| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |


望三郎の地球宿づくり日記
信州安曇野で農的生活をしながらコミュニティ宿をやっている宿主望三郎の
宿づくりや夢の実現に向けて奮闘する様子を日記スタイルで紹介します。

・新しく返信機能をつけました。よろしければ感想などコメントしてください。
・NEW !マークは2週間以内に書かれたものです。
・写真はクリックすると大きくなります。
・安曇野地球宿プロジェクトのページへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

2008. 7. 31. Thu これを幸せと言うのだろう
2008. 7. 30. Wed 夏の地球宿、ゲスト賑やか
2008. 7. 28. Mon 我が家の番長
2008. 7. 27. Sun 夏の改修その2
2008. 7. 26. Sat 真夏の改修その1
2008. 7. 23. Wed サンダルを買うと
2008. 7. 22. Tue 安曇野地球宿通信第23号
2008年 7月
SunMonTueWedThu FriSat
- - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- -

 

2008. 7. 11. Fri
      2種類のアイガモ
 たくさん死んでしまった今年のアイガモたちだが、今は7羽で落ち着いて毎日を推移している。体も大きくなってきたし、もう大丈夫だろう。 
 ところで7羽だと田んぼへの除草効果や追肥効果が弱くなるのではないか。そこでアイガモ農法をやっている知り合いにお願いして2羽レンタルすることにした。昨年はうちから6羽レンタルされていったが、今年はお借りすることに。 
 
 その2羽はうちで放しているのと品種が違う。うちが黒いのに対して、こちらは黄色く、成長も早いのか体も一回り以上大きい。この2羽を放してみた…。 
 
 すると最初は少し互いに様子を伺っていたのだが、大きい新入りの2羽が元々いた7羽を攻撃するような動きを見せた。7羽は数で勝負しようとするのか、固まって近づくのだけど、2羽から追い立てられ、敗走してしまう。 
 
 こんな様子だと同じ小屋にいるのは無理だろう。これでまた小屋に戻れず、泳ぎ疲れて死ぬなんてことだけはないように願いたい。 
 広い田んぼの中で7羽と2羽がそれぞれ泳いでいる。たまたま出くわすとびっくりしたように逃げるし、それを追い回す。 
  
 これドキュメントビデオにしたら面白いのになあ、とカモたちの異品種間交流を観察していて思う。おいおいカモ君たち、頼むから仲良くやってくれよ、と言いたくなる。 
 
 そんなこんなで4日が経ったある日田んぼに行ってみると、なんと2羽と7羽が一緒の群れで泳いでいるのではないか。君たちお友達になったのね。なんともほほえましく、嬉しい光景だった。 
 
 カモ君たち、最後までよろしく頼みますよ。
  
 

よかったー。あいがもたち会ってみたいです♫
akimi ..7/12 12:35(Sat)

>akimiさん

久しぶり!元気にしてる?
カモさんたちの様子を観察していると面白い。
今はなぜだか黒グループの方がユウセイな感じ。
最初意地悪に見えた黄色かもさんたちが弱気に見えてくるから不思議。
望三郎 ..7/16 9:13(Wed)

>> 返信

<<BACK 6日 手ごわい小麦収穫

NEXT>> 20日 地球宿一周年


 

++ Powered By 21style ++