| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |


望三郎の地球宿づくり日記
信州安曇野で農的生活をしながらコミュニティ宿をやっている宿主望三郎の
宿づくりや夢の実現に向けて奮闘する様子を日記スタイルで紹介します。

・新しく返信機能をつけました。よろしければ感想などコメントしてください。
・NEW !マークは2週間以内に書かれたものです。
・写真はクリックすると大きくなります。
・安曇野地球宿プロジェクトのページへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

2010. 12. 31. Fri 2010年、ありがとう、さようなら。
2010. 12. 30. Thu ぶっ飛んだ農業倉庫
2010. 12. 29. Wed 安曇野地球宿通信第33号
2010. 12. 26. Sun 師走の餅つき
2010. 12. 25. Sat ゆくりりっくのコンサート
2010. 12. 24. Fri ゆくりりっくコンサート、いよいよ明日
2010. 12. 23. Thu ゆくりりっくコンサート迫る!〜ふまちゃんからの手紙〜
2010年 12月
SunMonTueWedThu FriSat
- - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
-

 

2010. 12. 22. Wed
      今年の宿泊ゲストの感想より
今年もたくさんのゲストが地球宿に来てくれました。サービス至上主義の主従の関係になりたくなくて、地球宿では「お客様」と呼ばずに親しみを込めて「ゲスト」と呼んでます。 
そしてそのゲストも、一日市場駅に迎えに行って会ったその時から、ゲストではなく、名前呼びになります。ゲストではなく、友達になりたいので。 
 
今年もたくさんの来訪ありがとうございます。地球宿に贈ってくれた感想を紹介します。 
 
▼今日も晴れましたね。地球宿に来たら、お天道様の光、たくさん浴びたようです。いつもより呼吸もゆっくり、めいっぱい遊んで、もりもりご飯食べて、グッスリ眠って、毎日とても満たされた想いでした。 
 
地球宿のパンフを手に取り、おばちゃんが電話をかけてくれて、望さんがお迎えに来てくれて、あの時、望さんとガチッと握手した時のこと、よく覚えています。ものすごく力漲るものを感じてすごかったです。 
 
地球宿に足を踏み入れた時、あのWelcomeな雰囲気、感じ、大好きです。宿のみんなが家族。おっきい家族。1人1人が、時にお父さんになったり、お兄ちゃんになったり、お母さん、お姉ちゃん・・・。みんなが育ち合っているような、それが地球宿なのかなと。寄り集まって、みんなでみんなをつくっているのかな。(埼玉、Mさん) 
 
▼地球宿で過ごした時間が濃密すぎて、自分のなかでもあまりまだ整理できていません。でも、あの時間はすごく強烈に残っています。(あれから望さんが一回夢に出てきましたし!笑) 
 
変化を止めることができないことにあせったり、いつのまにかたくさん失ってることを恐れたり、前向きに生きてるつもりでもやっぱり不安はあるんですよね。どうすればいいのかなんて誰も知らないし、教えてもくれないし。 
 
ただ、望さんのお話にあった、自分の内側へのベクトルを向ける、というのはすごく私にとって一つの大きな方向性を示してくれたように思います。自分の経験を振り返っても、私自身、自分がなにをしたいか、を真剣に考えるようになると、人に対して要求しすぎることなく、周りのものを愛しく感じられるようになった気がします。そのことに初めて気付きました。 
 
人がともに生きていくために最も大切なのが、それぞれが自分の内側へベクトルを向け、孤独と向き合い続けることだ、ということは少し寂しいですが真実であるような気がします。 
 
お話ができて、本当によかったです。あれから、哀しいと思ってた歌が美しい歌であるように感じるようになりました。 
 
また、地球宿にお邪魔させてください。節目節目に、行きたい場所だと思ってます。(東京、Fさん) 
 
▼17年ぶりの再会ってのは奇跡に近いですよね! 
声高らかに…(安曇野までさけぶつもりで☆)「ありがと〜!!!」(山口、Fさん) 
 
▼私は、おとなになっても、誰かと、おいしいねって言いあって食べる食事の時間がとても大切だと、ずっと思ってます。彼氏を決める基準は、おいしくたのしく幸せに食べれるかです。 
 
