| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |


望三郎の地球宿づくり日記
信州安曇野で農的生活をしながらコミュニティ宿をやっている宿主望三郎の
宿づくりや夢の実現に向けて奮闘する様子を日記スタイルで紹介します。

・新しく返信機能をつけました。よろしければ感想などコメントしてください。
・NEW !マークは2週間以内に書かれたものです。
・写真はクリックすると大きくなります。
・安曇野地球宿プロジェクトのページへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

2017. 10. 13. Fri 選挙も残すところあと1日
2017. 10. 12. Thu お茶の間選挙フェス、やります!
2017. 10. 05. Thu 演説動画と明日6日夜はふまちゃんとのトークライブ
2017. 10. 02. Mon 政治トークライブをやってみて
2017. 9. 18. Mon 望三郎からの内部連絡
2017. 9. 17. Sun 風、16歳の誕生日
2017. 9. 15. Fri 市議の任期4年を振り返る 言葉のチカラ
2018年 1月
SunMonTueWedThu FriSat
- 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - -

 

2017. 10. 13. Fri
      選挙も残すところあと1日
いよいよ残すところあと1日。 
 
安曇野の有権者で、改めて増田望三郎のことをどんな奴かと吟味されている方。望三郎のこの4年の議員活動については以下をご覧ください。 
http://bouzaburo.blog.fc2.com/ 
 
そしてもし、「望三郎には次も議会で頑張ってもらおう。」と思ってくださるなら、明後日の日曜日15日に投票をお願いします。15日に投票に行けない方は既に各支所で行われている期日前投票に行ってください。 
 
そしてご家族やご友人知人にも望三郎の紹介をお願いします。 
 
議会のことを少しだけ書きます。 
 
議会を構成する議員の年齢構成を言うと平均年齢は68歳。70代前後の方たちが多数を占めており、望三郎は48歳にしてダントツの議会最年少です。 
 
ここで政治の役割は何か?と考えてみます。 
 
政治の役割、それは安曇野市の5年後、10年後、20年後、すなわち安曇野市の未来がどうあったらいいのかを、しっかりと議論し、今できることを手を打っていく。それが政治の役割だと思います。 
 
安曇野の未来に生きているのは誰でしょう? 
それは僕たち30代40代の子育て世代・現役世代、 
10代20代の若手世代、そして僕たちの子どもたちです。 
 
安曇野の未来を決めていく政治の場に、未来に生きる当事者である僕たちがもっと関わっていかなければ。 
僕はそう思って議員になりました。 
 
この4年の中でも、小さいながらも政治塾を開催し、地方自治や議会の役割、市民と議員との関係などを考える場をつくり、若い世代の政治参加を呼びかけてきました。僕が切り拓いた道に後に続く人たちがきっと出てくるでしょう。 
 
また議会の様子をブログや通信などを通じて、政治を少しでも身近に感じてもらおうと様々な発信をしてきました。 
 
みなさんに政治は身近なものになったでしょうか? 
 
僕はまだ志半ば、もう4年頑張って、安曇野市の政治をよりいいものにしていきたい。僕に続く、若い世代の議員を生み出したい。そして市民と議員とが手を取り合い、心を通い合わせて、安曇野市のまちづくりをやっていきたい。 
 
そう思っています。応援をお願いします。 
 
以下の動画はご参考までに。 
 
望三郎から18歳選挙権を持つ高校生へのメッセージ 
https://youtu.be/Deg3WM0s7-g 
 
望三郎、夢を語る&安曇野への思い 
https://youtu.be/lJT2CCgs_Y8 
 
安曇野の田園環境を守ろう! 
https://youtu.be/kh5cHBnmqxE 
 
市議望三郎のホームページ 
http://bouzaburo.com/
  
 

>> 返信
 

2017. 10. 12. Thu
      お茶の間選挙フェス、やります!
望三郎選挙がまたまたおもしろいことやっちゃいます。 
 
選挙期間最終日14日(土)のイベントです。 
 
市議選候補者 小林純子さん×増田望三郎×サポーターのみなさんによるトークライブ「お茶の間選挙フェス!」です。 
 
1部は市議選に立候補した純子さんと望三郎が今回の選挙を振り返ります。 
 
2部は今回、純子&望三郎選挙に関わったサポーターのみなさんにも、どんどん出演してもらって、 
 
みんなが選挙を通してどんな体験をし、どんな味わいをしたかを語ってもらいます。 
 
3部は会場内外の方たちからの感想や質問を語ってもらいます。 
 
ライブ配信やるので、県外からこの選挙を注目している人からのコメントもOK! 
 
