| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |


望三郎の地球宿づくり日記
信州安曇野で農的生活をしながらコミュニティ宿をやっている宿主望三郎の
宿づくりや夢の実現に向けて奮闘する様子を日記スタイルで紹介します。

・新しく返信機能をつけました。よろしければ感想などコメントしてください。
・NEW !マークは2週間以内に書かれたものです。
・写真はクリックすると大きくなります。
・安曇野地球宿プロジェクトのページへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

2009. 5. 31. Sun もう一つのロングステイ
2009. 5. 29. Fri さあ明日から田植えです
2009. 5. 28. Thu 小笠原からの出産ステイ
2009. 5. 27. Wed 北沢夫婦、一時安曇野帰省
2009. 5. 24. Sun AZUMINOジャグバンド、ついにデビュー!
2009. 5. 23. Sat 5月の畑NOW
2009. 5. 22. Fri 苗が「私たちを植えてね。」と言っている。
2009年 5月
SunMonTueWedThu FriSat
- - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - - - -

 

2009. 5. 11. Mon
      10years
久しぶりに訪れた共同体。20代の10年を過ごした場所だ。ここでの10年が今の自分のベースになっていると思うことがある。 
 
かつてここで村づくりをしながら、自分自身にに向き合い、自分の生き方や心のあり様を見ていくことをやってきた。たくさんの気づきと今もつき合えるかけがえのない仲間ができた。僕の人生観、純粋性はここで確立したとも言える。ここでの経験が僕の人生の糧になり、今の安曇野での実動に繋がっている。 
 
かつての仲間で今もここでやっている人たちはたくさんいて、久しぶりに会ってみると、やはり僕と同じようにみんな少しづつ老けていた。僕が30代を存分に生きてきたように、彼らもまたこの10年を存分に生きてきたんだと思う。 
今回の訪問は安曇野での増田ファミリーの暮らし振りや地球宿のことを聞いてもらいたくて、また今の共同体がどんなふうで、仲間たちがどんな思いでやっているのかを聞きたくてやってきた。僕のために集まってくれた人たちとじっくり話すことができた。 
 
わざわざそんなことしに行かんでも、という人もいたが、僕にとってここの人たちは今も仲間だ。そしてこの共同体は特別な場所だ。そんなことを今回思った。これからも繋がりやりあっていきたい。この安曇野にも迎え入れたい。
  
 

よかったね☆
どうだったのか?気になってましたぁ。

今、私のベースにもなっています。
そしてそれはなくなることはなく、よりハッキリ捉えることが出来る様になってます。
またゆっくり話そうね♪
さよこ@千葉県 ..5/16 21:23(Sat)

>さよこ@千葉県

どんな過去も今と未来のために必要なことだったんだと思うようになりました。
今日はヒッチハイクをしていたフランス人を乗せたよ。いい天気でした。ちなみにフランス語でIl fait beau=bouは「天気がいい」です。ボウだと自己紹介してIl fait beau=bouと言ったら笑ってた。
望三郎 ..5/18 13:24(Mon)

>> 返信

<<BACK 10日 今日から3日間、三重の旅

NEXT>> 12日 帰りはヒッチハイク


 

++ Powered By 21style ++