| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |


望三郎の地球宿づくり日記
信州安曇野で農的生活をしながらコミュニティ宿をやっている宿主望三郎の
宿づくりや夢の実現に向けて奮闘する様子を日記スタイルで紹介します。

・新しく返信機能をつけました。よろしければ感想などコメントしてください。
・NEW !マークは2週間以内に書かれたものです。
・写真はクリックすると大きくなります。
・安曇野地球宿プロジェクトのページへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

2009. 5. 31. Sun もう一つのロングステイ
2009. 5. 29. Fri さあ明日から田植えです
2009. 5. 28. Thu 小笠原からの出産ステイ
2009. 5. 27. Wed 北沢夫婦、一時安曇野帰省
2009. 5. 24. Sun AZUMINOジャグバンド、ついにデビュー!
2009. 5. 23. Sat 5月の畑NOW
2009. 5. 22. Fri 苗が「私たちを植えてね。」と言っている。
2009年 5月
SunMonTueWedThu FriSat
- - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - - - - -

 

 
  2009. 5. 15. Fri
      善光寺参り
  
東京時代に風の乳母役をやってくれてた紀久枝さんが遊びに来てくれた。善光寺御開帳に行きたいというので一緒に行ってきた。 
 
ご朝事というお坊さんの朝のお勤めに参列しようと思ったが、5時10分スタートなので断念。8時半頃着いて参道・仲見世を歩く。漬物屋や工芸店やら楽しいお店がいっぱい。ついつい寄り道をしたくなるが、これは帰りに・・・ということでまずは参拝。 
 
善光寺の本尊は絶対秘仏とかで、その姿を人前に現さない。その代わりに7年に一度御前立本尊という身代わりを本尊の前に飾る。これをご開帳と言うらしい。そしてその御前立本尊と紐?で繋がる回向柱。この柱に触ると仏と一体になれるということらしい。 
 
前日には穂高神社にお参りしたし、今日は善光寺。神に仏に見境なくお参りさせて頂きました。 
穂高神社大遷宮祭と善光寺ご開帳が次回同じ年に行われるのは140年後。同年開催はなんと140年に1度のことだったんですね。僕の何世代先かの子孫がお参りするだろうか。
  

えっと、ちょっと誤解しているようなので(というか、この触れ文句ではみんな誤解するさー)、フォローします。

善光寺御開帳は7年に1度ですが、数え年なので、御開帳のその年をダブルカウントします。
だから実際には6年ごとに行われるということになります。干支でいうと丑と未の年。

穂高神社大遷宮祭はそのまま20年に一度の開催なので、両方が重なるのは20と6の最小公倍数である「60年ごと」ということになりますね。
たぶん望さんは140歳か160歳まで生きるはずだから、あと最低一度はチャンスがあります。僕は次の御開帳すら危ないですが・・・
terra-sun ..5/20 0:06(Wed)
>Terra-sun

おーさすが寺さん。何でも知ってるね〜〜。
そうか60年後なのか、100歳の時だ。
この時はまだ生きてるかもな〜。
寺さんも大丈夫です。
望三郎 ..5/22 21:52(Fri)
>> 返信


<<BACK 13日 風、新体操はじめる

NEXT>> 16日 AZUMINOジャグバンドとアースデイ


 

++ Powered By 21style ++