双方向でやり取りします。 
 
この1〜3部構成のスペシャルトークライブ、そのコーディネート役はこの人しかいません。 
 
「どんな人の心の機微も逃さずキャッチ、トークの花を咲かせましょう!」の樋口有紀さんです。 
 
有紀さん、よろしくね〜〜。 
 
日時:10月14日(土)夜8時半〜9時半 
 
場所:安曇野地球宿 安曇野市三郷小倉4073-2 
 
ライブ配信:フェイスブック増田望三郎のアカウント 
 
      https://www.facebook.com/boetu 
 
尚、この夜は事務局やってるサニー陽子ちゃんが美味しいカレーを作ってくれています。 
夕方6時ぐらいから食べられるようにしているので、ご希望の方はそちらもどうぞ。 
これは予約制。代金は1人500円です。 
この代金はサニーさんのカレー屋さん開業のカンパになります。 
 
みなさん、選挙期間は14日の深夜24時までです。 
 
最後の最後まで一緒に楽しみましょう。 
  
 

>> 返信
 

2017. 10. 5. Thu
      演説動画と明日6日夜はふまちゃんとのトークライブ
今日はこんな車を作りました。 
さて、この車は何のための車でしょう? 
 
1、移動販売のたこ焼き屋さんを始めるため 
2、全国行脚の旅に出るため 
3、安〇野市〇選のため 
 
みなさん、この車でお会いしましょう。 
 
あと先日行った政治トークライブの直後に、出演してくれた藤井芳広議員(福岡県糸島市)、八木択真議員(伊那市)、そして僕の3人で街頭演説をやりました。 
 
その時の動画が仕上がっています。 
https://youtu.be/1j8Kase0zYg 
 
そして本題。明日の夜のトークイベントのお知らせです。 
 
6日(金)夜8時から地球宿で、ゆくりりっくのふまちゃんと強志君夫妻のミニライブ&増田望三郎とのトークライブを行います。 
 
これもフェイスブックでリアルタイムで配信しますので、ぜひご覧ください。(今度はマイクを使うので音声バッチリだと思います。) 
https://www.facebook.com/boetu 
 
もちろんライブを見に地球宿に来てもらってもいいですからね〜〜。 
  
 

>> 返信
 

2017. 10. 2. Mon
      政治トークライブをやってみて
選挙に突入する前の、一つの目標にしてきたトークライブが終わりました。 
参加者はスタッフやパパママと一緒に来た子どもたちもいれて70人弱ぐらいだったでしょうか。 
農繁期真っ只中の後援会長さんをはじめ、運営に関わってくれたみなさん、ありがとうございます。 
顔見知りの人も多く、僕も脂汗をかかずに安心してノって話すことができました。 
 
はるばる福岡県糸島市から来てくれた藤井芳広議員、そして伊那から来てくれた八木択真議員。 
彼らは同時期に地方議会に飛び込み、1期目の議員としてやりとりを重ね、励まし合ってきた仲間でした。 
そしてここに松本市長を目指す臥雲義尚さんがコーディネーターとして加わってくれました。 
 
新しい地方政治を目指す4人が掛け算となり、熱を高め合い、生きた言葉でのトークライブになりました。 
かみさんの悦子が「みんな分かりやすい話で良かったよ。」と言ってくれました。 
 
僕にとっても、議員としてのこの4年間の節目として、自分の思っていることをしっかりと気持ちを込めて伝えられた場になって満足しています。 
参加したみなさんにそれが届いていたらいいのですが。 
 
トークライブの後は勢いでベイシアに行って街頭演説をしました。 
望三郎→藤井議員→八木議員→そして最後には事務局のトモさんまで! 
以下で聴けますよ。 
https://youtu.be/unm3CRAi7Dk 
 
以下八木議員のブログも読んでみてくださいね。 
http://yagitakuma.exblog.jp/27797373/
  
 

>> 返信
 

2017. 9. 18. Mon
      望三郎からの内部連絡
望三郎です。こんにちは。 
以下、内部連絡です。 
 
議会も終わり、いよいよ市政再挑戦の権利を得る日まで1か月を切りました。 
今朝の新聞には「衆院選10月22日が軸」の記事が。衆院選公示日が10月10日なら、思い切りかぶっちゃいます。分けくちゃ分からんようになるので、それはやめてほしいな〜〜。 
 
さて3つお知らせ。2つ目、3つ目はお願いになります。 
そこまで読んでね〜〜。 
 
 
1つ目。議員の通信簿? 
 
