| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |


望三郎の地球宿づくり日記
信州安曇野で農的生活をしながらコミュニティ宿をやっている宿主望三郎の
宿づくりや夢の実現に向けて奮闘する様子を日記スタイルで紹介します。

・新しく返信機能をつけました。よろしければ感想などコメントしてください。
・NEW !マークは2週間以内に書かれたものです。
・写真はクリックすると大きくなります。
・安曇野地球宿プロジェクトのページへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

2008. 12. 29. Mon 安曇野地球宿通信第25号
2008. 12. 28. Sun ドリカム新年会’09のお知らせ
2008. 12. 27. Sat 増田ファミリー納会
2008. 12. 24. Wed 久々の教会
2008. 12. 21. Sun そうだったのか・・・。
2008. 12. 20. Sat 夏君を救うためのチャリティーライブやります!
2008. 12. 19. Fri 豚のお世話する人募集
2008年 12月
SunMonTueWedThu FriSat
- 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - -

 

 
  2008. 12. 21. Sun
      そうだったのか・・・。
  
来年早々に結婚する2人。拓郎と千夏。千夏ちゃんのお腹には赤ちゃん。彼女は10代の母になる。拓郎もまだ22歳。 
 
その2人の結婚披露宴の司会をやらせてもらうことになり、2人のことをもっと知りたいと思い、時間をとってもらって3人で話す。 
拓郎の生い立ちやこれまでのこと、千夏の生い立ちやこれまでのこと、そして2人の馴れ初めや結婚に至るまでの経緯などを聞かせてもらった。 
 
そして僕にとって驚きだったのが妊娠のこと。 
 
妊娠を若い2人は当初は受け止められなかったと言う。特に拓郎にとって。子どもが子どもを育てることができるわけない、なんてことも言われたとか。それでも千夏ちゃんは産むことを望み、拓郎君もあることをきっかけに子どもの誕生を受入れ前向きな気持ちになる。 
 
それが9月7日の地球宿でのウテキアニさゆりさんのワークショップ「生命(いのち)よ、こんにちわ。」だった。 
あの日、集まってきた人たち一人一人の生命に対しての思いを聞き、拓郎のなかで変化が起こり、父になる決心をした。千夏は驚き、そして大いに喜んだ。 
 
まさに 
「生命(いのち)よ、こんにちわ。」 
だったのだ。
  

>> 返信


<<BACK 20日 夏君を救うためのチャリティーライブやります!

NEXT>> 24日 久々の教会


 

++ Powered By 21style ++