| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |


望三郎の地球宿づくり日記
信州安曇野で農的生活をしながらコミュニティ宿をやっている宿主望三郎の
宿づくりや夢の実現に向けて奮闘する様子を日記スタイルで紹介します。

・新しく返信機能をつけました。よろしければ感想などコメントしてください。
・NEW !マークは2週間以内に書かれたものです。
・写真はクリックすると大きくなります。
・安曇野地球宿プロジェクトのページへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

2010. 5. 31. Mon 地球宿の花壇
2010. 5. 30. Sun 「セックスしたの?」
2010. 5. 29. Sat 田植え始まる
2010. 5. 26. Wed 近々の安曇野のイベント
2010. 5. 25. Tue 久しぶりに家族4人で寝たよ
2010. 5. 21. Fri 人間ギャラリーでスピーカーさせてもらいます
2010. 5. 20. Thu 5月畑NOW
2010年 5月
SunMonTueWedThu FriSat
- - - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - - -

 

 
  2010. 5. 1. Sat
      地球宿の不思議、その1〜出会ったばかりなのに〜
  
GWって地球宿の中でも特に面白い期間。この短い数日間の中に集中して、色んなところからいろんな人が集まってくる。リピーターあり、子供連れのファミリーあり、60を超えた人生の達人あり、単身での滞在あり。みなさん、いずれもユニーク。 
 
泊まり合わせたゲストたちが、1泊2日とか2泊3日の短い滞在の中で、お互いに反応し合い、響き合う。出会いが生まれていく。 
 
ゲストの子供同士が仲良く遊んだり、そこにうちの子供や近所の子供たちが絡んだり。子どもたちは若いゲストをすぐにお兄ちゃん、お姉ちゃんにするし、若いゲストたちも子どもたちと楽しく遊んでくれる。子どもの親たちはその分楽に過ごしてる。 
 
地球宿では食事の時に自己紹介をするのだが、この自己紹介だけでもかなり面白い。お互いを知り、受け入れ合う大切な時間になる。 
 
さらに夜の語りの時間。 
「自分は躁鬱病だった・・・。」 
あるゲストは、口にし辛いと思っていたことを、なぜかこの場で冷静に話している自分に驚く。一人の話にみんなが真剣に耳を傾ける。しっかりと受け止め、アドバイスや思いを出していく。本音の心トークが続く。 
 
どうしてこんなふうに話ができるんだろう? 
今日の夕方初めて出会ったばかりなのに。
  

>> 返信


NEXT>> 2日 地球宿の不思議、その2〜なぜか延泊が続く〜


 

++ Powered By 21style ++