| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |


望三郎の地球宿づくり日記
信州安曇野で農的生活をしながらコミュニティ宿をやっている宿主望三郎の
宿づくりや夢の実現に向けて奮闘する様子を日記スタイルで紹介します。

・新しく返信機能をつけました。よろしければ感想などコメントしてください。
・NEW !マークは2週間以内に書かれたものです。
・写真はクリックすると大きくなります。
・安曇野地球宿プロジェクトのページへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

2009. 5. 31. Sun もう一つのロングステイ
2009. 5. 29. Fri さあ明日から田植えです
2009. 5. 28. Thu 小笠原からの出産ステイ
2009. 5. 27. Wed 北沢夫婦、一時安曇野帰省
2009. 5. 24. Sun AZUMINOジャグバンド、ついにデビュー!
2009. 5. 23. Sat 5月の畑NOW
2009. 5. 22. Fri 苗が「私たちを植えてね。」と言っている。
2009年 5月
SunMonTueWedThu FriSat
- - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - - - -

 

2009. 5. 24. Sun
      AZUMINOジャグバンド、ついにデビュー!
本日アースデイ!明科にある野外ステージ「せせらぎ」はお祭りムード一色に。素敵なミュージシャンたちによるライブ。雅ちゃん、大浜えっちゃん、えりなちゃんの手作り料理の店「ぬくぬくおてんとスタンド」や荷見さんの木工遊びの店も。 
 
サブニュマのアフリカン太鼓や今回初めて知ったオギタカやMAI&Wファンタジー。bettyさんのエイサー琉球太鼓も初めて見たし、アイレにはゲストでkeycoさんが来てくれて、オリジナルの「きっと大丈夫。」を歌ってくれた。いつものふまちゃんの声が育ての親なら、keycoさんの歌は生みの親に会ったとでもいいましょうか。鳥肌立っちゃいました。 
 
とにかく音楽がみんな素晴らしい。10代の頃って音楽ってテレビやラジオから聞こえてくるものしか知らなかったけど、こうやって僕らの住んでいる街に身近に触れられる素晴らしい音楽があることを知ったのが、この安曇野だった。 
 
ミュージシャン同士、お互いに仲がよく、声をかけたら飛び入りで一緒にセッションするのもとてもいいなあ〜と思った。音楽が人の心を繋ぐんだね。 
 
で、我らがAZUMINOジャグバンドはなんとトリでした。雨が降ってきてくれたお陰で野外から室内にステージが変り、その代わりオーディエンスとの距離が無くなり一体化。伝説のバンドを目指していたのだけど、いきなり伝説的なデビュー?を飾りました。 
 
あ〜いつもバンドは見る側だった。声を出して叫ぶ方だった。なのに、ヒデの夢とみんなのお陰で、人生初めてライブでギターを弾き、歌っちゃいました。素人ばかりで特別な才能が無くても、もこんなに素晴らしい音楽ができちゃう。それが感動を与えちゃう、自分も感動しちゃう。それがAZUMINOジャグバンド。 
 
みんな、ありがとうね〜。
  
 

本当に伝説的なデビューでしたよ!
皆とっても楽しそうで、気持良さそうでした。
素敵な一日を過ごすことができました♪
betty ..5/30 6:24(Sat)

>bettyさん

ライブ、本当に楽しかった。病み付きになりそう。(笑)
bettyさんの太鼓の姿も初めて見ました。
カッコよかったですよ。
いいよね〜、打ち込めるものがあるって。
望三郎 ..5/30 12:03(Sat)

音楽はいいよね^^。
またいっしょにやろうぜ。
yuji ..5/31 0:37(Sun)

>yujiさん

音楽はいい。10代まではチャートに載るようなアーティストの音楽。20代は音楽を聴かず。30代でヒートウェイブ、馬場俊英。
そして宿が始まってからは、僕らと同じ、街や村に住んでいる市井のミュージシャンとの出会いが増えています。こんな素敵な音楽があったんだ、こんな素敵な音楽家がいたんだ、って感動しています。

僕もそのミュージシャンの一人になりました。(笑)
望三郎 ..6/1 22:17(Mon)

>> 返信

<<BACK 23日 5月の畑NOW

NEXT>> 27日 北沢夫婦、一時安曇野帰省


 

++ Powered By 21style ++