| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |


望三郎の地球宿づくり日記
信州安曇野で農的生活をしながらコミュニティ宿をやっている宿主望三郎の
宿づくりや夢の実現に向けて奮闘する様子を日記スタイルで紹介します。

・新しく返信機能をつけました。よろしければ感想などコメントしてください。
・NEW !マークは2週間以内に書かれたものです。
・写真はクリックすると大きくなります。
・安曇野地球宿プロジェクトのページへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

2017. 9. 15. Fri 市議の任期4年を振り返る 言葉のチカラ
2017. 9. 12. Tue 9月30日、政治トークライブやります!「地方議会は必要か?」
2017. 9. 02. Sat 9月2日、原告団総会のお知らせ
2017. 9. 01. Fri さあ9月!地球宿からのお知らせ〜選挙ステイと一般宿泊のお休み〜
2017. 8. 30. Wed 安曇野お仕事体験なるものをやりました
2017. 8. 28. Mon シェアハウス、ぼちぼちスタートしております
2017. 8. 08. Tue 8月19日、一晩だけの居酒屋が地球宿にオープン!
2017年 4月
SunMonTueWedThu FriSat
- - - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
- - - - - -

 

2017. 9. 15. Fri
      市議の任期4年を振り返る 言葉のチカラ
議員になって4年。 
数えきれないぐらいの発言の機会を得て、そして発言をしてきました。 
いや、議員になる前の選挙に出る時から、市民や有権者に対して言葉を「意識して」発する、ということをやるようになってきました。 
 
地球宿で、やって来たゲストや地元の仲間たちと懇談する、飲んで語らう、と言うのとは別次元の、言葉を通して社会参加する、社会づくりする。 
それが議員の仕事だと思いました。 
 
今の僕の言葉に心はこもっていただろうか。 
相手の心に響いただろうか。 
うわべだけの飾り言葉でなかっただろうか。 
 
今の発言に言葉のチカラはあっただろうか。 
今の発言は真実だったか。 
 
そのことがいつも問われるのが議員なのだと思います。 
空疎な言葉は音だけが踊る。自分自身も金縛りにあう。 
 
言葉のチカラを信じて、それを自分の武器にして、それがタダのガラクタにも成り下がり、真剣にもなる。 
 
それでもこの4年の議員活動を通じて少しづつ少しづつ、心のこもった言葉で発言していけるようになったと思います。 
 
 
議会最終日の一般質問の動画です。 
http://smart.discussvision.net/smart/tenant/azumino/WebView/list.html 
※「会議名から選ぶ」→「平成29年9月議会」→「9月5日本会議(一般質問)」→「増田望三郎」です。 
30分30秒頃から見てほしい。 
 
 
そして今日は議会が終わった後、持参していたハンドマイクを取り出しました。市役所の前の道路から、市役所の職員に向かって演説をしました。 
 
演説、言葉のチカラがないと全く通じないので、とても苦手なのです。 
それでも任期4年の議会をやり切ったすがすがしさが、今、僕に行政職員に語りかけたい、そう思わせました。 
 
それが以下です。 
 
 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++ 
 
安曇野市役所の職員のみなさま、市議会議員の増田望三郎です。 
 
本日、たった今、定例会が終わりました。 
任期4年16回ある議会の中で、議員として、少しでも安曇野市政をよくしたいと頑張ってきたつもりですが、なにぶん政治素人と勉強不足のため、的外れ、見当違いの提案も多かったかと思います。 
どうぞご勘弁ください。 
 
私が議員になってよかったなあと思えることの一つに、安曇野市という社会が日々滞りなく回っていくために、行政の皆さんが各所各所でそこを成り立たせてくれていることが分かったことでした。 
 
行政は公僕といいますが、けして市民のしもべではない。 
まして議員のしもべでもない。 
私はみなさんを安曇野のために頑張りあっている同志・パートナーだと思っています。 
みなさんの日々の頑張りに改めて感謝をしたいと思います。 
ありがとうございます。 
 
