++広島の不動産会社 社長のぼやき++


高知県土佐清水市出身。高知高専→岡大→NTT→不動産会社勤務→子育てで1年間無職→2001年、1歳になった双子を抱え、修学旅行でしか来たことのない広島で不動産会社設立。
広島の不動産情報一挙掲載!アーリーバードのホームページ
スマホ対応のブログ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
広島ブログ
2019. 11. 30. Sat 先進国で開催されるオリンピック
2019. 11. 29. Fri 上がる?下がる?現状維持?
2019. 11. 28. Thu リニア中央新幹線の意味
2019. 11. 27. Wed 私の償却期間は85年?
2019. 11. 26. Tue 倍以上値上がりしてる!
2019. 11. 25. Mon 不動産をうまく運用している人
2019. 11. 24. Sun 不動産は長期の投資
2019. 11. 23. Sat 忘年会シーズン到来
2019. 11. 22. Fri アルコールを分解する時間
2019. 11. 21. Thu 土地価格が上がると

2019年 11月
SunMonTueWedThu FriSat
- - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

 

 
  2019. 11. 20. Wed
      もし私がバブルの頃、開業していたら
  
<<スマホ対応のブログはこちら>> 
 
私が不動産の仕事に関わるようになったのは、バブルが崩壊してから。 
 
バブルの頃の不動産屋がどんな状況であったか、直接、知りませんが 
 
昔から不動産会社に勤めていた人に話を聞くと 
 
「あの頃は、毎日、値段が上がっていった」※東京での話 
 
そのような状況を想像するに 
 
狂乱。 
 
不動産屋は外車を乗り回し、連日、飲み屋へ。 
 
もしも私が、1987年に開業していたとしたら 
 
広島市の公示地価、基準地価の総平均(坪単価) 
1984年[昭和59年]57万3990円/坪  
1985年[昭和60年]56万4968円/坪  
1986年[昭和61年]89万8645円/坪  
1987年[昭和62年]107万8437円/坪 ←もし、ここで開業して 
1988年[昭和63年]136万7519円/坪  
1989年[平成元年]193万5180円/坪  
1990年[平成2年]226万9781円/坪  
1991年[平成3年]254万2752円/坪 ←この価格で土地を仕入れていたら 
1992年[平成4年]221万0087円/坪 
1993年[平成5年]215万2825円/坪 
1994年[平成6年]186万6359円/坪 ←ここら辺で、倒産 
1995年[平成7年]158万4494円/坪 
1996年[平成8年]138万1934円/坪 
1997年[平成9年]124万1721円/坪 
 
坪107万の土地が、翌年136万、さらに翌年193万。 
 
土地を買っとけば、誰でも儲けることができる。 
 
銀行が融資してくれればいい。 
 
買わない奴はあほだなどと、欲に目が眩み 
 
1992年から土地価格は下がり始め、1994年身動きが取れなくなり 
 
倒産。 
 
なんてことになっていたかもしれません。 
 
恐ろしい。 
 
バブルの渦中にいると、バブル崩壊の前兆に気付くのは 
 
ほぼ不可能なように思えます。 
 
回避する方法、思いつくのは3つくらい。 
 
1.現金で買う。 
 
2.ローンを返済できないような、低利回りの物件は買わない。 
 
3.仲介に徹する。 
 
現実的にできるのは、2と3ですね。 
 
あの頃、関わってなくてよかった。 
 
バブル崩壊前は、たった6年で5倍近く上昇しています。 
 
恐ろしいスピード。 
 
この後、バブルが崩壊しています。 
 
底値が2012年596,135円、現在2019年79万円/坪。 
 
7年間で1.3倍。 
 
バブルに比べれば、かなり緩やかな上昇です。 
 
良くも悪くも 
 
急激にものごとが変化して来る時は 
 
それ相応の揺れ戻しがあると、考えた方がいいのかも。 
 
EarlyBird

  





| 携帯用 | | RSS | | 検索・カテゴリー | | Home |

++ Powered By 21style ++