| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |


望三郎の地球宿づくり日記
信州安曇野で農的生活をしながらコミュニティ宿をやっている宿主望三郎の
宿づくりや夢の実現に向けて奮闘する様子を日記スタイルで紹介します。

・新しく返信機能をつけました。よろしければ感想などコメントしてください。
・NEW !マークは2週間以内に書かれたものです。
・写真はクリックすると大きくなります。
・安曇野地球宿プロジェクトのページへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

2008. 12. 29. Mon 安曇野地球宿通信第25号
2008. 12. 28. Sun ドリカム新年会’09のお知らせ
2008. 12. 27. Sat 増田ファミリー納会
2008. 12. 24. Wed 久々の教会
2008. 12. 21. Sun そうだったのか・・・。
2008. 12. 20. Sat 夏君を救うためのチャリティーライブやります!
2008. 12. 19. Fri 豚のお世話する人募集
2008年 12月
SunMonTueWedThu FriSat
- 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - -

 

 
  2008. 12. 17. Wed
      師走に思う、その3
  
いろんな人と話をしている。 
 
日常で会っている近所の仲間や地球宿にやってくる人。 
日頃は農作業や宿優先で動いていたけど、この時期はちょっと手を止め、話してみる。 
 
この1年のことを思い返し、振り返り思考がちょっと進むと、あの人の話を聞いてみよう、とその人の顔が浮かぶ。連絡を取り、相手にも時間をとってもらい話してみる。 
 
この振り返りの一番の肝は、やれたこと、やってきたことの価値を自分自身が認識するということだ。 
「良かったなあ」とこの一年のことを思えるように。 
あれができなかったなあ、これが上手くいかなかったなあと自ら作りそうな落とし穴をしっかりと埋めていく作業。 
 
そんな中である人と話していて出てきた言葉。 
 
「99%できてるのに、やれてるいるのに、1%の課題や不足をつつきたがる。」 
 
本当にそうだと思った。 
人生が今年で終わるなら、または単年ごとに決着がつくものなら、1年365日というモノサシで答えを出してしまわなければならない。 
 
だけど、人生は生きている限り続く。 
幸せな人生を送るため、家族との生活を送ること、地球宿という場を作ること。これからも長い時間をかけて歩いていく。そのための礎となる大切な1年を送ることができたのだと。 
 
99%はやろうとしてやってきたことばかり。 
やり過ぎたからこそ見えてきた課題。 
それをどうしていこうかとニヤリと笑い向き合ってみる。 
 
今も過程。この1年も過程。 
何もかも過程。 
 
まだまだ考えてみよう。描いてみよう。
  

やっぱり、望ちゃんはスゴイです。
たおたお ..12/18 20:55(Thu)
>たおたおさん

なにが「スゴイ」のでしょうか?
自分でも考えてみたいものです。
望三郎 ..12/19 23:05(Fri)
>> 返信


<<BACK 15日 増田ファミリー6番目の家族

NEXT>> 19日 豚のお世話する人募集


 

++ Powered By 21style ++