| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |


望三郎の地球宿づくり日記
信州安曇野で農的生活をしながらコミュニティ宿をやっている宿主望三郎の
宿づくりや夢の実現に向けて奮闘する様子を日記スタイルで紹介します。

・新しく返信機能をつけました。よろしければ感想などコメントしてください。
・NEW !マークは2週間以内に書かれたものです。
・写真はクリックすると大きくなります。
・安曇野地球宿プロジェクトのページへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

2007. 3. 31. Sat たまに出会って手を振って、楽しく過ごして別れよう
2007. 3. 30. Fri 改修についての考え方
2007. 3. 27. Tue 宿になるおばあちゃんの家の写真
2007. 3. 24. Sat 穀物菜食と自然体験の家「なかや」
2007. 3. 23. Fri 打倒松坂!
2007. 3. 21. Wed 『カントリーイン増田家』の終わり
2007. 3. 20. Tue 摘み取り果樹園構想
2007年 3月
SunMonTueWedThu FriSat
- - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

 

2007. 3. 24. Sat
      穀物菜食と自然体験の家「なかや」
 「参りました。」「おそるべし、なかや。」 
 
 長野県南部の豊丘村にある「なかや」という宿に泊まりに行ってきた。1年ぐらい前に悦子がホームページを見つけて、いつか行ってみたいな〜と言ってたのだが、こちらもいよいよ宿を始める段になり、自分たちの宿を、より具体的に描いていくための参考にさせてもらおうと出かけていった。 
 
 山の中、他には誰も住んでないようなところに「なかや」はあった。宿主は井上ファミリー、築80年以上も前の古い家を改修して暮らしていた。家の敷地の中にある畑は、猪が荒らすので柵に囲まれていた。熊も出るという。まさに自然と共にあるのだ。 
 生活も料理は釜戸、お風呂は五右衛門風呂、全て薪で焚いていて、家のあちらこちらに白い煙が立ち昇っている。僕らも2日間過ごして燻された感じだ。露天風呂だ、蔵だ、とそこかしこに手がけているやりかけのものがあり、醤油を作り、キノコを打ち、家を改修し、自給自足の暮らしを家族で楽しんでいる。 
 
 3人の男の子たちがまた逞しい。みな色が黒く、野生児。彼らは砥石で刃物を研ぎ、道具を使いこなして見事なクラフトや遊び道具を作り出す。すぐ近くを流れる河原まで、山道を転ぶことが当たり前といった感覚で下りていく。一緒にスタートした風があっという間に置いていかれた。「かんぞう。」と、道すがら目にした野草に呟き、「あのふきのとうは花が咲いてもう苦い。」と声をかけてくる。特に長男の双葉君にはハートを掴まれた。井上家は学校に行くことを今は選択せずに、ホームスクール、要は家で双葉君を育てている。彼は太鼓を叩き、弟たちがそれに合わせて掛け声を入れる。ギターで楽しそうにハートフルな歌を歌う。この暮らしの中で、五感が研ぎ澄まされ、生きていくための最も根源的なものを身につけていっている。 
 
 まさにここは「宿」ではなく、井上家の「家」。まず何よりも自分たちの暮らしありきだ。しかし、その暮らしの中身に少なからずカルチャーショックを受けた。突き抜けている。徹底している。冒頭の言葉通りだ。そしてゲストはその突き抜けた生活と暮らしの一端を一緒に楽しむのだ。 
 
 さて増田家の場合、地球宿の場合はどんなものだろうか?何が突き抜けていけばいいのだろうか?
  
 

面白い宿ですね。
こんなところがあるんだ。
行ってみたいな〜。
さて望さんの地球宿、どんどん展開していきますね。
楽しみだよ〜。
やよい ..3/25 23:50(Sun)

日本は、こうやって大人も子供も逞しく過ごす環境を、
物質主義に重きを置いてしまったが故にどんどん減らして
しまったのでしょうね。

でもその大事なことを改めて見つめなおしている人がいること、
それを実行している人がいることが、未だ日本もいける!と
思えます。

私も続けるように!
ukkey_maUmi ..3/26 12:20(Mon)

う〜ん...またしてもテレビの中の世界だ...!!

世の中にはいろんな方がいらっしゃるとは思うけど望兄のおかげでそういう方の存在が身近になるから不思議な気分やわ。

PCから目を離し、ふと現実に戻ると、いろんな意味で考えさせられることよくありますねん...。
しろきち ..3/26 20:27(Mon)

>やよいさん、ukkey_maUmiさん、しろきちさん

コメントありがとう!

>やよいさん

「なかや」おすすめですよ。穀物菜食でやってます。
ぜひ行ってみてください!悦子が養生園の料理をやよいちゃんに見せてもらいたいと言ってました。料理教室みたいなのやってませんか?

>ukkey_maUmiさん

「なかや」おすすめです。これも一つの暮らし方だなと。突き抜けていますが・・・。(笑)でも子供たちが本当にかわいいんだ。
インフルエンザは回復しましたか?

>しろきちさん

「なかや」には一度行ってみては?かなりカルチャーショックだぞ!
望三郎 ..3/27 5:52(Tue)

>> 返信

<<BACK 23日 打倒松坂!

NEXT>> 27日 宿になるおばあちゃんの家の写真


 

++ Powered By 21style ++