| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |


望三郎の地球宿づくり日記
信州安曇野で農的生活をしながらコミュニティ宿をやっている宿主望三郎の
宿づくりや夢の実現に向けて奮闘する様子を日記スタイルで紹介します。

・新しく返信機能をつけました。よろしければ感想などコメントしてください。
・NEW !マークは2週間以内に書かれたものです。
・写真はクリックすると大きくなります。
・安曇野地球宿プロジェクトのページへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

2010. 12. 31. Fri 2010年、ありがとう、さようなら。
2010. 12. 30. Thu ぶっ飛んだ農業倉庫
2010. 12. 29. Wed 安曇野地球宿通信第33号
2010. 12. 26. Sun 師走の餅つき
2010. 12. 25. Sat ゆくりりっくのコンサート
2010. 12. 24. Fri ゆくりりっくコンサート、いよいよ明日
2010. 12. 23. Thu ゆくりりっくコンサート迫る!〜ふまちゃんからの手紙〜
2010年 12月
SunMonTueWedThu FriSat
- - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
-

 

2010. 12. 29. Wed
      安曇野地球宿通信第33号
今年も残すところ数日となりましたね。 
いつも12月はどんな一年だったのかをゆっくりと振り返る時期なのですが、今年は師走に大きなイベントが2つあり、ギリギリまで賑やかにやってました。 
 
まず一つ目。 
春頃から地元の有志で「安曇野夢フォーラム」なる会を作り、 
『安曇野発!農に生きる仲間たち 
  〜半農半X(エックス) 新しいライフスタイルの提案〜』 
という小冊子を創り進めてきたのですが、それをこの12月に発刊しました。 
この冊子は『半農半X』をキーワードに、安曇野で農に生きる実践者たちの群像を紹介したものです。 
 
 ※半農半Xとは、農的な暮らしを送りながら、他方自分の特性を発揮する 
  天職を行う生き方のこと。京都府綾部在住の塩見直紀さんが、 
  次代が向かう新しいライフスタイルとして提唱しています。 
 
地元に生まれ育ち、実家農家を継いだ若手後継者。移り住んで農業を始めた 
新規就農者。また農を暮らしとして楽しむ生活を送っている人たち。 
その農的生活をベースにして、さらにユニークな天職Xを実践している人など、32人のそれぞれの真摯な思いと多様・多彩さをこの冊子は伝えています。 
また地元の第一線の方たちが執筆した、移住、野外保育、自然農、自然分娩、農村文化、ウーフの6つのテーマで安曇野を捉えたコラムも読み応えあります。 
 
この冊子が地元安曇野だけでなく、日本中を旅をして、 
たくさんの人に手にとってもらい、 
「いろんな農への関わり方があるんだ、自分はどうできるかなあ?」 
「こんな人たちが生きる安曇野に行ってみたいなあ。」 
と農的生活と安曇野へと誘う一助となれば嬉しいです。 
 
一冊300円+送料別途80円で郵送していますのでご希望の方はどうぞ。 
 
もう一つ。 
25日クリスマスの日に、まつもと市民芸術館という大きなホールで、僕たちの仲間『ゆくりりっく』がコンサートを行いました。 
白血病を克服したヴォーカルふまちゃんを中心にしたバンドで、彼女の歌とそのリリック(Lyric=歌詞=コトダマ)に、僕たちはこれまでたくさんの勇気と癒しを与えられてきました。今年地球宿に泊まられた方は、僕がCDを散々パワープレイしていたので覚えていますよね。(笑) 
 
大きなホールを満杯にしようと、その呼びかけに仲間たちと奔走し、当日は僕たちも『AZUMINOジャグバンド』というビックバンドや『信濃スパイラルクワイア』というゴスペルチームのメンバーとして、1000人のオーディエンスを前に歌い演奏したのでした。 
 
ミュージシャンとして、はじめの一歩を踏み出したゆくりりっくメンバー、そして登壇した仲間たち一人一人がキラキラと輝きを放ち、それが一つになって、来場したたくさんの方たちに光のように降り注ぎました。 
僕も演奏中にステージの前で泣きながら聴いてくれている男性を見つけました。今この一瞬に全霊を込めたい、そう思ってギターを掻き鳴らし、雄叫びを何度もあげました。 
心が感動で打ち震えるような、それでいてどこまでも楽しい、そんなステージをたくさんの仲間と共有できたことは、きっと僕らの人生の大切な財産になっていくと思いました。 
 
 
この2つのイベント、それは日常と切り離されたものではありませんでした。各自の日々の仕事や暮らしがあり、それが繋がり合うコミュニティが、 
この安曇野にあります。そこでの日々のやり取りの中で、自分たちが手がけて創り出した、いわばコミュニティから生まれた作品のように思います。 
 
