| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |


望三郎の地球宿づくり日記
信州安曇野で農的生活をしながらコミュニティ宿をやっている宿主望三郎の
宿づくりや夢の実現に向けて奮闘する様子を日記スタイルで紹介します。

・新しく返信機能をつけました。よろしければ感想などコメントしてください。
・NEW !マークは2週間以内に書かれたものです。
・写真はクリックすると大きくなります。
・安曇野地球宿プロジェクトのページへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

2017. 5. 19. Fri 安曇野文庫第2弾「5つの物語」出版!
2017. 5. 18. Thu 地球宿の田植えやります!
2017. 5. 14. Sun 新たにシェハハウスをスタートさせます!
2017. 5. 08. Mon GW、たくさんのゲストを受け入れてみて
2017. 5. 07. Sun 2つのゲストハウス
2017. 5. 04. Thu GW直後の地球宿イベント
2017. 5. 03. Wed GWの地球宿
2017年 5月
SunMonTueWedThu FriSat
- 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - -

 

2017. 5. 19. Fri
      安曇野文庫第2弾「5つの物語」出版!
安曇野文庫というマイナーレーベルがある。安曇野に住む人の夢や思い、その暮らしをテーマにして、安曇野に生きる人々や地域の魅力を発信しようという自費出版のシリーズだ。 
 
その第1作目は、昨年7月に僕が「安曇野で夢をかなえる」というテーマで自伝本を出したのだけど、これに続く人が出てくれた。 
 
安曇野市穂高在住の吉江俊浩さん。 
吉江さんは、自身の心と体の健康を支えてくれた5人の女性を題材にした5つの短編物語を書いた。 
地球宿や平安堂あづみの店で販売しているので関心ある方はお買い求めください。1冊1100円。 
 
僕も吉江さんもプロの作家ではもちろんありません。僕たちみたいに、夢や思いや実践していることを伝えたい人、それを本という形にして残したい人、伝えていきたい人は、ぜひ安曇野文庫レーベルで出版しませんか。僕も吉江さんも、住吉さんという編集者が懇切丁寧に、親身に出版のお世話をしてくれます。 
 
お問い合わせは増田望三郎まで。 
boetu@d6.dion.ne.jp
  
 


Name: DelKey:
Mail: URL:
Cookie  

<<BACK 18日 地球宿の田植えやります!




 

++ Powered By 21style ++