| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |


望三郎の地球宿づくり日記
信州安曇野で農的生活をしながらコミュニティ宿をやっている宿主望三郎の
宿づくりや夢の実現に向けて奮闘する様子を日記スタイルで紹介します。

・新しく返信機能をつけました。よろしければ感想などコメントしてください。
・NEW !マークは2週間以内に書かれたものです。
・写真はクリックすると大きくなります。
・安曇野地球宿プロジェクトのページへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

2006. 8. 28. Mon 『決意の朝に』
2006. 8. 26. Sat ファミリーキャンプ
2006. 8. 23. Wed ワークキャンプ in 安曇野'06C〜地球宿の原点〜
2006. 8. 20. Sun ワークキャンプ in 安曇野'06B 『良いワークキャンプができました。あ....
2006. 8. 19. Sat ワークキャンプ in 安曇野'06A〜インターンシップと熱い安曇野の夜〜
2006. 8. 18. Fri ワークキャンプ in 安曇野'06@〜いよいよ始まる!〜
2006. 8. 17. Thu ワークキャンプ前日
2006年 8月
SunMonTueWedThu FriSat
- - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- -

 

2006. 8. 8. Tue
      女子大生のゼミ合宿
 只今2泊3日の女子大生のゼミ合宿を受け入れている。きっかけは2月に行った東京武蔵野で交流『安曇野からこんにちわ。』。そこに来ていた実践女子大学のA先生が、なぜか僕に興味を持ってくれて、その後松本出張の際に話をしたりして、この夏のゼミ合宿に繋がった。Aさんとはまだ会って数回なのだが、この縁もまた不思議なものだ。 
 
 さてゼミ合宿と行っても我が家で勉強するわけではない。安曇野の観光と農村の地域文化を学ぶといった一応の目的があるが、僕の田んぼに案内して、アイガモ農法と米づくりへの思いを語ったり、高い展望台に上り、今自分たちがいる安曇野を俯瞰させたり、今日は先生に連れられて美術館や史料館を巡るなど、安曇野という地域を散策して回っていた。 
 
 大学の先生って、自分の好きな勉強に打ち込める環境があるからか、純粋というかちょっと強引というか、学生たちもナンだか良く分からないまま連れて来られている感があった。最初は戸惑いがちだった彼女たちを寛がせる一役を担ったのが風だった。たくさんのお姉ちゃん達に可愛がってもらい、楽しそうにやりとりをしていて、学生たちも和んだようだ。 
 
 我が家に8人もの人数は宿泊出来ないので、近所の知り合い農家の離れを貸して頂き、その畑庭で夕方はBBQとなった。BBQの前に、少しだけでも「援農」をと思い、桃の袋を外すという作業をやったのだが、袋だけでなく桃も落としてしまう始末。慌ててやめさせた。宿のゲストによる農家への援農という構想を描いているものの、なかなか思ったようにはいかないものだ。 
 
 3日目最終日には出発前に車座になって感想を聞かせてもらった。21〜22歳の可愛らしい女の子たち。風もいずれはこんなふうに成長するのだろう。僕は「今度は彼氏と来たり、結婚して子どもができて家族と来たり、その子どもが大きくなってまた彼氏と来たり、そんなふうに身近な家にしてもらいたい。」と伝えた。先生が「俺はもうすぐ死ぬけど、何かあったらここに来い。」みたいなことを言ってくれていた。 
 かみ合ってるのか、かみ合ってないのか分かんないような先生と生徒達だったが、やっぱり来てもらって嬉しかったな。またいつでも来てほしいな。
  
 

>> 返信

<<BACK 6日 06年米づくりJ〜ヒエ取り終わり、そして穂が出た!

NEXT>> 12日 06年米づくりK〜アイガモの陸上げ〜


 

++ Powered By 21style ++