議員という立場上、課長さん、部長さんとのやり取りが多かったわけですが、 
もし次の4年も仕事をやらせてもらえるようになったら、今度は20代、30代、40代の若手の職員の皆さんと腹を割って話してみたい。 
安曇野のことを語り合ってみたい。 
そしてこの安曇野を皆さん方と担っていけるお互いに成り合っていきたい。 
そう思っています。その暁には声をかけさせてもらいます。 
 
最後になりますが、職員の皆さんが、明るく生き生きと仕事ができるように、 
今後も議員の立場から働きかけていきたいと思っています。 
4年間、本当にお世話になりました。ありがとうございます。
  
 

>> 返信
 

2017. 9. 12. Tue
      9月30日、政治トークライブやります!「地方議会は必要か?」
9月30日に政治トークライブを行います。 
少し紹介を。 
 
僕と同じ時期に、同じような思いで地方議員選挙に挑戦した人たちがいました。それぞれ当選し、同じ志を持った議員として、情報交換や時には愚痴を聴き合ったりもしました。 
 
今回、伊那と福岡県の糸島から「望さんの応援に駆け付けたい。」と2人の市議が来てくれます。糸島市の藤井議員は、前回の望三郎選挙の事務局をやってくれた原田アキさんと須永豪ちゃんの選挙サポートも受けてた方です。 
 
どうせ来るなら(行くなら)、単なる応援じゃなくて場を創ろう!ということになり、今回のトークライブを企画しました。 
テーマは「地方議会は必要なの?」「投票すればよくなるの?」です。 
少しキャッチ―にしたつもりですが、どうですかね。 
 
コーディネーターとしてお願いしたのは臥雲(がうん)義尚さん。彼は昨年4月の松本市長選に出て惜敗され、次回の市長選に向けて準備をしている方です。 
実はこの方、4年前の望三郎選挙が「地方に広がるネット選挙」というテーマでNHKニュースに取り上げられた時の渋谷本局の責任者。 
 
余りも「ネットをやったので勝った」という変更内容だったので、番組放送の夜に即クレームをつけたところ、翌日すっ飛んで釈明に来られました。 
 
そのテレビ内容。見てない人、見てみて。面白いよ。 
https://youtu.be/vkOXdSxV8N8 
で、それに対しての望三郎のコメント。 
https://youtu.be/sEG7TasQ-Rs 
 
その後、このNHKの報道の在り方が、年末の国会でも取り上げられるまでに。 
以下の百瀬智之さんの25:50から 
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=43311&media_type= 
 
 
そんな悶着もあった臥雲さんはNHKを退社し、松本市長選に。そして惜敗 
今は次回の市長選を視野に入れた活動をしています。 
先日臥雲さんが「地方議会」をテーマにしたトークイベントに行ってきたのですが、確かな見識をもって政治を見ている、議会を捉えていると感じ、そこでコーディネーターはこの人しかいない、とお願いしたのです。 
 
4年前のことが、こんなことに繋がっていくのが面白い。 
 
 
話がそれちゃったけど、このトークライブ、地方議会の必要性や投票の大事さを浮かび上がらせて、政治や議会への関心を高め、投票率を上げるということを目標にしています。 
 
何回か言ってると思うけど、選挙に勝つ・負けるという結果だけしか残らない選挙ではなく、選挙を通じて、自分と政治との大切な関わりが見えてきたり、 
自分も安曇野のまちづくりに参加できるんだって思える人が増えればと思ってる。 
 
ぜひこの場に友達誘って来てくださいな。 
 
以下のテキスト文または添付のPDFファイルでシェア・拡散をお願いします。 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++ 
政治トークライブ 
『安曇野市議選を前に考えよう! 
 〜地方議会は必要なの!? 投票すれば安曇野はよくなるの?〜』 
 
議会はみなさんにとって身近なものですか? 
市民の代表である議員はみなさんの声を代弁していますか? 
 
