| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |


望三郎の地球宿づくり日記
信州安曇野で農的生活をしながらコミュニティ宿をやっている宿主望三郎の
宿づくりや夢の実現に向けて奮闘する様子を日記スタイルで紹介します。

・新しく返信機能をつけました。よろしければ感想などコメントしてください。
・NEW !マークは2週間以内に書かれたものです。
・写真はクリックすると大きくなります。
・安曇野地球宿プロジェクトのページへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

2017. 8. 30. Wed 安曇野お仕事体験なるものをやりました
2017. 8. 28. Mon シェアハウス、ぼちぼちスタートしております
2017. 8. 08. Tue 8月19日、一晩だけの居酒屋が地球宿にオープン!
2017年 8月
SunMonTueWedThu FriSat
- - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- -

 

 
  2017. 8. 8. Tue
      8月19日、一晩だけの居酒屋が地球宿にオープン!
  
毎夏の終わりに地球宿で行う1dayカレー屋&居酒屋さんが今年もオープン。  
 
地元のママたちのおいしい手作りカレーを堪能し、過ぎゆく夏を振り返り、おいしいお酒を飲みましょう。  
 
****************************** 
 
毎夏の恒例となりました1日限定のカレー屋さん「ナマステ おてんとカフェ」今年もやりますっ!!  
 
日時 8月19日(土)  
 
オープン 18:00  
 
クローズ 21:00 (ラストオーダー20:30)  
 
自家製野菜をたっぷり使った野菜トマトカレーなどなど  
お豆のサモサ 
ひだまり茶屋によるビールに合うおつまみもっ  
 
 
まだまだ暑さの続きそうな夏  
食べて飲んで笑ってパワー回復  
 
地球宿に行こう! 
 
※宿泊も可能です。素泊まり3,000円。要予約。
  

>> 返信

 

 
  2017. 8. 28. Mon
      シェアハウス、ぼちぼちスタートしております
  
地球宿の新規事業としてシェアハウスをスタートしております。 
 
第1号の入居者として、8月中旬から神奈川からの母子ファミリーが入ってくれました。旦那さんは東京に残ってのお仕事をしながら、子育て環境を求めて一足早く安曇野に来られました。大家さんのご家族ファミリーにも同じぐらいのお子さんがいて、子どもたちはいつも一緒に遊んでいます。学校初日で「もう慣れた。」とか。 
 
そして愛知県からの2人目の入居者も決まり、いよいよ複数世帯・複数人によるシェアハウスの中身が始まっていきます。 
 
昨日はシェアハウス専門物件のみを扱い、シェアハウス文化を創ってこられたひつじ不動産の佐藤さんにもお会いして当方のシェアハウスを見てもらいました。 
 
安曇野初の移住促進のためのシェアハウスということで、佐藤さんからは「移住者ばかりで固まってしまうのでは?」とご心配を頂きましたが、このシェアハウス自体が地域の中で仕事をされてきた大家さんの敷地内にあり、大家さんも入居者とのご近所付き合いをしてくださっています。 
 
地域の繋がり、地域への根づきが少しづつでも進んでいくようにサポートをしていきたいです。 
 
安曇野への移住を考えている方々、どうぞ気軽に問い合わせくださいね。 
 
「安曇野シェアハウス ゆたか」。  
地名が温(ゆたか)、自然も豊か、人の繋がりも優(ゆたか)です。
  

>> 返信

 

 
  2017. 8. 30. Wed
      安曇野お仕事体験なるものをやりました
  
安曇野お仕事体験なるものをやりました。 
 
常連ゲストファミリーのママさんから、 
「子どもたちが中学生になったので、少しづつ将来のことを考えさせたい。安曇野にいる素敵な生き方をしている人たちの仕事場で受け入れてもらえないだろうか?」 
そんなリクエストに応えて、安曇野で思いをもって働く大人たちの仕事観・生き方に触れる2泊3日の子どもの合宿を行うことにしました。 
 
そういえば、2006年にこんな企画をやってるんだよね。地球宿が始まる前から、こんなふうにやってたんだ。懐かしい。 
http://www.plays.jp/adiary/diary2.cgi?id=boetu&action=view&year=2006&month=8&day=19#8_19 
 
 
さて話を戻す。 
 
今どきの子どもたちにとって、親以外の大人と触れる機会は少ない。 
この安曇野で、夢や思いを持って頑張って、楽しく生きている、働いている、 
そんな大人に触れさせて、子どもたちの心に何かが残る手ごたえのある企画をやりたいなあと準備を進めました。 
そして集まってきた6年生、中学1年生の女子5名。女子ということで、受け入れをお願いする方も女性と思い、5人の安曇野の女性に登場してもらいました。 
 
その5人の女性とは、安曇野放牧豚の藤原喜代子さん、農家・ゆめクジラの畑の長澤雅子さん、認可外保育所・自由保育ひかりの子の二子石先生、おぐらやま農場&ヤギのいる農的生活を送る大浜悦子さん、そして穂高でゲストハウス燈(とう)を営む岩波しづかさん。 
 
僕だってワクワクして、どんな思いで仕事をしているのか聴いてみたい、そんな安曇野の素敵な女性たちです。 
 
職場体験をしてみて、農家に行った子どもの感想、農産物が丁寧に扱われていることに、日頃自分が食べているものも、そんなふうに扱われているんだなと気づいたり、保育園に行った子どもは、いろんな子供が居るんだな〜と思ったと言ってましたが、みんなもそうなんだよ、と伝えました。 
 
企画が終わり、出発するとき最後にこんなことを子どもたちに伝えてみました。 
 
今回安曇野で出会った人たちは、みんな自分の仕事を楽しく、やりがいをもって頑張って働いている。 
大人になった時に、この社会で何かの仕事をするようになる。 
自分がどんな仕事をしたいか、どんなふうに仕事をしたいか、まだ先のことだけど少しづつ考えていってね。 
 
今はまだ小学校、中学校、高校と子どもの楽しい時間がたくさん待っています。存分に楽しんで、そして大人になっても楽しいことがたくさん待ってるからね。 
 
この子たちがどんなふうに成長していくのか楽しみです。 
自然や出会い、安曇野の夏が彼女たちの心に残ったかな。
  

>> 返信





 

++ Powered By 21style ++