| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |


望三郎の地球宿づくり日記
信州安曇野で農的生活をしながらコミュニティ宿をやっている宿主望三郎の
宿づくりや夢の実現に向けて奮闘する様子を日記スタイルで紹介します。

・新しく返信機能をつけました。よろしければ感想などコメントしてください。
・NEW !マークは2週間以内に書かれたものです。
・写真はクリックすると大きくなります。
・安曇野地球宿プロジェクトのページへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

2007. 9. 30. Sun 本日雨のため、稲刈りは来週に延期
2007. 9. 29. Sat 風、保育園最後の運動会
2007. 9. 28. Fri 07年米づくり16〜さあ、あとは刈るだけ〜
2007. 9. 26. Wed 07年米づくり15〜稲刈り準備〜
2007. 9. 25. Tue 光の卒乳に思う。
2007. 9. 22. Sat 常念登山
2007. 9. 21. Fri 稲刈りやります。援農募集!
2007年 9月
SunMonTueWedThu FriSat
- - - - - - 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
- - - - - -

 

 
  2007. 9. 5. Wed
      時にはいっしょに
  
 夏の疲れが出たのか悦子が高熱を出して寝込んでいた。40度近い熱ではさすがの悦子も何もできなかった。そこで望お父さんの出番!といきたいところなのだが、改めて台所に立ってみると何もできない自分を自覚する。結局娘の風に仕切られ、作る食事は切ったり、焼いたりの一行程のみのもの。早起きして洗濯したり、風の保育園の用意をしたりをなんとかこなした。 
 
 悦子を休ませるために、僕が家にいる間は子どもを悦子から遠ざけるため、子供たちとやりとりする時間が増えた。食事を用意したり、一緒に風呂に入ったり、風呂の前後も一緒に遊んだり。子どもたちも悦子の病気っぷりがそれなりに分かるのか、僕と一緒に過ごす。そして一緒に過ごす時間が増えるとそれだけ子供たちの中でお父さんの存在感が増したような気がした。悦子の病気もそのために頂いたプレゼントでしょうか。 
 
 保育園友達からも心配して頂き、光を預かってもらったり、食事を差し入れて頂いたり、心強いなあ。ありがとうございました。
  

悦子さん、おかげんいかがですか。
悦子さんの食事はどうなってるのか、心配です。^^;;

私が寝込んだ時夫が作ってくれるのは、うどんか雑炊が定番、かな。。。
うどんに卵を落として、半熟にしてみて!元気出るから。
はるか ..9/6 20:01(Thu)
 大変ですねえ。ホント、こうゆう暮らしは夫婦が基本。それに子どもの色添えがあっていい感じになる。そんなことを家族の誰かが体調を悪くすると思います。

 でも、「宿の料理担当に(数日だけなら)なってみたい!」って思わない?台所に立つと。
とき ..9/6 22:19(Thu)
>はるかさん

悦子は無事にリカバリーしました。
近所の友達に子どもを見てもらったり、料理を持ってきてもらったり、僕だけでは心もとないところをサポートしてもらいました。
簡単に頼っちゃいけないけど、ありがたかったです。

>ときさん

ホントだね。家族の健康が何より大切だね。
料理担当は、僕には無理だなあ・・・。(笑)
望三郎 ..9/8 5:17(Sat)
望さん、やっぱり思い合える家族のいることは素敵なことですね。
本当はこの週末にでも久々にそちらに顔を出そうかと思ったけれど、足手まといにならないように遠慮しておきました。
でもこれからは、穂高にいる日はいつでも料理雑用しに行くので、困ったときは声かけてね。見た目キレイなものは作れないけど、それでもよければの話ですが・・・
オープンイベントの件は別途メールします。月曜日は上京しなければいけないので、土日だけの参加ですが。でも金曜日から体あけておくので、何なりと言ってくださいね。
tera-san ..9/10 4:56(Mon)
>てらさん

旅から一時帰宅していますか?
旅の様子はどんなですか?

家族という存在はかけがえないものなのでしょうね。
てらさんにとってもそうですよね。

てらさん、ダッチオーブンで何か料理する?
望三郎 ..9/11 21:17(Tue)


Name: DelKey:
Mail: URL:
Cookie  

Pass:



<<BACK 2日 地球宿へ改修その18〜台所の天井塗り〜

NEXT>> 8日 地球宿へ改修その19〜階段がついた!〜


 

++ Powered By 21style ++