++広島の不動産会社 社長のぼやき++


高知県土佐清水市出身。高知高専→岡大→NTT→不動産会社勤務→子育てで1年間無職→2001年、1歳になった双子を抱え、修学旅行でしか来たことのない広島で不動産会社設立。
広島の不動産情報一挙掲載!アーリーバードのホームページ
スマホ対応のブログ
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
広島ブログ
2019. 10. 30. Wed 等身大の自分
2019. 10. 26. Sat 人は同じパターンを繰り返す
2019. 10. 23. Wed 人の反応はいろいろ
2019. 10. 21. Mon 御即位記念硬貨
2019. 10. 19. Sat 人の関心は有限
2019. 10. 02. Wed 消費税対策、でも本当にお得なのは
2019. 9. 05. Thu マイナスの国債金利はチャンス?

2019年 9月
SunMonTueWedThu FriSat
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
- - - - -

 

 
  2019. 10. 30. Wed
      等身大の自分
  
<<スマホ対応のブログはこちら>> 
 
生きて行くには、お金が必要です。 
 
でも 
 
欲を出すと、失敗することもあります。 
 
他人の失敗の原因は、よく観察できますが 
 
不思議なことに 
 
自分の事となると、見えなくなる。 
 
たぶん、欲が正常な判断を鈍らせるんだと思います。 
 
欲を出さなければ、問題ありませんが 
 
生身の人間ですから、意外に難しい。 
 
「この機会を逃せば、話がよそにいってしまう」 
 
「この時期でなければ、だめだ」 
 
とあせると黄信号。 
 
そう思う背景には 
 
「あの人は私より、儲けている」 
 
「私に比べて、いい生活をしている」 
 
という比較心 
 
比較からくる 
 
「将来が不安だ」 
 
という不安感 
 
「車のランクを落としたくない」 
 
という見栄 
 
見栄を無理して維持したいという虚栄心 
 
虚栄心(うそ)がばれるという不安感 
 
※虚栄心:自分を実質以上に見せようと、みえを張りたがる心 
 
きりがない 
 
でも 
 
等身大の自分であれば、楽になれる。 
 
えっ、私・・・、虚栄心(うそ)を捨てられるか? 
 
うそは言わないように心がけていますが 
 
難しい・・・時もあります。 
 
EarlyBird

| お金 |
  

 

 
  2019. 10. 26. Sat
      人は同じパターンを繰り返す
  
<<スマホ対応のブログはこちら>> 
 
人はお金を持つと、尊大になったりするものです。 
 
一方 
 
謙虚で質素なお金持ちも存在します。 
 
腰が低い。 
 
なんで、こんなに人間性に差が出るのでしょう? 
 
ひとつパターンがあるような気がします。 
 
お金を持って、驕り高ぶって、失敗して 
 
没落して、苦労して 
 
謙虚になったように見えて 
 
また、お金を持つと驕り高ぶる。 
 
結局 
 
人は同じパターンを繰り返す。 
 
変わったように見えてたのに、本質的には何も変わっていない。 
 
人が変わるのは難しいのかもしれません。 
 
今日 
 
来社した78歳のおじーさん 
 
質素で謙虚 
 
表も裏もありません。 
 
子供のように無邪気な笑顔 
 
私も見習おう。 
 
そして 
 
私も気を付けよう。 
 
EarlyBird

| お金 |
  

 

 
  2019. 10. 23. Wed
      人の反応はいろいろ
  
<<スマホ対応のブログはこちら>> 
 
即位記念硬貨。 
 
この3日間あった人 
 
100%交換したがりました。 
 
100%ですよ、100%。 
 
なのにうちの家族 
 
家族A「1ミリも興味ない、いらんわ」 
 
家族B「普通の使える500円をくれ」 
 
家族C「どうでもいいわ」 
 
家族D「かっこいい、欲しい」 
 
25%。 
 
うちの家族は変わってるのかも。 
 
EarlyBird

| お金 |
  

 

 
  2019. 10. 21. Mon
      御即位記念硬貨
  
<<スマホ対応のブログはこちら>> 
 
今日、銀行に行く用事があったので 
 
御即位記念硬貨に交換してきました。 
 
これ 
 
欲しかったんですよね、 
 
皆、欲しがるので、交換してあげてます。 
 
欲しいですか? 
 
交換してあげてもいいですよ。 
 
EarlyBird

| お金 |
  

 

 
  2019. 10. 19. Sat
      人の関心は有限
  
<<スマホ対応のブログはこちら>> 
 
インターネットの普及により 
 
量販店で購入していた商品もネットで買えるようになりました。 
 
でも 
 
同じ商品が楽天でも、アマゾンでも買える。 
 
貴重になってきたのは 
 
顧客の目にとまる事、関心を引く事。 
 
これを取り合うことになる。 
 
顧客が見てくれないと、同じ商品を取り扱っていても 
 
購入して貰えません。 
 
グーグルやヤフー、さまざまなポータルサイトに広告料を支払って 
 
商品を掲載。 
 
でも、どこも同じことしますから 
 
儲かるのは、グーグルやヤフー、ポータルサイト。 
 
ゴールドラッシュの時、一番儲けたのは金を掘っている人ではなく 
 
スコップ売っていた人。 
 
金を採掘する人が、金を掘り当てても 
 
掘り当てなくても、スコップが売れれば儲かる。 
 
金を掘り当てることが出来なかった人は消えていきますが 
 
金を掘る人は、次から次に現れるから問題ありません。 
 
スコップを売る人になれれば、それが一番いいのですが 
 
ものすごい資本が必要。 
 
どうしましょう。 
 
頭の体操。 
 
EarlyBird

| お金 |
  

 

