| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |


望三郎の地球宿づくり日記
信州安曇野で農的生活をしながらコミュニティ宿をやっている宿主望三郎の
宿づくりや夢の実現に向けて奮闘する様子を日記スタイルで紹介します。

・新しく返信機能をつけました。よろしければ感想などコメントしてください。
・NEW !マークは2週間以内に書かれたものです。
・写真はクリックすると大きくなります。
・安曇野地球宿プロジェクトのページへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

2008. 7. 31. Thu これを幸せと言うのだろう
2008. 7. 30. Wed 夏の地球宿、ゲスト賑やか
2008. 7. 28. Mon 我が家の番長
2008. 7. 27. Sun 夏の改修その2
2008. 7. 26. Sat 真夏の改修その1
2008. 7. 23. Wed サンダルを買うと
2008. 7. 22. Tue 安曇野地球宿通信第23号
2008年 7月
SunMonTueWedThu FriSat
- - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- -

 

2008. 7. 6. Sun
      手ごわい小麦収穫
 演劇公演が終わり、しばらく後回しにしていた田畑も手をつけていかなければならない。田んぼのヒエ取り、小麦収穫、ブルーベリーの潅水、その他諸々。さあやるぞ〜〜。 
 
 と言うわけで今日は小麦収穫。昨秋うどん用の中力粉小麦とパン用の強力粉小麦の2種類を植えた。順調に育ってくれたのだが、風雨でほぼ全倒状態。なぜこんなにも倒れてしまったのか。伊賀地区オレゴンという背が高くなり倒伏し易い品種というせいもあるが、麦踏をしなかったのが大きな原因。冬の寒さで凍み上がり、踏んでない分根も細い。そうか、あの時麦踏の手間を省いたのが、こんな結果に現れるとは。トホホ…だ。 
 
 朝早くから手鎌を持って、サクっサクっと麦を刈っていく。日が差し始め蒸し暑くなってきた。さらにサクっサクっ。2時間ほどやってもなかなか進まない。そこに近所のママ友もう一人の悦子さまが娘フキちゃんと登場。天使のように見えました。さらに悦子や子どもたちも登場。そうこうしていると津村農園の研修生アキラ登場。そして最後に大御所津村君登場。津村君が作業に加わるとかなりスピードがアップする。津村馬力だ。 
 
 というわけで中力粉分の小麦は全て刈り終え、ハーベスタで脱穀も終了。畑にはこぼれ麦がたくさんでしたが、100点でなくていい60点で大合格にしよう、そう思うことにした。よし、これで地球宿オリジナル乾麺を作るぞ。 
 
 残りのパン用小麦の収穫はこれから。晴れが続いた2日目ぐらいに収穫します。応援募集。特典、作業日の食事と収穫後地球宿悦子特製パンを食べていただきます。
  
 

>> 返信

<<BACK 3日 『約束の水』安曇野公演

NEXT>> 11日 2種類のアイガモ


 

++ Powered By 21style ++