| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |


望三郎の地球宿づくり日記
信州安曇野で農的生活をしながらコミュニティ宿をやっている宿主望三郎の
宿づくりや夢の実現に向けて奮闘する様子を日記スタイルで紹介します。

・新しく返信機能をつけました。よろしければ感想などコメントしてください。
・NEW !マークは2週間以内に書かれたものです。
・写真はクリックすると大きくなります。
・安曇野地球宿プロジェクトのページへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

2008. 12. 29. Mon 安曇野地球宿通信第25号
2008. 12. 28. Sun ドリカム新年会’09のお知らせ
2008. 12. 27. Sat 増田ファミリー納会
2008. 12. 24. Wed 久々の教会
2008. 12. 21. Sun そうだったのか・・・。
2008. 12. 20. Sat 夏君を救うためのチャリティーライブやります!
2008. 12. 19. Fri 豚のお世話する人募集
2008年 12月
SunMonTueWedThu FriSat
- 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - -

 

 
  2008. 12. 15. Mon
      増田ファミリー6番目の家族
  
望三郎、悦子、風、光、チー(この家の前主人が飼っていた猫ちゃん)に続き、増田ファミリーに6番目の家族ができた。 
 
「ぶち」 
 
純正(?)の雑種犬。生後1ヵ月半。母親はおぐらやま農場松村家のリオ。父親はどこぞの犬。 
 
11月のはじめに3匹生まれ、風や光も毎日のように見にいっていたようだ。 
「うちで飼うって言い出すなよ〜。ちゃんと世話できんのか〜。こっちにまわってくんなよ〜。」 
と僕は心中で思ってた。 
 
やがて風が「かおうよ、かおうよ。」と言い出す。 
飼ってもいいのだけど導入が大事。 
11月繁忙期を終えてちょっとゆっくりしてきて、子犬の方もそろそろ親元を離れることもできるぐらいになって、改めてファミリー会議で犬を飼うことを話し合ってみる。 
 
おもちゃではなく、生きているということ。 
生き物なので、気が向いた時だけエサをやったり、散歩に連れて行ったりでは、すぐに病気になって死んでしまうこと。 
家族の一員になるのだから、お父さんやお母さんも一緒にお世話をするが、飼いたい!と強く思っている風ちゃんがまずはしっかりお世話していくこと。 
 
そんなことを確認し、増田ファミリーで飼うことを決定。 
 
白、黒、ぶちの3匹のうち、風の強い願いでぶちをもらうことに。 
名前もいくつか候補があったが、これまた風の強い思いで、まんまの「ぶち」に決定。 
 
飼うことを決めて、僕もその気になって風と松村家まで見にいったのだが、なるほど風の「ぶち」への思いを感じた。そんなにかわいがるなら、思いがあるなら、飼ってみようかと。 
 
というわけで6番目のファミリーとしてぶちを迎え入れた。 
ぶち、これから増田ファミリーと一緒に幸せになっていきましょう。
  

ぶち、かわいいよねー。
あの3匹をみてたらぶちが一番アピってたからあれは風ちゃんやな〜ってみんなで言ってました。飼う前から飼い主に似てるってファミリーになる運命の出会いだったかも〜(笑)
さにー・よーこ [URL] ..12/18 19:58(Thu)
>さにー・よーこさん

アピって、ってアピールしてたってことね。(笑)
どうりで風と気が合うはずだ。
彼女もそう思ったのでしょう。
望三郎 ..12/19 23:06(Fri)
>> 返信


<<BACK 14日 結婚する若い2人の親族会食なんてことまでやってしまった

NEXT>> 17日 師走に思う、その3


 

++ Powered By 21style ++