| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |


望三郎の地球宿づくり日記
信州安曇野で農的生活をしながらコミュニティ宿をやっている宿主望三郎の
宿づくりや夢の実現に向けて奮闘する様子を日記スタイルで紹介します。

・新しく返信機能をつけました。よろしければ感想などコメントしてください。
・NEW !マークは2週間以内に書かれたものです。
・写真はクリックすると大きくなります。
・安曇野地球宿プロジェクトのページへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

2008. 3. 31. Mon 会社勤め最後の日、アサヒビールよありがとう
2008. 3. 25. Tue 風、卒園
2008. 3. 24. Mon 犬を預かる宿
2008. 3. 23. Sun 『籾は死なず』
2008. 3. 21. Fri リッツカールトンと地球宿
2008. 3. 20. Thu 親子カフェ+手仕事市報告
2008. 3. 15. Sat '08年米づくり〜今年はこんな感じでやってみます〜
2008年 3月
SunMonTueWedThu FriSat
- - - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - - -

 

2008. 3. 13. Thu
      もう始まっている
 勤め最後の月とは言え、多数の新商品発売のある今月はかなり忙しい。忙しいながらも、有給休暇をしっかり消化するのが僕のいいところ。 
 
 今日は休みをとって田んぼ開幕デー。今年は雪が遅くまで残っていたが、最近の暖かさで溶けていて田畑に入れるようになった。今日はグッと進めるぞ〜と早起きした。 
 
 まず田んぼの肥料になる鶏糞を友人が働く養鶏場にもらいにいく。発酵を終えたサラサラ鶏糞を頂く。それをトラックに積み、暁生・孝夫の分も運んで3往復。 
 今日の仕事は相方がいた。地元の仲間農家に居候しながら、農業研修をしているアキラ君19才。いろんな家庭でお世話になりながら、労働力でお返ししている。 
 
 鶏糞を運び終えると、今度はそれを田んぼに配置。60本の堆肥が田んぼに均一に撒けるように均等に配分していく。今年からは軽トラにつんで田んぼの中を走ることにした。2人でやったせいもあって楽勝。昨年は田んぼの中を走って運んでいたからなあ。四駆軽トラに感謝だ。 
 配置後、鶏糞散布。ホコリまみれになる。そして最後にトラクターを取りに行き、ロータリーかけ。 
 
 今、界隈を走れば、至る所で農作業を始めている人を目にする。今までの冬のゆったりモードから、農作業モードへと切り替わっている。これも安曇野の春景色の一つだと思う。さあ始まるぞ、と今年も作業の大変さを覚悟しながらも、活動期を迎えることにワクワクする思いも混じったそんな感覚。 
 
 田んぼの隣のおばちゃんたちとも、今年もよろしくお願いします、とおしゃべり。田んぼのおかげで顔馴染みになれた。おばちゃんたちとのやり取りも再開だ。 
 
 田んぼ仕事が終った後、さらにもう一仕事。ブルーベリーを植える畑のトラクターがけ。ブルーベリーはフカフカ土壌がいいので、撹拌して土をほぐしてやる。今まで雪の下で眠ってコチコチだったからね。眠りから起こしてやるようなもんかね。 
 トラクターをかけながら、この場所にたくさんの人がブルーベリー摘みをしている様子を想像してみた。ロータリーがかかり、黒く整地されていった後を眺めていると、初めてその情景が具体的にイメージできた。イメージできたことはやれる。いけるぞ。そう思った。 
 
 いつの間にやら辺りは暗い。家に帰ろう。 
 
 もう始まっている。
  
 

聞いているだけで、こっちもわくわくします。

今年は田植え、稗取りに行きたいと思っています。
稲刈りは、学校の運動会次第。
そして、長女は脱穀をしたいんだとか!

子どももやりたいことが見えてきて、そろそろ親の元から離れていきそう。
だからこそ、この一年を大切にしたいと思っています。
はるか ..3/18 23:44(Tue)

>はるかさん

ヒエ取りも来てくれるんだ。嬉しいね。
脱穀は、脱穀したその日に新米で食べよう。
正真正銘の新米を食べてみようよ。
どんなに美味しいか。
もちろん塩むすびで。
秋の話だね。
頑張って今年も作ります。
望三郎 ..3/21 23:55(Fri)

>> 返信

<<BACK 9日 安曇野で暮らしたい〜家を探しています〜

NEXT>> 14日 津村孝夫くんとひさみさんの結婚を祝う会


 

++ Powered By 21style ++