| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |


望三郎の地球宿づくり日記
信州安曇野で農的生活をしながらコミュニティ宿をやっている宿主望三郎の
宿づくりや夢の実現に向けて奮闘する様子を日記スタイルで紹介します。

・新しく返信機能をつけました。よろしければ感想などコメントしてください。
・NEW !マークは2週間以内に書かれたものです。
・写真はクリックすると大きくなります。
・安曇野地球宿プロジェクトのページへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

2008. 9. 30. Tue 幸せ度300%の9月地球宿
2008. 9. 29. Mon 野村ファミリーの出発の日に
2008. 9. 23. Tue 稲刈りやります。援農募集!
2008. 9. 22. Mon 9/27ごみ問題を考える集いin安曇野 のお知らせ
2008. 9. 21. Sun 直売所初出荷
2008. 9. 20. Sat 風、初めての運動会
2008. 9. 19. Fri あづみ野創作工房 デビュー企画のお知らせ
2008年 9月
SunMonTueWedThu FriSat
- 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
- - - -

 

2008. 9. 15. Mon
      地球宿は子宮宿
今日から数週間、産後ステイのファミリーを迎え入れる。ことの始まりは7日の1周年イベント第3弾の「生命(いのち)よ、こんにちわ」に遡る。まだほんの1週間前のことで、とっても急展開の話。 
 
参加者の中にさゆりさんのもとで勉強した助産師石田さんとその石田さんのところで産む同じ三郷在住の野村さんがいた。7日の時に既に予定日が来ていたのだが、まだ生まれる気配もないので一緒に参加してくれていた。 
 
その場の中で昨年地球宿で出産ステイをした桑原ファミリーの話も出たり、悦子と奥さんのあゆみさんとで話をして、よければ地球宿にどうぞということになった。そしてその翌朝には地球宿で産後ステイをしたいと言うメールを頂いた。 
 
男の子の赤ちゃんが11日に生まれ、和音(なお)と名付けられた。そして1周年イベントも終わって一区切りついた今日から野村ファミリーはやってきた。 
 
パパたっちゃんに、温(はる)、映(あき)の2人のお兄ちゃんも一緒。家が近くなので、基本的にはパパとお兄ちゃんたちは家に帰るが、ご飯を食べたり、お風呂に入ったりと一緒に暮らすことになるだろう。 
 
悦子もこうやって赤ちゃんとお母さんのお世話ができて嬉しそう。 
地球宿の1周年の時に幸せなプレゼントを頂いた。 
 
地球(チキュウ)宿はやっぱり子宮(シキュウ)宿だ。
  
 

>> 返信

<<BACK 14日 地球宿1歳の誕生日

NEXT>> 16日 いろんな人が来てくれる


 

++ Powered By 21style ++