そんな安曇野コミュニティに移り住んで7年。雄大な自然に囲まれ、たくさんの人の繋がりの中で生きられ、そして自分らしさを発揮できる幸せと喜びを実感しています。 
 
この安曇野という地域、古来から土の人(生来の地元の人)と風の人(移住者)とが融合しながら独特の「風土」を創り上げていったそうです。僕のような風の人が幸せに生きられるのも、そんな融合文化を何世代にも渡り、作り上げてきたからなのだと思います。 
「融合」とは、今、その地に生きているお互い同士が、繋がり合い、共に生きていこうという心にその原点があると思います。そして今、僕たち新しい世代が、新たな融合の文化を、この安曇野に創り出していこうとしている。 
その表れがこの小冊子であり、コンサートだったのかなと思っています。 
 
この安曇野という地域がどんな素敵な場所になっていくのか来年も楽しみです。 
 
 
今年も地球宿はたくさんの出会いを生み出してくれました。 
安曇野への移住を前に、その希望と不安を打ち明けてくれた女性、自分の夢を語り、相談を持ちかけてくれた若い夫婦。子どもを育てる親たちの思い。 
中には地球宿で行ったシングルの会(未婚者の出会いの会)で出会い、来年1月に結婚するカップルもいます。 
そうそう地球宿に泊まったアイドル岡田君への純粋な思いを持った女性たちもたくさん来てくれましたね。 
 
一人一人がそれぞれの大切な思いを、この地球宿で語ってくれました。 
たくさんの宿泊ゲストにたくさんのイベント。写した写真、やり取りしたメールを読み返しながら、その思いを改めて自分の心に刻む、そんな年の暮れでもあります。 
来年一年もまたきっと素敵な出会いが待っている。 
地球宿はたくさんの繋がりを生み出していくことでしょう。 
本当に楽しみでなりません。 
 
 
おじいちゃん、おばあちゃん、僕、悦子、そして風、光。 
笑顔がいっぱいの増田ファミリーです。 
今年も無事に健康に年越しができることに感謝です。 
 
今年一年本当にありがとうございます。 
来年もきっといい一年になります。 
 
 
長くなりました。最後までお読み頂きありがとうございました。 
みなさんの近況もお知らせくださいね。 
そして、たくさんの幸せの光に包まれたよい年越しをお過ごしください。 
 
********************************** 
 
以下、お知らせコーナーです。 
 
【INDEX】 
1、ドリカム新年会 
2、シングルの会開催 
3、小冊子「安曇野発!農に生きる仲間たち」発刊 
4、半農半X(エックス)シンポジウム開催 
5、地球宿で新年会をやりませんか? 
6、自家製&仲間製の農産物販売。 
 
================================= 
1、ドリカム新年会 参加者募集! 
================================= 
今年で5回目になる『Dreams Come True新年会(愛称ドリカム新年会)』を 
以下の日程で行います。 
「地球宿で夢を語ると実現する!?」 
そんな伝説が生まれつつあるドリカム新年会で、ぜひ自分の夢を語って下さい。 
出会いとコラボレーション(協働)のキッカケが、この場でいくつも生まれ、 
夢が次々と叶う、そんなはじまりの場に、このドリカム新年会をしたいです 
 
♪日時:2月5日(土) 
     午後1時  受付 
      1時半  夢の発表 第1部 
      5時半  夕食、片付け 
      7時半  夢の発表 第2部 
     夜12時頃 終了予定 
                終了後、懇親会〜夜更けまで 
♪場所:安曇野地球宿 
♪費用:参加費1500円 
    希望者は夕食代1000円、宿泊代3500円、朝食代800円 
♪やり方:1人持ち時間8分で自分の夢を語ります。 
     「相手の話を最後まで聞く。」、「否定しない。」が唯二のルール。 
     意見を建設的に足し合い、知恵と力と心を寄せ合って、 
      自分の夢の実現を描いてください。仲間の夢を応援してください。 
♪参加定員:50人になり次第締め切ります。 
      参加希望の方は夕朝食・宿泊の有無を含め申込んで下さい。 
♪持ち物:ハシ、カレースプーン、カレー皿、小皿、グラス 
♪申込・問合:安曇野地球宿 増田 080-5486-6111 or boetu@d6.dion.ne.jp  
 
※参加申込者にはプロフィール記入フォームを送りますので、それに記入して 
送り返してください。参加者プロフィールの一覧を当日お渡しします。 
 
================================= 
2、シングルの会 in 地球宿 参加者募集! 
================================= 
パートナーがいることの大きさを実感することがあります。 
思いを伝え合い、受け止め合う特別な相手が居ることで、 
人としての成長や生きていく上での安心感を得られるように思います。 
地球宿に出入りしてくれる大切な仲間達に、出会いの場を用意したいなと思い 
企画してみました。 
なんと昨年の参加者で結婚するカップルがいるんですよ! 
 