地球宿での食事タイムは、まさに、私の一番好きな時間でした。初めての人とも、うまいうまい、お茶とって、ジャムとって、どっからきたんですか〜?なんて言いながら、ワイワイ食べることが、あそこにいる人誰もが、自然にできていて、なんとも心地よい。求めているからか、私が訪れる場所には、いつもそんなことが起こります。(神奈川、Hさん) 
 
▼友人が「地球宿は楽しいですよ」といっていた意味がわかりました。宿に入った瞬間の暖かく迎え入れてくれる雰囲気、人が垣根をはらい今の出会いを味わう雰囲気が伝わってきてとても懐かしい感じがしました。初めて伺うのにただいまと言ってしまいそうでしたね。(東京、Nさん) 
 
▼5日間、お世話になりありがとうございました。まだまだ頭の中は地球宿です。バスの中でもデジカメの画像を見ながら一人ニヤニヤしておりました(笑) 
 
ゆる〜い感じのお宿で、ツボに入りましたわ。風ちゃんもあんなになついてくれて、こちらが遊んでもらっていた(?)ような気がします(笑)(愛知、Kさん) 
 
▼ みんなが仲良しになれる素敵な宿ですね。建物も味わいのある古民家で、食事もおいしく、何よりスタッフと泊まりに来ている人たちが温かくて、嬉しかったです。子供も、ふうちゃんと趣味が同じで、楽しく遊んでもらえて大満足でした。地球宿自体がひとつの面白い体験でした。(東京、Yさん) 
 
▼この旅で得たことは、「丁寧な毎日を暮らす ということの大切さに気付かされた」ということ。それはどこにいても自分次第でできることだと思うけど、できてなかった自分に気づかされました。 
 
というか、出来てない自分は実感してたけど、その愚かさに気づかされた。 
自分だけのためには手をかけて料理しない とか、毎日をその日暮らしに雑に過ごしてきたなぁと。生活習慣を見直すきっかけになってよかった!もっと自分を大事にしないでどうする!!!って思ったよ。 
 
高校生の時「仲良しの友だちを集めて町を作りたい」といってた望くんのことを懐かしく思い出したよ。高校生の時は「そんなこと言って、出来るはずないやん」と思っていたけど、安曇野で仲良しの友達をたくさん作って宿業を繰り広げている望くんは。まさに夢を実現しているんやなぁと実感。 
 
自分中心でなく、「他人の幸せが自分の幸せ」という望君の姿勢、なかなか私はまねできないなぁと思うけど、たぶんそうできる人が幸せな人なんだろうね。 
 
でも、丁寧に暮らしていることを幸せと感じる毎日をこれから過ごしていけたら、たぶんそれは豊かな毎日だと思うなぁ。そう思えたこのたびは、私にとって有意義であったと思う。ありがとう。(大分、Nさん) 
 
▼地球宿は出会いの場所で、いずれ別れる時が来ても、その時には出会いの場所は帰る場所になっているんですね。(埼玉、Nさん) 
 
▼肩肘張らずに素の自分で良いのだと言う雰囲気が最高です。ホストの想いがそのまま出ているようで、すっかり浸ってしまいました。夕飯、朝食共に何だかとても美味しくてつい食べ過ぎてしまいましたよ。 
 
私はこれまで頭で考えてそれが社会的に見てどうかとか、損得はとか、そんなことばかり気にかけて生活するために生きてきたのだと思います。それが悪いことだと言うつもりはないのですが、どうにも自分の枠に収まりつかないようになってきている時期だと思います。 
 
今回は望さんに会いに行くための旅行でした。大変なんだけどわくわくしてどんどんやりたいことがじゃんじゃん湧いてきて、どこまでも楽しんじゃおう!(そればかりではないとは思いますが…)そんな望さんに会えたことで、ちょっぴり勇気をもらいました。「ありがとうございます」 
 
本心から自分に向き合ってわくわくすることを始めたいと思います。何をするか決まったらまた連絡します。その時には地球宿と一緒に出来ることを提案しますね。(神奈川、Iさん)
  
 

>> 返信

<<BACK 18日 '11年新春企画 @ドリカム新年会 Aシングルの会

NEXT>> 23日 ゆくりりっくコンサート迫る!〜ふまちゃんからの手紙〜


 

++ Powered By 21style ++