| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |


望三郎の地球宿づくり日記
信州安曇野で農的生活をしながらコミュニティ宿をやっている宿主望三郎の
宿づくりや夢の実現に向けて奮闘する様子を日記スタイルで紹介します。

・新しく返信機能をつけました。よろしければ感想などコメントしてください。
・NEW !マークは2週間以内に書かれたものです。
・写真はクリックすると大きくなります。
・安曇野地球宿プロジェクトのページへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

2010. 5. 31. Mon 地球宿の花壇
2010. 5. 30. Sun 「セックスしたの?」
2010. 5. 29. Sat 田植え始まる
2010. 5. 26. Wed 近々の安曇野のイベント
2010. 5. 25. Tue 久しぶりに家族4人で寝たよ
2010. 5. 21. Fri 人間ギャラリーでスピーカーさせてもらいます
2010. 5. 20. Thu 5月畑NOW
2010年 5月
SunMonTueWedThu FriSat
- - - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - - -

 

 
  2010. 5. 14. Fri
      霜対策
  
寒気が流れ込み、朝が冷え込み霜が降りるんじゃないか、という日が続いている。霜が降りれば農作物は枯れてしまうので、りんご農家さんをはじめ、農家さんは気が気でない。 
 
かく言う僕もいくつかの対応をした。ジャガイモは出てきた芽の上に土を被せ、イチゴや既に植えた苗にはポットやシートを被せた。ブルーベリーは草を短く刈って、霜になる冷たい空気が停滞しないようにした。明日の朝が過ぎれば今年はもう大丈夫なようだが、なんとか乗り切れるだろうか。 
 
この数日間遅霜に気を揉んでいるのだが、ふと今年は例年以上に遅霜に敏感になっている自分に気づく。なぜだろう?農業(というか農的生活)は、これまでもやってきたのに。 
 
一つはブルーベリーが、今年初めて本格的に結実させようとしていることがある。今ブルーベリーの小さな花が咲いていて、それが霜にあたれば枯れて実ができなくなってしまう。 
 
あと各種野菜苗を種から育ててきたこともあるだろう。苗を店で買うのではなく、自分で種から芽出しして育ててきた。温室の中で温度をかけ、4月は夜になると室内に入れた。ポケットの中で温度をかけて発芽させたりもした。 
 
こんなふうに手間をかけてきても、一晩で枯れさせてしまう自然界の否応無さに対して、なんとかできる手を打って乗り切ろうとしている自分も農業者の端くれなのかなと思う。
  



Name: DelKey:
Mail: URL:
Cookie  

<<BACK 13日 ソフトボールも始まってます

NEXT>> 15日 ウーファーのチャンくん


 

++ Powered By 21style ++