| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |


望三郎の地球宿づくり日記
信州安曇野で農的生活をしながらコミュニティ宿をやっている宿主望三郎の
宿づくりや夢の実現に向けて奮闘する様子を日記スタイルで紹介します。

・新しく返信機能をつけました。よろしければ感想などコメントしてください。
・NEW !マークは2週間以内に書かれたものです。
・写真はクリックすると大きくなります。
・安曇野地球宿プロジェクトのページへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

2010. 12. 31. Fri 2010年、ありがとう、さようなら。
2010. 12. 30. Thu ぶっ飛んだ農業倉庫
2010. 12. 29. Wed 安曇野地球宿通信第33号
2010. 12. 26. Sun 師走の餅つき
2010. 12. 25. Sat ゆくりりっくのコンサート
2010. 12. 24. Fri ゆくりりっくコンサート、いよいよ明日
2010. 12. 23. Thu ゆくりりっくコンサート迫る!〜ふまちゃんからの手紙〜
2010年 12月
SunMonTueWedThu FriSat
- - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
-

 

2010. 12. 12. Sun
      我が人生、初めてのお歳暮
ボーナスとお中元、そしてお歳暮というものは、我が人生に無縁かと思っていたが、本日お歳暮を頂いた。宿にいたゲストが受け取ってくれていたのだが、「誰よ?俺にお歳暮をくれる人なんて。」と思わずつぶやく。 
 
東京時代の会社の上司からだった。秋に新米を贈ったのだが、そのお礼にわざわざ贈ってくださったのだ。 
 
今年から、僕のこれまでの人生でお世話になった人、それはあげれば数え切れずキリがないのだが、その人たちに僕の作った農産物を贈ることにしたのだ。 
 
真っ先に思い浮かんだのが、東京時代の会社の上司Aさんだった。風が生まれた時に無職の僕に声をかけてくださり、2年半ほどコンピュータ関連の会社でお世話になった。結局Aさんの思いに反して、会社を辞め安曇野に来てしまったのだが。 
 
世話になったのに期待に応えられない申し訳なさとAさんの人の良さ、そして何よりも感謝の気持ちが、真っ先にAさんに贈りたいという気持ちになったのだ。 
 
そしてそのお返しに、Aさんが僕の人生に初めてのお歳暮を贈ってくださった。 
 
Aさん、本当にありがとうございます。
  
 

今年は思いもかけない人から、お歳暮やらお礼やらいただいています。
ちょっと辛いことが重なった年末、でも他のところでちゃんと縁をつないできたんだなあと思いました。

修論が終わったらやっぱり、地球宿に行きたいな。
今とっても貧乏だから、行けるかどうか確約できないけど、
なにもイベントがない時に、同級生を誘って行くね。
はるか ..12/14 16:54(Tue)

>はるかさん

人生、トータルではプラスマイナスゼロ、なんて話しも聞いたことがあります。

僕も日々を大切に、家族も含め出会う人たちに誠実につき合っていくことを意識しています。

修論終わったらぜひ来てください。静かな時がいいよね。
望三郎 ..12/15 8:20(Wed)

>> 返信

<<BACK 11日 仲間たちの忘年会続く

NEXT>> 13日 夢の棚卸


 

++ Powered By 21style ++