「議員は何をしているの?」 
「議会は必要なの?」 
 
そんな声も聞こえてくる中、「政治と議会を市民の身近なものに!」 
と立ち上がった3人の若手地方議員が集まり、議会をテーマに熱く語ります。 
コーディネーターは元NHK記者の臥雲義尚。 
 
参加したみなさんと繰り広げる政治トークライブです。 
 
●要項 
出演)増田望三郎(安曇野市議会議員、48歳) 
   八木拓真(伊那市議会議員、38歳) 
   藤井芳広(福岡県糸島市議会議員、39歳) 
進行)臥雲義尚(フリージャーナリスト、元NHK記者) 
 
日時:9月30日(土)午後2時〜4時 
場所:穂高交流学習センターみらいホール 
   安曇野市穂高6765番地2 
参加費:無料 
問合・申込:増田望三郎後援会 
      TEL&FAX0263-55-7414 
      またはboetu@d6.dion.ne.jp 
 
※お子さん連れも歓迎です。 
 会場の一角に床に座れる親子スペースを作ります。
  
 

>> 返信
 

2017. 9. 2. Sat
      9月2日、原告団総会のお知らせ
本日9月2日(土)夜7時〜三郷小倉の多目的センターにて、地元北小倉のゴミ処理施設問題に関わる裁判原告団の総会が行われます。この問題は安曇野の水環境を守ることが目的でもありますので、裁判の原告でなくても、どなたでも参加できます。どうぞ興味関心のある方はご参加ください。 
 
日時  9月2日(土) 午後7:00〜9:00 
場所  小倉多目的研修センター (JA小倉支所東側) 
 
静かな安曇野・北アルプス山麓に、突如として現れた廃棄物処理施設。住民に何も知らされないままに進められた施設建設。 
業者は今まで数々の不正行為をしてきました。 
そして、近隣住民は騒音、地震のような振動、粉塵などで苦しんでいます。 
また、最近では、場内汚水を地下浸透させている疑いがますます強まっています。私たちは、地下水を水道水として使用しています。何としても汚染をふさがねばなりません。 
 
一部の裁判は大詰めを向かえ、来年早々にも判決が行われる予定で、我々の代理人弁護士による裁判の説明も行われます 
 
ご多忙とは思いますが、ぜひ出席していただきますよう、お願い致します。 
 
合わせて裁判費用のカンパをお願いいたします。 
 
一部の裁判は大詰めを向かえ、来年早々にも判決が行われる見通しとなってまいりました。今後、著名な大学教授や学者など第一人者と言われる専門家に証人になってもらう予定です。 
 
そのためには多額の調査費用などが必要です。現在、その費用が不足しています。地元の北小倉地区では、一戸あたり年間12,000円の活動資金協力金を拠出してもらっていますがそれだけでは到底賄えません。 
 
裁判勝訴に向け、カンパのご協力をよろしくお願いいたします。 
 
連絡先:事務局 090-1868-4200(中村) 
振込口座:「安曇野の環境を守る市民の会」ゆうちょ銀行 00560-0-97799
  
 

>> 返信
 

2017. 9. 1. Fri
      さあ9月!地球宿からのお知らせ〜選挙ステイと一般宿泊のお休み〜
昨晩は4年に1度のサッカーワールドカップを日本代表が決めてくれましたが、僕の方も4年に1度の負けられない戦いが始まります。僕の人生、ずっとこの4年に1度の戦いを続けるのかは分かりませんが、それでも今回は再チャレンジです。 
 
雌雄を決する日は10月15日。 
 
 
 
 
まず事務所開きを9月10日(日)に安曇野地球宿で行います。 
 
昼の部 午後2時〜 夜の部 午後7時〜 
 
 
 
 
政治家としての増田望三郎を応援支持していただける方、地球宿の望さんを知っていて、その政治への取り組みに興味関心ある方なら、安曇野市内外を問わず誰でも参加可能です。 
 
