| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |


望三郎の地球宿づくり日記
信州安曇野で農的生活をしながらコミュニティ宿をやっている宿主望三郎の
宿づくりや夢の実現に向けて奮闘する様子を日記スタイルで紹介します。

・新しく返信機能をつけました。よろしければ感想などコメントしてください。
・NEW !マークは2週間以内に書かれたものです。
・写真はクリックすると大きくなります。
・安曇野地球宿プロジェクトのページへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

2017. 4. 23. Sun ゲストハウスの開業合宿に参加して
2017. 4. 06. Thu 風の新しい出発
2017年 4月
SunMonTueWedThu FriSat
- - - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
- - - - - -

 

2017. 4. 6. Thu
      風の新しい出発
この1週間、風との濃い時間を過ごした。 
 
まずは早起きして早朝のバスに乗り込み、父と娘の2人で東京ディズニーシーに出かけた。高校合格のお祝いなのだが、風はディズニーでずっとテンションが上がってた。 
 
「おとうと来てもこんなに楽しいんだから、彼氏ときたらやばいよね。」 
 
ディズニーは夢の国。作られた商業世界って思って、あまり関心なかったけど、こうやってこれだけの人の心を引き付け、人を集められるのだからすごいよね。 
 
そこにいるスタッフ(キャストと言うらしい)は、みな笑顔で優しく接してくれた。ディズニーブランドが何なのかを知っていて、それを自分がつくるという自覚が一人一人にあるように思った。 
 
そんなことも含めて楽しい時間で、あれほど嫌だった列に並ぶことも90分までは並ぼうという気になった。 
 
何よりも、ウキウキとして、いつも以上にご機嫌な風と過ごすことが楽しかった。こんなに長い時間一緒にいるのはいつ振りだろう。というか、そういう時間を思い出せない。 
 
ホテルに1泊した後は都心に。風はツイッターでつながってる友達と一緒にJKイベントに行くとかで別行動に。1人になった僕も何人かの人に会う。 
一人は初めてお会いするのに、僕のことを関心持ってみてくれていた安曇野ゆかりの先輩。もう一人はかつての知人。10数年ぶりで、その口調に懐かしさを感じながらも、それでも遠く離れていた気があまりしない。 
 
よき出会いを頂き、この小さな小旅行のフィナーレは表参道にあるパンケーキのお店Kailaカイラに。中学時代の友人がやってるお店。こんな場所にこんなお店持つようになるんだから大したもんだよ。 
 
時々1人で東京に行くことをしていた風だけど、いざ父娘2人で東京の雑踏を歩いたり、山手線の満員電車に乗ると違和感がある。 
 
こいつ、街中で暮らしたがってるけど、こんな人混みの中で、体を押されて電車に乗っても、それでもこの街で楽しめるんだろうかと。 
まあ、我が娘は楽しく生きるんだろうな。 
 
帰りのバスが安曇野に着き、自宅に帰り着くと、「楽しかったね。」との娘の言葉。風と2人切りの旅行なんてのはこれが最後かしらん。 
 
 
そして高校の入学式。格式を重んじた入学式。娘の3年間の青春の舞台になるこの学校はいかなる学校か。小倉出発の会で彼女が抱負を述べたように、「勉強はほどほどにして、JKブランドを楽しみます。」といくかどうか。 
 
早速今朝から弁当を作って登校していったよ。
  
 


Name: DelKey:
Mail: URL:
Cookie  

NEXT>> 23日 ゲストハウスの開業合宿に参加して


 

++ Powered By 21style ++