| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |


望三郎の地球宿づくり日記
信州安曇野で農的生活をしながらコミュニティ宿をやっている宿主望三郎の
宿づくりや夢の実現に向けて奮闘する様子を日記スタイルで紹介します。

・新しく返信機能をつけました。よろしければ感想などコメントしてください。
・NEW !マークは2週間以内に書かれたものです。
・写真はクリックすると大きくなります。
・安曇野地球宿プロジェクトのページへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

2010. 12. 31. Fri 2010年、ありがとう、さようなら。
2010. 12. 30. Thu ぶっ飛んだ農業倉庫
2010. 12. 29. Wed 安曇野地球宿通信第33号
2010. 12. 26. Sun 師走の餅つき
2010. 12. 25. Sat ゆくりりっくのコンサート
2010. 12. 24. Fri ゆくりりっくコンサート、いよいよ明日
2010. 12. 23. Thu ゆくりりっくコンサート迫る!〜ふまちゃんからの手紙〜
2010年 12月
SunMonTueWedThu FriSat
- - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
-

 

2010. 12. 24. Fri
      ゆくりりっくコンサート、いよいよ明日
なんだかゆくりりっく一色になってきました。 
 
今朝は朝から機材の搬入応援ということで、朝9時からまつもと市民芸術館に。これまで正面の一般客入り口からしか入ったことないのに、今日は裏手の楽屋入口から侵入、いやちがった進入。ギターケースを抱えて入る様は、「オレってミュージシャンじゃん!」と一人喜ぶ。 
 
楽屋裏手のローカを歩いていくと、いきなりどデカイ空間に出た。機材もいっぱい置いてあるから、こんなにでかい倉庫が隣接されてるんだ、ここにトラックも入れるのかな?なんて思ってたら、眼下に客席があって、実はその場所がステージだった。普段客席からだと、ステージがチョロっとあるように見えてたけど、実はステージの奥にこれだけの広いスペースがあるんだと驚く。 
 
そうこうしているうちに舞台の作り込みを手伝うことに。ゆくりりっくメンバーの楽器プラスアルファを運び込む程度なのかと思ったら、音響やら照明やらバックの飾り付けやら、それをたくさんのスタッフの中に混ざりやるのが応援の中身だった。 
 
すげー、こんなにたくさんのスタッフが舞台を準備するんだ〜とまた感動。聞けば、みなさん東京からやって来られたとのこと。舞台づくりのプロフェッショナルたちは、全国のコンサートホールを旅する職人さんたちだったのだ。 
 
ふまちゃんたちって、こんな中でやるのね。もしかして、俺たちも・・・。 
 
スタッフ弁当を食べた後、最後の呼びかけにチラシを配りに行こう、とパルコ前に繰り出す。今日は寒かったけど、それでもこのチラシを見て来てくれる人が1人でも居たらいいな。 
 
そして午後。各楽器の音出しから始まり、ジャグバンドやクワイアーのリハーサルに。とにかく広いステージ。そしてそれ以上に広い客席。一番奥の4階席なんて見上げる感じ。こんなところでやるのか、ふまちゃんたちって。・・・って俺たちもだけど。 
 
それでもリハーサルは楽しく、リラックスしてやれました。明日はここに満員のオーディエンスがいるんだよね。照明もバッチリ当たってさ。 
 
風と光は最前列。風は物怖じ全くせず、踊りながらピアニカを弾いてた。光はというと、ちょっと彼には荷が重たすぎたのか、リハ後「出たくない。」と言い出す。さてどうなることやら。 
 
フィナーレの練習も終り、今日は無事にリハ終了。 
 
とにかく本当に貴重な経験をさせてもらってます。 
 
今後、ゆくりりっくがさらにブレイクして、東京ドームや武道館でやることになって、しかもAZUMINOジャグバンドがゲストで出ることになったりしたら、その舞台に立つことだって夢じゃないんだろうな。昨年末に、まさかその一年後に、こんな舞台に立つことなんて思ってもみなかったし。 
 
そんなことを仲間と話しながら、会場を後にしました。帰りがけに、チケットの予約の電話が何本も入り、ギリギリまでゆくりりっくコンサートに来てくれようとしている人たちがいるのが嬉しかった。 
 
明日はゆくりりっくが最高のパフォーマンスを見せてくれます。・・・っていうか俺たちもね。 
 
明日当日チケットありです。まつもと市民芸術館にカモン!午後1時開場、2時開演です。
  
 

いまごろうちあげでしょうな。
すごいね。アットホームでいて
レベルの高い最高のコンサートでした。
みんなみんな
うちのかみさんも娘も、良い顔していた。
良い機会をいただいたものだ、と感謝しています。
ジャグバンドのみなさんもステージ度胸がついてたようで
ばっちりでしたね。
コンサートに行った車いす人工呼吸器の子2人は
関係者です。喜んでたよ。
お疲れ様でした。
nyokoda ..12/25 18:49(Sat)

>nyokodaさん

一人一人がキラキラと輝いてたね。素晴らしい、本当に素晴らしいコンサートでした。
このコンサートは特別な出来事ではなく、僕たちがこの地で暮らす日常の暮らし(人と人とのつながりなど)の延長にあるように思いました。
一人一人の今とこれからに繋がっていってるんだと思います。

車椅子の子どもたちが来てくれましたね。nyokodaさんの働きかけだったのかな。本当にありがとう。nyokodaさんも一緒にこのコンサートを創ってくれたんですね。次回のジャグバンド、nyokodaさんも息子君も一緒にはっちゃけましょうよ。(笑)
望三郎 ..12/27 15:35(Mon)

>> 返信

<<BACK 23日 ゆくりりっくコンサート迫る!〜ふまちゃんからの手紙〜

NEXT>> 25日 ゆくりりっくのコンサート


 

++ Powered By 21style ++