ぜひご参加ください。 
 
これを機に向けての動きがいよいよ本格スタート。 
そこで選挙ステイの呼びかけをさせてもらいます。 
 
選挙ステイでは選挙事務所となる地球宿に滞在し、それにまつわる様々なお仕事をやってもらうというものです。 
 
リーフレットの配布や望三郎の応援演説に随行したり、トークライブや集会などの運営などなど。その他公選ハガキのあて名書き、告示日当日のポスターはり、はたまた選挙カーでのウグイス嬢(カラス男)まで。 また稲刈りやエゴマ収穫などの農繁期とも重なるので、援農をお願いすることもあります。 
とにかくいろんなことをやってもらい、お役にたって頂きます。  
 
期間中の衣食住の生活面は既にあの伝説のウーファー、タマちゃんが来てくれることになっていますが、タマちゃんと共に行う自主運営方式になります。 
 
この期間、地元内外の様々な人が出入りし集まることになり、きっといい出会いと体験の場にもこの選挙ステイがなるのではないかと思っています。 
 
こんな体験、滅多にないことです。ぜひ一緒にやりましょう!  
選挙ステイ、受け入れますのでお問い合わせください。  
 
********************************  
 
地球宿からのお知らせ  
 
@選挙ステイ大募集!  
 
期間:9月10日(日)〜10月22日(日)の間、希望する日程で  
場所:安曇野地球宿  
対象:20歳以上の地球宿に宿泊したことがある方、または増田望三郎の友人  
費用:公選法に抵触しないか確認中ですが、食事・宿泊の滞在費用は無料。  
   みなさんの活動に対してもボランティアでお願いします。  
 
●今後のスケジュール 
 
9月10日 選挙事務所開き 
       地球宿が選挙事務所になります 
10月8日 告示日  
       一斉ポスターはりをします。たくさんの人手が必要です 
10月15日 投開票日 運命の日! 
 
まずは増田望三郎までお問い合わせください。boetu@d6.dion.ne.jp  
 
A地球宿の一般宿泊について  
9月10日に事務所開きをし、地球宿は選挙ムード一色になっていきます。  
そのため地球宿の通常の一般宿泊はお休みします。  
もちろん選挙ステイでの滞在や激励や応援などでの地球宿来訪は大歓迎です!  
 
地球宿の一般宿泊お休み期間:9月10日(月)〜10月19日(木) 
通常の宿泊は10月20日(金)から再開します。 
 
ご迷惑をおかけしますが、どうぞご理解お願い致します。
  
 

>> 返信
 

2017. 8. 30. Wed
      安曇野お仕事体験なるものをやりました
安曇野お仕事体験なるものをやりました。 
 
常連ゲストファミリーのママさんから、 
「子どもたちが中学生になったので、少しづつ将来のことを考えさせたい。安曇野にいる素敵な生き方をしている人たちの仕事場で受け入れてもらえないだろうか?」 
そんなリクエストに応えて、安曇野で思いをもって働く大人たちの仕事観・生き方に触れる2泊3日の子どもの合宿を行うことにしました。 
 
そういえば、2006年にこんな企画をやってるんだよね。地球宿が始まる前から、こんなふうにやってたんだ。懐かしい。 
http://www.plays.jp/adiary/diary2.cgi?id=boetu&action=view&year=2006&month=8&day=19#8_19 
 
 
さて話を戻す。 
 
今どきの子どもたちにとって、親以外の大人と触れる機会は少ない。 
この安曇野で、夢や思いを持って頑張って、楽しく生きている、働いている、 
そんな大人に触れさせて、子どもたちの心に何かが残る手ごたえのある企画をやりたいなあと準備を進めました。 
そして集まってきた6年生、中学1年生の女子5名。女子ということで、受け入れをお願いする方も女性と思い、5人の安曇野の女性に登場してもらいました。 
 
その5人の女性とは、安曇野放牧豚の藤原喜代子さん、農家・ゆめクジラの畑の長澤雅子さん、認可外保育所・自由保育ひかりの子の二子石先生、おぐらやま農場&ヤギのいる農的生活を送る大浜悦子さん、そして穂高でゲストハウス燈(とう)を営む岩波しづかさん。 
 
