| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |


望三郎の地球宿づくり日記
信州安曇野で農的生活をしながらコミュニティ宿をやっている宿主望三郎の
宿づくりや夢の実現に向けて奮闘する様子を日記スタイルで紹介します。

・新しく返信機能をつけました。よろしければ感想などコメントしてください。
・NEW !マークは2週間以内に書かれたものです。
・写真はクリックすると大きくなります。
・安曇野地球宿プロジェクトのページへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

2017. 3. 31. Fri 小倉の子どもたちの卒業の会
2017. 3. 27. Mon 春のイベントのお知らせ
2017. 3. 23. Thu 大分帰省で考えたこと
2017. 3. 18. Sat 北小倉の廃棄物処理施設問題の会
2017. 3. 16. Thu 新年度の地球宿スタッフが決まりました
2017. 3. 13. Mon 外国人の子どもが通える学校を教えて!
2017. 3. 12. Sun 風の卒業式
2017年 3月
SunMonTueWedThu FriSat
- - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
-

 

2017. 3. 13. Mon
      外国人の子どもが通える学校を教えて!
みなさん、情報を寄せてください。 
 
今回のお題は、 
「外国人児童・生徒が通える田舎の学校を知ってますか?」です。 
 
 
現在地球宿にアメリカ人の男性ショーンがロングステイしています。 
ショーンはこの春からコンピュータープログラミングの仕事をするために日本にやってきます。インターネットで仕事ができるため、会社からは住まいは日本のどこに住んでもいいと言われているそうです。 
 
ショーンは新年度から中学生と5年生になる娘2人を連れて日本で暮らそうとしています。彼は都会よりは田舎に住みたいとのこと、また子どもたちにも都会生活ではなく、地方で豊かな体験をしてほしいと思っています。 
 
そこで、2人の娘を受け入れてくれる学校を探しています。ちなみにショーンも娘たちも日本語はできません。 
 
まず思い浮かぶのはインターナショナルスクールなのですが、東京や横浜、大阪などにはありますが、地方にはなかなか無いようです。 
体験などを重視した学校は、きのくに学園や長野にはグリーンヒルなどがありますが、これも日本語の話せない児童を受け入れる体制は無いようです。 
 
公立・市立を問わずに探しております。 
インターナショナルスクールでも体験型の学校などでも、外国人児童・生徒を受け入れてくれる自治体や私学があれば教えてください。
  
 


Name: DelKey:
Mail: URL:
Cookie  

<<BACK 12日 風の卒業式

NEXT>> 16日 新年度の地球宿スタッフが決まりました


 

++ Powered By 21style ++