♪日時:2月11日(金・祝)・12日(土) 
    初日午後2時集合、最終日午後12時解散 
♪場所:安曇野地球宿 
♪費用:参加費8000円 
    (夕朝食・宿泊代・企画代込。温泉代だけ別途個人負担) 
♪参加定員:男女各10人になり次第締め切ります。 
♪参加条件:増田望三郎・悦子夫妻の友人とその友人まで。 
      ※大切な仲間を紹介し合う場なので、予め素性を知った人たちに 
       限定させていただきます。ご了解お願いします。 
♪申込・問合:安曇野地球宿 増田 080-5486-6111 or boetu@d6.dion.ne.jp  
 
================================= 
3、小冊子「安曇野発!農に生きる仲間たち 
      〜半農半X 新しいライフスタイルの提案〜」できました! 
================================= 
安曇野×半農半X(エックス)をキーワードに、農に生きる仲間たちを 
紹介する冊子を有志で作りました。 
 
 A5 フルカラー 60ページ 一冊300円 
 発行 安曇野夢フォーラム  
    〈連絡先〉安曇野地球宿(あずみの ちきゅうやど)内  
     〒399-8103 長野県安曇野市三郷小倉4028-1   
     080-5486-6111 boetu@d6.dion.ne.jp  
 郵送の場合3冊まで送料80円です。振込手数料もご負担願います。 
  
 「半農半X(エックス)」とは、半自給的な農業とやりたい仕事を両立させる 
  生き方を指し、「半農半X研究所」代表塩見直紀氏(京都府綾部在住)が 
 ‘94頃から提唱しているものです。  
  このたび発行するこの冊子は、2010年2月に「安曇野夢フォーラム」が 
  塩見氏を招いて開催した農的生活シンポジウム 
  「〜結び∞つながれ、安曇野の仲間たち!!〜」をきっかけに、 
  安曇野で実際に半農半X的な生活を実践している方々を集めて紹介し、 
  様々なコラムをまじえながら1冊にまとめたものです。  
 
================================= 
4、講演会&シンポジウム 
 『半農半Xという生き方 
     〜つながる、つながれ、安曇野の仲間たち〜 PART2 
================================= 
昨年に引き続き、半農半Xをテーマにしたシンポを行います。 
今回は安曇野で30年に渡り、ペンション&オーガニックカフェ&自然農 
&野外保育&フェアトレードなど、時代に先駆けて様々な実践をしてきた 
シャロムコミュニティーの臼井さんによる基調講演、そして冊子に登場した 
安曇野在住の農の仲間たちが多数登場するパネルディスカションを行います。 
またワールドカフェ形式による参加者同士のトークタイムもあります。 
 
♪日時:2月13日(日) 
    午後12時30分受付 
    第1部 午後1時30分 臼井さん講演 
    第2部 2時 パネルディスカッション 
    第3部 3時 ワールドカフェ 〜4時30分終了予定 
♪場所:信濃教育会生涯教育センター(安曇野市豊科高家796−3) 
♪費用:参加費 予約500円、当日700円 
♪申込・問合:安曇野地球宿 増田 080-5486-6111 or boetu@d6.dion.ne.jp  
♪その他:懇親会が夜7時から安曇野地球宿であり。 
     会費1000円。持ち寄りの人は500円引 
 
================================= 
5、地球宿を新年会でご利用しませんか? 
================================= 
新年会のシーズンです。 
地球宿と繋がるお友達で、ご自身のお仲間やグループの新年会を 
やられる方は、地球宿でいかがですか? 
薪ストーブとコタツで暖をとりながら、ゆったりくつろぎ、 
鍋を囲んで楽しい時間を過ごしてください。 
 
日時:1月から2月前半にかけて。 
   既に予約が入っている日もあるので日程はご相談ください。 
費用:料理メニュー2000円ぐらいでご相談。 
   生ビールなどアルコール料金は別途。持込みもOKです。 
   飲んでそのまま泊まられる方は宿泊代プラス3500円。 
   朝食付の場合プラス800円 
申込・問合:安曇野地球宿 増田望三郎 
      携帯080-5486-6111 e-mail boetu@d6.dion.ne.jp 
 
================================= 
6、★自家製&仲間製農産物を販売いたします。ご注文ください。★ 
================================= 
●増田ファミリー・地球宿自家製農産物  ※全て無農薬です。 
♪お米 
 白米・7分づきキロ700円、玄米キロ600円。 
 今年度の完全無農薬はざがけ(天日干し)のコシヒカリ新米です。 
 今年はアイガモ農法でやり、豊作でした。 
 籾殻で保存しているため、香りがいいです。 
 
