| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |


望三郎の地球宿づくり日記
信州安曇野で農的生活をしながらコミュニティ宿をやっている宿主望三郎の
宿づくりや夢の実現に向けて奮闘する様子を日記スタイルで紹介します。

・新しく返信機能をつけました。よろしければ感想などコメントしてください。
・NEW !マークは2週間以内に書かれたものです。
・写真はクリックすると大きくなります。
・安曇野地球宿プロジェクトのページへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

2011. 3. 29. Tue オーストラリアの旅その2〜出会いと地球宿ノート〜
2011. 3. 28. Mon オーストラリアの旅その1〜至るところに我が家あり〜
2011. 3. 27. Sun あの日を境に
2011. 3. 26. Sat 東京から避難してきたファミリー
2011. 3. 24. Thu @震災支援チャリティフリマとA穂高に田んぼがあります
2011. 3. 20. Sun 安曇野の今
2011. 3. 18. Fri 被災者・首都圏のみなさまに地球宿のできること
2011年 3月
SunMonTueWedThu FriSat
- - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- -

 

 
  2011. 3. 20. Sun
      安曇野の今
  
震災の様子が映像で生々しく伝えられる。メールでは様々な情報が行き交う。不安が助長されたり、被災者のために自分が何ができるのか?と焦るような気持ちにもなる人も多いのかもしれない。 
 
安曇野は平穏だ。被災地とのギャップを痛いほど感じるが、それでもこの地に暮らす自分としては、今この場所でやれることをやるしかない。 
 
今日は午前中、麦踏みをした。昨晩千葉我孫子から一時退避してきた悦子の妹幸ちゃんも一緒に踏んでくれた。彼女は昨晩不安と緊張が解かれたからか着くなり泣いていた。今日は麗らかな日の中で麦踏み。心が安らげばいいが。 
 
午後からはフミちゃんの紙芝居。ママと子どもたちが集まって、フミちゃんの紙芝居に耳を傾け、心を寄せた。その後お茶をしながら今の思いを出し合っていた。 
 
今回の震災をキッカケに自分たちで食べ物を生産したい、お米を作って被災地を支援したい、そんな思いの地元の仲間が2名やってきてお話合い。 
 
夜は夜で地元の野外保育園森の子のお母さんと先生の謝恩会。今日子どもたちが卒園し、晴れ晴れとしたお母さんたちの表情が印象的だった。 
 
不安な時に心を穏やかにさせてくれる畑よ、土よ。そして萎縮した心を癒し合うために、集まり、お互いの思いを出し合うことができる場の大切さ、仲間の愛おしさよ。 
 
被災された方、首都圏で生活不安を感じている方、そしてもちろん日本全国の一般の方々、安曇野は平穏です。どうぞ今こそこの春の光さす安曇野にいらしてください。 
 
ps 
27日は復興の願いも込めて、安曇野ちひろ美術館でゆくりりっく&ジャグバンド&クワイアが歌います。
  

>> 返信


<<BACK 18日 被災者・首都圏のみなさまに地球宿のできること

NEXT>> 24日 @震災支援チャリティフリマとA穂高に田んぼがあります


 

++ Powered By 21style ++