安曇野市議会この4年間の、定例会での25人全議員の発言回数を集計してくれた方たちがいます。「安曇野を考える市民ネットワーク」。 
 
発言は一般質問、議案質疑、討論の3つをカウントし、それを点数化しています。望三郎は・・・。 
 
以下、ご覧下さい。 
http://azsnet.exblog.jp/27535806/ 
 
 
2つ目。公選ハガキ書いてもらえませんか。 
 
選挙の際に「公選ハガキ」と言うハガキを有権者に送れます。 
そのハガキをあなたに書いてもらいたいのです。 
 
年賀状をやり取りしてるような、あなたの友人知人宛てに、望三郎の紹介を一言添えてもらって書いてもらいます。それが事務局を通じて告示日直後に届くというものです。 
 
受け取った人は、直前に友人から「望三郎をおススメ」のハガキが届き、投票に行こう、となるわけです。 
 
2000枚まで出せるのですが、まだ書き切れていません。自分の友達に出してもいいよ、と言う方は公選ハガキを用意するので声をかけてください。 
 
 
3つ目。告示日10月8日のポスター貼りを手伝ってもらえませんか。 
 
選挙の時によく見る選挙ポスターの掲示板。 
市内453か所の掲示板にポスターを貼ります。 
チームを作って手分けして貼りますが、その応援をお願いします。 
 
車の運転、ルート案内、貼り手の3人1チームでやります。 
時間は10月8日(日)朝8時ぐらいから始めて、午前中でやり切る予定です。こちらも「やってもいいよ」と言う方は声をかけてくださいね。 
 
2つ目、3つ目についての問い合わせ・連絡先は 
boetu@d6.dion.ne.jp 
です。 
 
市外の方もOKです。選挙ステイでの宿泊も可能です。 
よろしくおねがいします。
  
 

>> 返信
 

2017. 9. 17. Sun
      風、16歳の誕生日
今日は娘風の誕生日、16才。 
 
風、ステキな女の子になったね。 
  
 

>> 返信
 

2017. 9. 15. Fri
      市議の任期4年を振り返る 言葉のチカラ
議員になって4年。 
数えきれないぐらいの発言の機会を得て、そして発言をしてきました。 
いや、議員になる前の選挙に出る時から、市民や有権者に対して言葉を「意識して」発する、ということをやるようになってきました。 
 
地球宿で、やって来たゲストや地元の仲間たちと懇談する、飲んで語らう、と言うのとは別次元の、言葉を通して社会参加する、社会づくりする。 
それが議員の仕事だと思いました。 
 
今の僕の言葉に心はこもっていただろうか。 
相手の心に響いただろうか。 
うわべだけの飾り言葉でなかっただろうか。 
 
今の発言に言葉のチカラはあっただろうか。 
今の発言は真実だったか。 
 
そのことがいつも問われるのが議員なのだと思います。 
空疎な言葉は音だけが踊る。自分自身も金縛りにあう。 
 
言葉のチカラを信じて、それを自分の武器にして、それがタダのガラクタにも成り下がり、真剣にもなる。 
 
それでもこの4年の議員活動を通じて少しづつ少しづつ、心のこもった言葉で発言していけるようになったと思います。 
 
 
議会最終日の一般質問の動画です。 
http://smart.discussvision.net/smart/tenant/azumino/WebView/list.html 
※「会議名から選ぶ」→「平成29年9月議会」→「9月5日本会議(一般質問)」→「増田望三郎」です。 
30分30秒頃から見てほしい。 
 
 
そして今日は議会が終わった後、持参していたハンドマイクを取り出しました。市役所の前の道路から、市役所の職員に向かって演説をしました。 
 
演説、言葉のチカラがないと全く通じないので、とても苦手なのです。 
それでも任期4年の議会をやり切ったすがすがしさが、今、僕に行政職員に語りかけたい、そう思わせました。 
 
それが以下です。 
 
 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++ 
 
安曇野市役所の職員のみなさま、市議会議員の増田望三郎です。 
 
本日、たった今、定例会が終わりました。 
任期4年16回ある議会の中で、議員として、少しでも安曇野市政をよくしたいと頑張ってきたつもりですが、なにぶん政治素人と勉強不足のため、的外れ、見当違いの提案も多かったかと思います。 
どうぞご勘弁ください。 
 
私が議員になってよかったなあと思えることの一つに、安曇野市という社会が日々滞りなく回っていくために、行政の皆さんが各所各所でそこを成り立たせてくれていることが分かったことでした。 
 
行政は公僕といいますが、けして市民のしもべではない。 
まして議員のしもべでもない。 
私はみなさんを安曇野のために頑張りあっている同志・パートナーだと思っています。 
みなさんの日々の頑張りに改めて感謝をしたいと思います。 
ありがとうございます。 
 
議員という立場上、課長さん、部長さんとのやり取りが多かったわけですが、 
もし次の4年も仕事をやらせてもらえるようになったら、今度は20代、30代、40代の若手の職員の皆さんと腹を割って話してみたい。 
安曇野のことを語り合ってみたい。 
そしてこの安曇野を皆さん方と担っていけるお互いに成り合っていきたい。 
そう思っています。その暁には声をかけさせてもらいます。 
 
最後になりますが、職員の皆さんが、明るく生き生きと仕事ができるように、 
今後も議員の立場から働きかけていきたいと思っています。 
4年間、本当にお世話になりました。ありがとうございます。
  
 

>> 返信

<< 新しい日記へ    過去の日記へ >>



 

++ Powered By 21style ++