ〜。」とか、「みほちゃん、2年せいか〜。」なんて本当に嬉しい気持ちで伝えるわけなんです。 
そんなふうに言うと、子どもたちもまた嬉しそうに「そうだよ〜。」なんて笑って答えてくれるのです。 
 
みほ、たける、ゆみ、わかな、しおり、おうすけ、たかゆき、あつひろ、ゆいこ、ももか、みゆう、かえで、こはる、はると、ことは、みのり、あきら、はづき。 
 
この子どもたち、自分で言うのもなんだけど、本当に望さんのことを大好きなんです。屈託のない笑顔で、僕に寄ってくるのです。抱っこして、頭をなでて、語らって。僕との関係を安心してくれるのです。親以外にも安心して自分を預けられる大人なのです。 
 
この子どもたちの成長が本当に楽しみだと思えるのです。この子たちとやりとりをすると、どこまでも純粋に生きていこう、真剣に生きていこう、そんなふうに思えちゃうんです。 
なんて幸せなんだろう、そう思います。 
 
この子どもたちが10年後に大人になった時に、今度はスタッフだったり、友達や彼氏彼女を連れて、さらには結婚して子供を連れてやってきたりするんかもしれないんです。 
 
子どもたち、地球宿に来てくれて、望さんに会いに来てくれて本当にありがとうね。お父さん、お母さんたち、地球宿に来てくれて本当にありがとうございます。
  
 


Name: DelKey:
Mail: URL:
Cookie  

<<BACK 7日 2つのゲストハウス

NEXT>> 14日 新たにシェハハウスをスタートさせます!


 

++ Powered By 21style ++