 
  2019. 10. 2. Wed
      消費税対策、でも本当にお得なのは
  
<<スマホ対応のブログはこちら>> 
 
増税の前日 
 
うちの事務所の真ん前にある 
 
「お酒のやまや」さんの駐車場はいっぱい。 
 
大量にお酒を買っている方が多い。 
 
1万円買い溜めすれば、200円お得。 
 
でも 
 
お酒やめれば1万円お得ですよ。 
 
と・・・ 
 
自分のことを棚に上げ、思う私。 
 
EarlyBird

| お金 |
  

 

 
  2019. 9. 5. Thu
      マイナスの国債金利はチャンス?
  
皆が 
 
不況になると予想すると 
 
国債が買われる。 
 
国債がどんどん買われて 
 
国債金利は下がる。 
 
金利が下がると、資金調達に有利。 
 
建設国債を発行しても金利負担はないので 
 
どんどん公共投資に回すべき。 
 
公共投資が増えると 
 
景気がよくなり 
 
金利も上昇する。 
 
インフラ整備に限らず 
 
国防、教育、研究開発の為に 
 
国債を発行し 
 
将来の投資を行うべき。 
 
 
なるほど。 
 
地震対策 
津波の来ない海抜の高いところに団地を造る。 
消防署、警察、市役所、保育園、学校などの施設も移す。 
高速道路も津波の来ないところに作る。 
 
豪雨 
1000oの雨が降っても 
安全な土地を選定する。 
 
さらにもう一歩進めて 
 
都市の立地も見直す。 
 
海抜の低い都市 
 
名古屋、大阪、東京沿岸 
 
安全なところに移転する。 
 
この結果 
 
都市であっても 
 
安全でない土地の価格は下がる。 
 
田舎であっても(移転先になれば) 
 
安全な土地の価格は上がる。 
 
これが長期の流れになるかもしれませんね。 
 
国防も 
対馬・北九州の防衛も強化する。 
テロに備えて、国内の重要施設、工場、発電所などを自衛隊が警護する。 
監視カメラを強化する。 
 
不安要素は 
 
事前に対処して 
 
芽を潰しておかないといけません。 
 
 
「マイナス金利下の国債発行は「一石三鳥」のプラス政策」 高橋洋一 
https://diamond.jp/articles/-/213846 
 
8月30日の国債利回りは 
 
1年▲0.268%、2年▲0.307%、3年▲0.326%、4年▲0.353%、5年▲0.362%、6年▲0.378%、7年▲0.385%、8年▲0.383%、9年▲0.333%、10年▲0.275%、15年▲0.095、20年0.05 
 
金利が低いというのは経済活動が盛んでないことを意味しているので、不況の前触れという連想になる。 
 
その原因は、(1)米中貿易戦争の激化、(2)10月末のハード・ブレグジット(英国の合意なきEU離脱)、(3)アメリカとイランの対立によるホルムズ海峡での不安、(4)日韓関係の泥沼化、(5)日本での10月からの消費増税だろう。 
 
運用金利がマイナスになると金融機関は利ざやが取れなくなる。預金のマイナス金利は、預金者が損をすることになり、社会的な反発もあるのでまずあり得ないからだ。 
 
 マイナス金利に「逆イールド」が加わっている現在、金融機関にとっては最悪の収益環境といえる。 
 
しかし一方で、企業や家計、政府による実体経済では、金利負担なしで長期資金が借りられるので、投資の絶好のチャンスだ。実際、不動産投資や住宅投資はかなり良好である。 
 
政府は、この機会にインフラ整備をどんどん行ったほうがいい。金利コストゼロなので、ほぼすべてのインフラ投資について、費用対効果を算定すれば、投資が正当化できることを意味する。 
 
 東日本大震災以降、日本列島で地震が活発化しているという意見もあるので、そのリスクに備え、震災被害を事前に最小化するために、将来投資が必要だ。 
 
 こうした投資の場合は、物的資産が残るので資金の調達は建設国債になる。建設国債は赤字国債とは違って、一定の資産が残るので必要であればどんどん発行すればいい。 
 
 今の国債市場は、マイナス金利なので金利負担は考えずに済み、よほどひどい公共事業でなければ採算性がある。将来投資をするには良好な環境だ。 
 
また、国債発行による投資は、一方で有効需要を増加させるので、先行き不安の要因になっている米中貿易戦争の激化や10月からの消費増税などで景気が悪化したときや、不安が強まったときの対応にもなる。 
 
債金利がマイナスというのは、国債市場の需給関係から見れば、国債供給が少な過ぎて品不足になっているという市場のサインでもある。 
 
 それに応えるためにも、政府は国債をそれこそガンガン発行すべきである。マイナス金利のもとでの国債発行による政府の投資を増やすことで、金利が上がりマイナス金利が解消すれば、金融機関の経営を助けることにもなる。 
 
EarlyBird

| お金 |
  



>> 過去の日記へ



| 携帯用 | | RSS | | 検索・カテゴリー | | Home |

++ Powered By 21style ++