| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |


望三郎の地球宿づくり日記
信州安曇野で農的生活をしながらコミュニティ宿をやっている宿主望三郎の
宿づくりや夢の実現に向けて奮闘する様子を日記スタイルで紹介します。

・新しく返信機能をつけました。よろしければ感想などコメントしてください。
・NEW !マークは2週間以内に書かれたものです。
・写真はクリックすると大きくなります。
・安曇野地球宿プロジェクトのページへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

2011. 3. 29. Tue オーストラリアの旅その2〜出会いと地球宿ノート〜
2011. 3. 28. Mon オーストラリアの旅その1〜至るところに我が家あり〜
2011. 3. 27. Sun あの日を境に
2011. 3. 26. Sat 東京から避難してきたファミリー
2011. 3. 24. Thu @震災支援チャリティフリマとA穂高に田んぼがあります
2011. 3. 20. Sun 安曇野の今
2011. 3. 18. Fri 被災者・首都圏のみなさまに地球宿のできること
2011年 3月
SunMonTueWedThu FriSat
- - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- -

 

 
  2011. 3. 28. Mon
      オーストラリアの旅その1〜至るところに我が家あり〜
  
「オーストラリアはどうだった?」 
とたくさんの友達に聞かれたが、何が一番良かったか?と言われると、オーストラリアのとてつもなく雄大な自然やいろんな国の人たちと過ごしたツアーなどもあるのだけど、一番心に残っていることは、各地の友達の家に迎えてもらったことだろう。 
 
シドニーのロジャーのアパート。ナナグレンのアレンファミリーの農場、ブリスベンのボブと美佐江さんの家、そしてバララットのルーベンファミリー。彼らは地球宿を始めたこの3年間にゲストやウーファーで来てくれた人たち。 
 
彼らが来た時、僕は(というか増田ファミリー)は、彼らを家族のように迎え入れた。一緒にご飯を食べ、一緒に畑仕事をしたり、時には地元の仲間のところに連れて行ったり。家族や仲間のようになれたらいいなあ、そんな思いで宿をやっているから、そうしているわけだが。 
 
そんな思いが彼らにちゃんと伝わっていたのだということを、今回オーストラリアの友人を訪れてみて改めて感じた。今度は僕がファミリーの一員として心温かく迎え入れてもらったのだ。 
ルーベンのお父さんは自分の息子のように僕にも接してくれた。ロジャーは、もうすぐ赤ちゃんが生まれるので、そしたらもっと大きな家に引っ越すから、今度は望の家族も連れて来いと言ってくれた。ジョシアとは夜遅くまでお互いの夢を語り合った。 
 
今回の旅の中でオーストラリアのゲストハウスにも泊まってみた。観光地にあり規模が大きかったということもあるのだろうが、ホストとゲストの交流はなかったし、ゲスト同士の交流もやりたきゃ勝手にやってくれ、という具合で、そこはまさに安く手軽な"宿泊施設”で、地球宿ではなかった。 
 
今回の旅で強く感じたこと。 
僕が友達の家で家族のように迎えてもらい楽しい時間をすごしたこと。幸せに感じたこと。その中身をまたこれからの地球宿で同じようにやっていこうということ。 
 
至るところに我が家あり、地球宿あり。 
そう感じたオーストラリアの旅だった。
  

いいですね。
お元気そうでなによりです。
kazun ..3/28 15:28(Mon)
>Kazunさん

関西方面は特に生活に支障はないですかね。
そちらも元気そうで何よりです。安曇野にまた遊びに来てね。
望三郎 ..3/28 19:59(Mon)
初めて書き込みさせていただきます。
「至る所に我が家あり」という言葉・・・
なんて素敵なんだろう!!夢が広がりました
近々 お邪魔させていただきます
maki ..3/28 22:12(Mon)
>makiさん

コメントありがとうございます。初めましてなのかな。
「至るところに我が家あり・・・。」
心が広がっていくようだよね。
どうぞ地球宿に遊びに来てくださいね。
望三郎 ..3/29 17:59(Tue)
>> 返信


<<BACK 27日 あの日を境に

NEXT>> 29日 オーストラリアの旅その2〜出会いと地球宿ノート〜


 

++ Powered By 21style ++