僕だってワクワクして、どんな思いで仕事をしているのか聴いてみたい、そんな安曇野の素敵な女性たちです。 
 
職場体験をしてみて、農家に行った子どもの感想、農産物が丁寧に扱われていることに、日頃自分が食べているものも、そんなふうに扱われているんだなと気づいたり、保育園に行った子どもは、いろんな子供が居るんだな〜と思ったと言ってましたが、みんなもそうなんだよ、と伝えました。 
 
企画が終わり、出発するとき最後にこんなことを子どもたちに伝えてみました。 
 
今回安曇野で出会った人たちは、みんな自分の仕事を楽しく、やりがいをもって頑張って働いている。 
大人になった時に、この社会で何かの仕事をするようになる。 
自分がどんな仕事をしたいか、どんなふうに仕事をしたいか、まだ先のことだけど少しづつ考えていってね。 
 
今はまだ小学校、中学校、高校と子どもの楽しい時間がたくさん待っています。存分に楽しんで、そして大人になっても楽しいことがたくさん待ってるからね。 
 
この子たちがどんなふうに成長していくのか楽しみです。 
自然や出会い、安曇野の夏が彼女たちの心に残ったかな。
  
 

>> 返信
 

2017. 8. 28. Mon
      シェアハウス、ぼちぼちスタートしております
地球宿の新規事業としてシェアハウスをスタートしております。 
 
第1号の入居者として、8月中旬から神奈川からの母子ファミリーが入ってくれました。旦那さんは東京に残ってのお仕事をしながら、子育て環境を求めて一足早く安曇野に来られました。大家さんのご家族ファミリーにも同じぐらいのお子さんがいて、子どもたちはいつも一緒に遊んでいます。学校初日で「もう慣れた。」とか。 
 
そして愛知県からの2人目の入居者も決まり、いよいよ複数世帯・複数人によるシェアハウスの中身が始まっていきます。 
 
昨日はシェアハウス専門物件のみを扱い、シェアハウス文化を創ってこられたひつじ不動産の佐藤さんにもお会いして当方のシェアハウスを見てもらいました。 
 
安曇野初の移住促進のためのシェアハウスということで、佐藤さんからは「移住者ばかりで固まってしまうのでは?」とご心配を頂きましたが、このシェアハウス自体が地域の中で仕事をされてきた大家さんの敷地内にあり、大家さんも入居者とのご近所付き合いをしてくださっています。 
 
地域の繋がり、地域への根づきが少しづつでも進んでいくようにサポートをしていきたいです。 
 
安曇野への移住を考えている方々、どうぞ気軽に問い合わせくださいね。 
 
「安曇野シェアハウス ゆたか」。  
地名が温(ゆたか)、自然も豊か、人の繋がりも優(ゆたか)です。
  
 

>> 返信
 

2017. 8. 8. Tue
      8月19日、一晩だけの居酒屋が地球宿にオープン!
毎夏の終わりに地球宿で行う1dayカレー屋&居酒屋さんが今年もオープン。  
 
地元のママたちのおいしい手作りカレーを堪能し、過ぎゆく夏を振り返り、おいしいお酒を飲みましょう。  
 
****************************** 
 
毎夏の恒例となりました1日限定のカレー屋さん「ナマステ おてんとカフェ」今年もやりますっ!!  
 
日時 8月19日(土)  
 
オープン 18:00  
 
クローズ 21:00 (ラストオーダー20:30)  
 
自家製野菜をたっぷり使った野菜トマトカレーなどなど  
お豆のサモサ 
ひだまり茶屋によるビールに合うおつまみもっ  
 
 
まだまだ暑さの続きそうな夏  
食べて飲んで笑ってパワー回復  
 
地球宿に行こう! 
 
※宿泊も可能です。素泊まり3,000円。要予約。
  
 

>> 返信

<< 新しい日記へ    過去の日記へ >>



 

++ Powered By 21style ++