♪小麦粉、乾麺(細うどん) 
 小麦粉は1キロ800円。 
 乾麺(細うどん)は1束250グラム400円。 
 
 信州推奨強力粉ユメアサヒを7月上旬に収穫しました。 
 機械が何回も故障する中、苦戦しながらの作業でした。 
 ユメアサヒは膨らみが弱いですが、昔ながらの田舎風のパンが焼けます。 
 
♪小麦のフスマ 
 500g500円 
 小麦を製粉する時に出てくるフスマです。クッキーなど使い方いろいろ。 
 
♪ルチン蕎麦茶 ★できました! 
 粉末100g1000円 
 穀類で唯一ルチンを含むのが蕎麦です。 
 ルチン蕎麦は通常の蕎麦よりルチン含有量が多いです。 
 実がつく前に青刈りし、3ヶ月間天然乾燥したものです。 
 ルチンだけでもお茶として美味しく飲めますが、番茶など他のお茶と 
 ブレンドして飲むこともできます。 
 
 ※ルチン 
 ビタミンの一種で毛細血管を強化し、血栓を防ぎ血流を良くする。 
 これらの効果から、高血圧・血栓症・動脈硬化の改善効果が認められている。 
 
♪エゴマとエゴマ油 ★できました! 
 エゴマは200g400円、エゴマ油は200ml2500円。 
 今年は全2700株を定植し、叩きを丹念に2回程行い実を獲りました。 
  
 エゴマはα‐リノレン酸を6割も含む体に良い食品です。 
 エゴマはサラダやパンやコロッケ、ふりかけなど、とにかく使用用途が 
 広いです。(地球宿はエゴマ料理の宿!) 
 エゴマ油もパンにつけたり、ドレッシングなどで使っています。 
 
♪蕎麦粉 ★できました! 
 1キロ1200円 
 8月上旬に播種しました。蕎麦も豊作でしたよ。 
 年越し蕎麦を打ってみてはいかがでしょう。 
 
♪大豆 ★できました! 
 200g300円 
 晩生品種のナカセンナリ。味噌も作れます。 
 
♪小豆 ★できました! 
 200g400円 
 お赤飯にぜんざいに。 
 
※今年は大豆や黒豆の豆類が8月後半から9月上旬にかけての暑さで、 
 不作でした。黒豆は販売分が終わりました。 
 
 
●安曇野の仲間たちが栽培した農産物 
♪おぐらやま農場の果物ジュース 
 1リットル800円。 
 りんご、桃、トマトの3種。 
 友人農家おぐらやま農場松村さんが魂込めて作っている果樹のジュースです。 
 美味しいよ〜〜。 
 
♪津村農園のトマトジュース 
 350ml400円。 
 お日様と土の力で育った無農薬トマト100%のトマトジュース。 
 ピューレとしても使えます。 
 生産者は僕の畑の師匠津村孝夫さん。 
 
♪おぐらやま農場のジャム 
 200g450円 
 りんご、桃、かりんの3種。 
 
 
●その他 
♪小冊子 
『安曇野発!農に生きる仲間たち 〜半農半X 新しいライフスタイルの提案〜』 1冊300円。 
 安曇野を夢舞台にして、農に生きる安曇野の仲間たちを紹介しています。 
 移住、野外保育、自然分娩、ウーフなど、安曇野と関係あるテーマでの 
 コラムも充実し、安曇野の魅力を語る一冊です。 
 農的生活に関心ある人にオススメです。 
 
 ※上記農作物と合わせてご注文の場合は荷物に同送します。 
  冊子だけのご注文の場合は送料80円(3冊まで)になります。 
 
♪放浪宿ガイド 
 1冊1500円。全国の旅人向け安宿情報です。旅のお供に。 
 地球宿も紹介されています。 
 
♪ゆくりりっくCD「ことだまがゆく」 
 1枚2600円。 
 ヴォーカルふまの温かく柔らかな歌声を聞いてください。 
 安曇野に生きる喜びを謳った「あづみのさんか」など収録。 
 
♪「中武ひでみつ・個展<おぐらやま ここは僕のふるさと>」画集冊子 
 1冊300円。 
 僕ら安曇野の仲間のイラストレーター中武ヒデさんは、おぐらやま農場の 
 スタッフでもあります。彼の今年の個展テーマは、彼が働くおぐらやま農場。 
 出品画9点の掲載とその解説を紹介した冊子です。 
 おぐらやまでの農作業や暮らしの様子を隈なく集めた写真寄せ、 
 ヒデからのメッセージ等も掲載されたオールカラーA5判全16ページ。 
 なんと我が家の親父さんも登場しています。 
 (親父さんも摘果の時におぐらやま農場を手伝いに行ってました。) 
  
 
※増田・地球宿の農産物&仲間の農産物&その他のご注文は増田望三郎まで。
  
 

>> 返信

<<BACK 26日 師走の餅つき

NEXT>> 30日 ぶっ飛んだ農業倉庫


 

++ Powered By 21style ++