| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |


望三郎の地球宿づくり日記
信州安曇野で農的生活をしながらコミュニティ宿をやっている宿主望三郎の
宿づくりや夢の実現に向けて奮闘する様子を日記スタイルで紹介します。

・新しく返信機能をつけました。よろしければ感想などコメントしてください。
・NEW !マークは2週間以内に書かれたものです。
・写真はクリックすると大きくなります。
・安曇野地球宿プロジェクトのページへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

2007. 4. 30. Mon 地球宿へ改修その7〜天井を抜いた!〜
2007. 4. 29. Sun 地球宿へ改修その6〜宿づくり合宿始まる〜
2007. 4. 27. Fri 地球宿へ改修その5〜宿づくり合宿をやりたいわけ〜
2007. 4. 26. Thu 地球宿へ改修その4〜改修状況〜
2007. 4. 22. Sun 地球宿へ改修その3〜打ち震える宿づくり〜
2007. 4. 21. Sat ジャガイモ定植
2007. 4. 17. Tue 安曇野地球宿通信第18号〜地球宿づくり合宿やるよ!〜
2007年 4月
SunMonTueWedThu FriSat
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
- - - - -

 

2007. 4. 27. Fri
      地球宿へ改修その5〜宿づくり合宿をやりたいわけ〜
 宿づくり合宿を呼びかけたところ、たくさんの人から連絡を頂いた。 
 まず驚くのはミクシィで呼びかけたところ、まったく初めての人が4人も来てくれることになった。家づくりや古屋の改修に興味のある人がけっこういるもんだ。他にも昨年取材を受けた信州大学新聞部の学生たちやこれまでの地元&他地域の友人たち。 
 そして小さな子どもを連れたファミリーもいた。小さな子どもということではちょっと考えた。旧家は引越し、新家は改修で雑然としている。人の出入りもかなり多い。そんな中で大丈夫かなと。こちらの混沌とした状況を伝えたところ、以下のような返事をもらった。 
 
「ダンナもデスクワークの人だし、小さい子供もいるわで、かえって足手まといになるかもしれないのが、申し訳ないと思ってるところ。 
でも、そういうただ働きでみんなで何かをつくっていくという場は、そうそうないし、逆にそういう体験の場をボウさんたちに求めてるのかもしれないです。 
私個人としては、ダンナにそういう体験をしてもらいたい、というのもあるし、ダンナにもメールみてもらったけど、「自分個人としてはいきたい」と言ってました。 
今回参加することで、今度宿に泊まるときには、感慨もひとしおかな〜と・・・。颯の第2のふるさとになるとよいよね。」 
 
 そうか、そんなふうに思って来ようとしてくれているんだ。よし、なんとかやれるように考えて受け入れてみよう、そう思った。わざわざ自分たちで手がけているのも、合宿なんて、またまた悦子にプレッシャーを与えるのも、こんな思いを繋ぎ合いたくてやるんだもんね。宿づくりはずっと続いていくけど、この立ち上げの時は1回きり。どうぞ来てください。 
 
 人数は10組15人以上になるかな。宿泊や食事のこと、やってもらう作業の段取りなど、考える要素がいっぱいある。まあやれるだけやってみよう。悦子、今回もよろしくお願いします。 
 みなさんも気をつけて来てくださいね。
  
 

悦子さん、がんばって!!

今日川原ゆきさんに、望くんの話をしましたよ。
はるか ..4/28 2:50(Sat)

>はるかさん

コメントありがとうね。
いつもいつも悦子のことを最優先で考えているわけではないのですが、何かの時にはやはりしっかりと気持ちの面でも行動の面でも負サポートをしなくてはと思っています。悦子が楽に楽しくやれるように。

さて東京で暮らし始めた時に川原夫妻に頂いた冷蔵庫がこの4月に壊れました。無事に一役を終えて廃品となりました。冷蔵庫と共に声をかけてくださった川原さん、ゆきさんにもありがとうございました、です。
次なる冷蔵庫はおばあちゃんが使っていた冷蔵庫をそのまま譲り受けました。これもまた古いんだあ。
望三郎 ..4/28 6:13(Sat)

>> 返信

<<BACK 26日 地球宿へ改修その4〜改修状況〜

NEXT>> 29日 地球宿へ改修その6〜宿づくり合宿始まる〜


 

++ Powered By 21style ++