| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |


望三郎の地球宿づくり日記
信州安曇野で農的生活をしながらコミュニティ宿をやっている宿主望三郎の
宿づくりや夢の実現に向けて奮闘する様子を日記スタイルで紹介します。

・新しく返信機能をつけました。よろしければ感想などコメントしてください。
・NEW !マークは2週間以内に書かれたものです。
・写真はクリックすると大きくなります。
・安曇野地球宿プロジェクトのページへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

2011. 3. 29. Tue オーストラリアの旅その2〜出会いと地球宿ノート〜
2011. 3. 28. Mon オーストラリアの旅その1〜至るところに我が家あり〜
2011. 3. 27. Sun あの日を境に
2011. 3. 26. Sat 東京から避難してきたファミリー
2011. 3. 24. Thu @震災支援チャリティフリマとA穂高に田んぼがあります
2011. 3. 20. Sun 安曇野の今
2011. 3. 18. Fri 被災者・首都圏のみなさまに地球宿のできること
2011年 3月
SunMonTueWedThu FriSat
- - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- -

 

 
  2011. 3. 14. Mon
      無事に帰り着きました
  
昨日午後に無事に安曇野に帰り着きました。僕の安否についてたくさんのメールを頂いていました。ご心配おかけしました。ありがとうございます。ご安心ください。 
 
東京からの高速バスの中で新聞を読んでいて、この大惨事に思わず泣いてしまいました。こうやって泣くのはいつ以来だったでしょうか?報道されている地域に友達もいます。 
 
松本インターのバス停に悦子と風と光が迎えに来てくれていました。今回の旅を通して自分の中でこれはやろうと思ったことがあります。それは子どもを抱き上げてハグし、キスしようということです。朝起きた時に、保育園や学校から帰ってきた時に、そして寝る前に。 
オーストラリアでお世話になったシンクロ二シティファームのジョシアがそうやってました。彼は勤めもしながら、農場作りも忙しい中、それでも家族への愛情がいつもあり、それを家族へ表していました。それがとても素晴らしいと感動しました。僕もそれをやってみようと思ったのです。 
 
オーストラリア旅行の余韻が消し飛んでしまうようなそんな今の状況です。 
こうやって家族と何事も無く暮らせることがいかに幸せなのか、旅という非日常と今回の震災とが、僕に強くそう思わせます。
  

望さん

おかえりなさい。
無事着いてほんと何よりです。
悦ちゃん、風ちゃん、光の喜んでる姿が目に浮かびます。
ほんと、よかった。

この惨状、ほんとふと涙が出ます。

こんな時こそ私が灯台の明かりになろうと思ってます。

結ちゃんも含めて家族もみんなで一致団結。
職場も一つに。

増田ファミリーのようにね。
まさみち ..3/16 14:27(Wed)
望さん、お帰り!
地震の後に、政通に電話したら、もう鴨川に向かったところ
だった。逞しい!!
政通の言うように、俺も光の灯台になるよ。
日本を照らせるように。
望さん、また会いたいよ。
大五郎 ..3/17 1:00(Thu)
>まさみちさん

茂原では短い時間でしたが、もみの木と植木ファミリーを訪れることができて良かったよ。政通や三代子が職場の皆さんと一緒に頑張って働いていること、人が安らぎを感じられる場を創り出していることに感動しました。「今を生きている」そう感じたよ。

結菜ちゃんにも会えて、たった数週間でしっかりした顔つきになっていることにも感動。被災地で生まれた赤ちゃんが報道されていたけど、赤ちゃんは何にも知らずにスクスクとただ育っているんだね。

>大五郎さん

お久しぶり。元気にしてるかい?未曾有の事態だね。こんな時こそ、繋がり合い手を取り合い生きていこう。そう生きていく大きなキッカケを日本人はもらったんだよね、きっと。
望三郎 ..3/17 9:34(Thu)
>> 返信


<<BACK 12日 大丈夫です!!

NEXT>> 18日 被災者・首都圏のみなさまに地球宿のできること


 

++ Powered By 21style ++