| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |


望三郎の地球宿づくり日記
信州安曇野で農的生活をしながらコミュニティ宿をやっている宿主望三郎の
宿づくりや夢の実現に向けて奮闘する様子を日記スタイルで紹介します。

・新しく返信機能をつけました。よろしければ感想などコメントしてください。
・NEW !マークは2週間以内に書かれたものです。
・写真はクリックすると大きくなります。
・安曇野地球宿プロジェクトのページへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

2008. 3. 31. Mon 会社勤め最後の日、アサヒビールよありがとう
2008. 3. 25. Tue 風、卒園
2008. 3. 24. Mon 犬を預かる宿
2008. 3. 23. Sun 『籾は死なず』
2008. 3. 21. Fri リッツカールトンと地球宿
2008. 3. 20. Thu 親子カフェ+手仕事市報告
2008. 3. 15. Sat '08年米づくり〜今年はこんな感じでやってみます〜
2008年 3月
SunMonTueWedThu FriSat
- - - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - - -

 

2008. 3. 2. Sun
      マイシェルフ作り
 かねてからやりたかったマイシェルフ(棚)作り。荷見さんによるなんとも贅沢なマンツーマン指導でやってみた。 
 
 木材は豊科の知り合いの方からの提供ルートが確保できており、指導できる親方(=荷見さん)もいる。道具も集めれば、5人ぐらいでのマイシェルフづくりワークショップが開けるというのが、僕と荷見さんの構想。まずは自分が作ってみようということで、今日の場になった。 
 
 板の荒加工までやってくれていたので、寸法を測って墨を引くところからスタート。板の水平や平行を出すために、ゼロコンマ単位で寸法を測っていくが、そもそもノコで真っ直ぐ切ったりすることができない。なかなか大変。 
 
 昼飯休憩の後、ほぞを削り、側板にアールをつけて部材が大方できる。そして今度はやすりで仕上げていく。縁の部分がとんがっているので、それに丸みをつけていく。磨けば磨くほど、手触りが良くなる。加工した部分のすべすべさに、原材の木皮が残った部分がアクセントを付ける。前半のゼロコンマの寸法取りの緊張具合の後だけに、この仕上げが結構楽しく、やみつきになる。 
 ほぞ穴に板を組み入れ、横からビスを打つ。ビスが隠れるように穴をつける。この辺もひと手間ふた手間かかるけど、やっぱインテリア家具だからね。仕上がりが大切。 
 
 そして棚が出来上がりました。やった〜〜!! 
 う〜ん、この棚板の自然の作った曲線がなんともいい感じ。  
 
 でも、こうやって自分だけのオリジナルの棚が創れるのは嬉しいよなあ。こんなワークショップやれば、やってみたい人いるんじゃないかなあ。お父さんだけじゃなく、ママたちによる、台所の調味料棚づくりとか、子どもバージョンとか。あれこれやっていけそう。  
 
 取り合えず、この棚、親子カフェ+手仕事市の出展者の誰かに、展示台として使ってもらおう。んで、このマイシェルフも紹介しちゃおう。
  
 

ご無沙汰しております。こちらは杉花粉がうっとうしい季節に突入してまいりました。ハンドメイド、うらやましいですぞ。CDを入れる棚とか作りたいな。ワークショップ是非開催してください。

追伸
小夏が人生最初に頂いた、荷見さん謹製「木製おしゃぶり」の上部が割れてしまいました。良い修繕方法あればお知らせください。
いさお ..3/5 1:13(Wed)

>いさおさん

お久しぶりです。家族みんな元気に暮らしてますか?
子どもたちは、それぞれ大きくなってるんだろうな。
次回会うのが楽しみ。(笑)

ワークショップやるからね。CD棚もいいねえ。

おしゃぶりの件、荷見さんに聞いとくね。
望三郎 ..3/6 23:46(Thu)

>> 返信

NEXT>> 3日 お勤め、あと1ヶ月


 

++ Powered By 21style ++