| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |


望三郎の地球宿づくり日記
信州安曇野で農的生活をしながらコミュニティ宿をやっている宿主望三郎の
宿づくりや夢の実現に向けて奮闘する様子を日記スタイルで紹介します。

・新しく返信機能をつけました。よろしければ感想などコメントしてください。
・NEW !マークは2週間以内に書かれたものです。
・写真はクリックすると大きくなります。
・安曇野地球宿プロジェクトのページへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

2010. 12. 31. Fri 2010年、ありがとう、さようなら。
2010. 12. 30. Thu ぶっ飛んだ農業倉庫
2010. 12. 29. Wed 安曇野地球宿通信第33号
2010. 12. 26. Sun 師走の餅つき
2010. 12. 25. Sat ゆくりりっくのコンサート
2010. 12. 24. Fri ゆくりりっくコンサート、いよいよ明日
2010. 12. 23. Thu ゆくりりっくコンサート迫る!〜ふまちゃんからの手紙〜
2010年 12月
SunMonTueWedThu FriSat
- - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
-

 

2010. 12. 7. Tue
      師走の旅に思う
東京3日間の旅。昨晩2日目の夜はディズニー提携のホテルに泊まり、今朝はホテルそばの海沿いの公園を家族で散歩。 
このエリアはなんだか未来の国と言うか、おもちゃの国と言うか、きれいな色のマンションと新しい大学があって、景色が四角の建物ばかり。電線は全て地下に埋められ、スッキリしたもの。 
 
マンションで庭などがないからか、海辺の公園はとても広く、バーベキューができたり、広場があったりして、マンションの住人たちはここが活動スペースになるのだろう。 
 
あー全然三郷小倉と違う。 
 
まだ学生時代の頃に、神戸のポートピアアイランドとかに憧れて、あんな街で暮らしたいって思ってたこともあったなあと思い出す。それが今では山の麓で田畑に囲まれた暮らしだもんなあ。人生ってどこでどうなるか分からないもんだ。 
 
安曇野に帰ってきて、ここが僕らの住む場所だって改めて思う。そんな僕たちに育てられた子どもたちは、将来どこで暮らすことになるんだろうか?安曇野のような田舎なのか?それとも東京のような都会なのか? 
 
どんなところでも人が生きている。それぞれの大切なものを大切にしながら、幸せに生きようとしている。
  
 

あのあたりは、ほとんどが埋め立て地だと思いますよ。
しばらく見ていなかったら近くまで来ていたのですね。みんな元気そうでなによりです。いまだ目的地定まらず、頭の中を色々な考えがぐるぐるとしています。ゆっくりとかんがえます。第一弾として、19日に鎌倉腰越の一戸建ての中古住宅を見に行く予定です。それにしても、望さんかっちょいいパンツだね!
いさお ..12/15 0:26(Wed)

>いさおさん

とっても整然とされてて、逆に妙に落着きませんでした。(笑)

これからのこと、焦ってもしょうがないしね。ご縁とかタイミングとかあるんでしょうね。

クリスマスのゆくりりっくコンサートで会えるかな?

パンツ、かっちょいいでしょ?いさおさんはこのパンツといい、ワインレッドのパンツといい、僕のパンツに反応してくれるね。(笑)
望三郎 ..12/15 8:18(Wed)

>> 返信

<<BACK 6日 東京ディズニーランド

NEXT>> 8日 里にも雪が・・・


 

++ Powered By 21style ++