| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |


望三郎の地球宿づくり日記
信州安曇野で農的生活をしながらコミュニティ宿をやっている宿主望三郎の
宿づくりや夢の実現に向けて奮闘する様子を日記スタイルで紹介します。

・新しく返信機能をつけました。よろしければ感想などコメントしてください。
・NEW !マークは2週間以内に書かれたものです。
・写真はクリックすると大きくなります。
・安曇野地球宿プロジェクトのページへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

2007. 10. 29. Mon 地球宿へ改修その23〜薪ストーブ点火!〜
2007. 10. 28. Sun 地球宿へ改修その22〜レンガ積み〜
2007. 10. 27. Sat 夢を”のっけ”
2007. 10. 24. Wed 楽しみにしていた夜
2007. 10. 23. Tue 地球宿ワークショップ『命をいただきます。』開催
2007. 10. 19. Fri 容子ちゃんの夢を応援!
2007. 10. 18. Thu 07年米づくり19〜新米ご飯、いただきま〜す〜
2007年 10月
SunMonTueWedThu FriSat
- 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - -

 

 
  2007. 10. 27. Sat
      夢を”のっけ”
  
山梨上野原の西原というところにある容子ちゃんのところに行った。 
容子ちゃんの夢を実現していく場所がどんなところなのかを見たくて、そして少しでも役に立てればと思って。宿改修請負人(?)の荷見さんも連れて行った。 
 
金曜夜に仕事が終ってから出かけていったので、日付も変わろうかという時刻。どんどん山深くなっていく中に、その場所はあった。その夜は暗くて全容が分からなかったが、翌日明るくなってから見て驚いた。 
 
とにかくこの家、むちゃくちゃ広い。この家に比べれば地球宿は小さい小さい。しかも2階とさらにその上に天井裏の3階部分がある。2回は四方が開け放せて、まるでお城の天守閣のよう。すごいね〜。 
 
容子ちゃんはこの西原地区に何度も通い、地元の方たちと出会い、「本気でやるなら応援する。」と言われて、畑やこんなすごい家を貸してもらうことができた。地元で彼女をお世話してくれている中川御兄弟もすごく味がある。よく動き、何でもやれる。時々容子ちゃんを叱り飛ばす。その叱咤は愛情がある激励だ。容子ちゃんも軽く言い返しながらのやりとりは、まるで親娘のようだ。 
 
今回は雨だったので、畑での作業はできなくて、家の片付けや改修を行った。地球宿でも御馴染みのkimyやスーザン、それに学生たちなど、この”のっけ”に共感した連中が集まってきていた。 
荷見さんは仕切られた台所の壁を壊してカウンターを作ったり、棚を作ったりして大活躍。それまでは台所部分と土間や部屋の空間が隔てられていたが、空間に繋がりと一体感が増した。容子ちゃんも大喜び。 
そして早くもkimyがみんなの食事を作り、そのカウンターにお皿を並べ盛り付けている。そんな様子はもう始まったという感じだ。 
 
これから冬を迎えていくが、容子ちゃんはこの場所で一人で暮らすという。冬の寒さは大丈夫だろうか。でもきっと容子ちゃんの引き寄せる力が、たくさんの仲間たちを受け入れて楽しくやるんだろうな。 
 
ついこの半年前に僕が地球宿でやってきた軌跡を、容子ちゃんの”のっけ”でやり始めている。なんだか嬉しい。でもきっと容子ちゃんは容子ちゃんの、”のっけ”は”のっけ”の展開があるんだろう。この過疎の地区でどのように展開して行くのだろう。楽しみだ。 
 
例によって夜は早々に潰れて寝てしまったのだけど、時折荷見さんの語り声が聞こえてきた。 
「地球宿とのっけは姉妹校だ!」
  

やっぱり!広いよね!
写真見てただけでそう思いました。
う〜ん、行ってみたい。。。家出先にいいかも。。。
最寄り駅から電車で1時間、地球宿よりも近いものね。
はるか ..10/30 14:30(Tue)
>はるかさん

ぜひ体験してみてください。のっけワールドを!(笑)
望三郎 ..10/30 23:02(Tue)
>> 返信


<<BACK 24日 楽しみにしていた夜

NEXT>> 28日 地球宿へ改修その22〜レンガ積み〜


 

++ Powered By 21style ++