| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |


望三郎の地球宿づくり日記
信州安曇野で農的生活をしながらコミュニティ宿をやっている宿主望三郎の
宿づくりや夢の実現に向けて奮闘する様子を日記スタイルで紹介します。

・新しく返信機能をつけました。よろしければ感想などコメントしてください。
・NEW !マークは2週間以内に書かれたものです。
・写真はクリックすると大きくなります。
・安曇野地球宿プロジェクトのページへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

2011. 3. 29. Tue オーストラリアの旅その2〜出会いと地球宿ノート〜
2011. 3. 28. Mon オーストラリアの旅その1〜至るところに我が家あり〜
2011. 3. 27. Sun あの日を境に
2011. 3. 26. Sat 東京から避難してきたファミリー
2011. 3. 24. Thu @震災支援チャリティフリマとA穂高に田んぼがあります
2011. 3. 20. Sun 安曇野の今
2011. 3. 18. Fri 被災者・首都圏のみなさまに地球宿のできること
2011年 3月
SunMonTueWedThu FriSat
- - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- -

 

 
  2011. 3. 24. Thu
      @震災支援チャリティフリマとA穂高に田んぼがあります
  
お知らせ2つ。 
 
1つめは震災支援のチャリティーフリーマーケット 
以下主催の浜村さんの呼びかけより。 
 
***************************** 
【出来ることからやってみよう。震災支援フリマ@シャンティクティ】 
 
池田町にあるシャンティクティでは、原発避難区域から避難されてきている方を中心に被災者の受け入れをしています。今、シャンティクティに滞在されている方々は、衣類1着しか持たずに来られた方もいるようですが、津波で家を失うような被害にあった方とは違い自宅に帰れば(帰れれば・・・ですが)、普段通りの暮らしが出来る方々です。 
 
日本で暮らす私達が使う電気の一部を作る為の施設の近くに住んでいらした方々です。そんな人達が集っているシャンティクティでフリマを計画しています。 
 
「被災して困っている方を応援したい!」という思いや体温を、避難されてきている方々が感じてちょっと元気になって貰えるように、震災で困っている人達に何かしたいけど何が自分に出来るのか・・・と途方に暮れている(私がソレです)人々の気持ちが少し晴れ、次に何が出来るか考えるきっかけになるように、震災・原発関係の被災者の方々への支援となるように、そして、今回被災者の方々の受け入れをしているシャンティクティの支援にもつながれば、と思いフリマを計画しました。 
 
また、参加にあたりましては、フリマの売り上げの一部を震災で困っている方々への支援の為、また被災者受け入れをしているシャンティクティの活動資金のカンパとして頂けると有り難いです。 
 
趣旨に賛同して頂ける方のフリマの参加を募集しています。 
 
開催日時:2011年3月26日(土) 
     午前10時頃より午後1時頃まで 
場所:シャンティクティ(池田町)  
   シャンティクティHP  
 
※シャンティクティでの被災者の受入の様子 
 
注意事項 
◎出品したモノが売れ残った場合は、責任を持って各自でお持ち帰り下さい。(ゴミも持ち帰りお願いしますね) 
◎出品者、購入希望者共に小銭をご用意下さい。 
◎ブルーシートやピクニックシート(なければ古新聞など)を用意して、その区画の上に商品を置き、やり取りを行ってください。 
◎ランチが必要な方は、ピザ 1,000円(要予約)を被災者チームで用意して頂けます。   
 
間際の開催で恐縮ですが、参加希望の方は、お手数ですが、大体の参加人数を把握したいので、下記宛に出来れば前日25日夕方までにメールにてお知らせ下さい。ピザ・ランチが必要な方は併せてお知らせ下さい。(尚、当日26日、ランチ希望になった方は直接シャンティクティにご連絡下さい。0261-62-0638) 
 
参加申し込み:浜村やよい(やよいっち 安曇野パーマカルチャー塾7期生)yayoilotus@kzh.biglobe.ne.jp 
 
***************************** 
 
2つ目は田んぼでお米を作りませんか?というお知らせ 
 
穂高南小学校のそばで昨年まで耕作していた田んぼがあります。その耕作をしてみたい人がいればご連絡ください。 
震災もあり、食料などの物資が不足する状況もありましたが、自分の食べるものを自分で作るという自給力をつけていくことがこれから益々大事になって行くように思います。サポートをしてくれる方もいるようなので、チャレンジしてみたい人は連絡ください。
  

>> 返信


<<BACK 20日 安曇野の今

NEXT>> 26日 東京から避難してきたファミリー


 

++ Powered By 21style ++