| 携帯用 | | RSS | | 検索 | | Home |


望三郎の地球宿づくり日記
信州安曇野で農的生活をしながらコミュニティ宿をやっている宿主望三郎の
宿づくりや夢の実現に向けて奮闘する様子を日記スタイルで紹介します。

・新しく返信機能をつけました。よろしければ感想などコメントしてください。
・NEW !マークは2週間以内に書かれたものです。
・写真はクリックすると大きくなります。
・安曇野地球宿プロジェクトのページへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 半農生活へ
にほんブログ村

2007. 10. 29. Mon 地球宿へ改修その23〜薪ストーブ点火!〜
2007. 10. 28. Sun 地球宿へ改修その22〜レンガ積み〜
2007. 10. 27. Sat 夢を”のっけ”
2007. 10. 24. Wed 楽しみにしていた夜
2007. 10. 23. Tue 地球宿ワークショップ『命をいただきます。』開催
2007. 10. 19. Fri 容子ちゃんの夢を応援!
2007. 10. 18. Thu 07年米づくり19〜新米ご飯、いただきま〜す〜
2007年 10月
SunMonTueWedThu FriSat
- 1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
- - -

 

 
  2007. 10. 19. Fri
      容子ちゃんの夢を応援!
  
これまでの人生でもたくさんの人との出会いを頂いてきたが、宿を始めることになって、そうしなきゃ会えなかったかもしれない人たちと、今年はたくさん巡り会うことができた。良き出会いに感謝。 
 
その中の一人が容子ちゃん。GWにやった宿づくり合宿に来てくれた時が始まり。自分が来るだけでなく、ミクシィの自分のコミュ(古民家)で紹介して呼びかけてくれた。それを見てやってきた人たちも10人を超える。そしてその人たちとのやり取りがそこから始まっている。 
 
容子ちゃんはその後田植えにも来てくれて、先日のオープニングイベントにも来てくれた。 
容子ちゃんには夢があった。それは東京近郊で農業と田舎暮らしを行い、そこで生産したものを都心で移動販売車でランチにして売るという夢だ。ランチを食べた人が週末に容子ちゃんの家にやってくる。 
 
コンセプトも感性も共感するところが多く、そして容子ちゃんは、一歩?先を行く地球宿の展開に刺激を受けながら、自分の夢も着実に進めていた。 
宿&販売車の名前は「のっけ」。素敵な人、場所、想いを「のっけ」ていくのだと言う。 
 
その容子ちゃんがいよいよ場所を見つけて移り住んだ。山梨の上野原の山奥らしい。そこの古民家を借り、大掃除だ、開墾だと呼びかけては一歩一歩進めてきた。 
 
地球宿で出会った面々も応援に行っているようだ。 
嬉しいじゃないか。 
仲間の夢がまた一つ展開していく。 
お互いの息づかいを感じあいながら。 
俺も10月末に応援に行ってきます。 
自分のところもあるけど、やっぱここは行く時でしょ。 
みんなも行きませんか? 
 
*************************** 
 
蕎麦を刈って大麦植えよう大合宿☆  
 
●とき●  
(1)10月27日(土)28日(日)  
  ☆26日(金)夜入りも応相談。東京から車で行きます。  
 
(2)11月3日(土)4日(日)  
  ☆2日(金)夜入りも応相談。上野原から車出せます。  
 
詳細は以下のサイトで。 
のっけ
  

 そうそう、望ちゃんに聞こうと思ってたんだよ。
容子ちゃんとはオープニングイベントの時に
少しお話させてもらってて...うちの姉が相模湖在住だし
山梨にも友達が多いから何かしらリンクできるかも、と。
でも連絡先とか教え合わず仕舞いだったから。
 月末月初は都合が付かず不参加だけど
別の機会に立ち寄らせてもらいます。

 めっきり寒くなって来たね〜。
うちはみんなで鼻ズルズル。皆様お気をつけて!
日曜は結婚式お呼ばれで小淵沢行ってきます。
ガンチャン ..10/19 3:46(Fri)
望さん、ありがとう!10月末に待ってます☆ 地球宿ファンのみなさんもぜひ!お待ちしております。


ガンチャンさん、どなただろう?たしかにそんな会話をしたような…。すいませんすっかり痴呆ぎみです。よかったらご連絡お待ちしております!

kiku@nokke.com

ぜひ気軽にお越しくださ〜い。
容子 ..10/19 7:59(Fri)
勇気をもって書きます。


ちょっと水差し。
まずは自分分。

じぶんで出来る分をやる中でそれに共感できる人はモチロン来て頂戴。のスタンス。おかげで助かったよ。でも、じぶんらだけでもなんとかなるよ、というか、するよ。のスタンス。
僕らはそれでやってます。

「みんなでなら出来る!」は「みんながいないと(つまりは流行っていないと)出来ない。」に直結する。どんな立場と暮らし向きでも自分分が一杯集まれば自立した気持ちのいい仲間が出来るはず。

頑張れば一人でも出来るけど、みんなでやるのは楽しいよの感覚でいられるといいね。


僕達「なかや」ってちょっと夢がないかな?現実的なんです。

これはラブレター。水差してごめんね。
とき ..10/19 23:48(Fri)
ときさん、ラブレターありがとうございます。自分でなんでもできる、やるスタイルが1番ベストなんですよね。私も一応それを目指して、みんなを集める大合宿は最後にするつもりです。


この夏、千葉に住みながら東京で働き山梨の里山にある遊休地を借りて、地元のお百姓さんや都内で働くお友達に協力してもらい、毎週末のように開墾しました。たくさん人が来てくれてみんなでやるときもあれば、私一人だけのときもありました。


最後は一人だなぁと思いながら、でも夢を共有できる仲間と出会い、「無理だと思うこと」を形にする喜びを感じました。まぁ、でも甘いと見えるのは仕方がないかもしれません。事実です。


やっと念願の住むところを見つけたので、もろもろの作業が「暮らし」になる予定です。なかやのようになれるようにがんばります。

ところで。私はゴールデンウイークに地球宿の改修合宿に参加させてもらえなかったら、ここまで早く理想を形にできなかったと思います。あの合宿に参加させてもらって「私にもできる!」パワーをもらったし、語り尽くせないほど発見がありました。


望さんたちが「自分たちだけ」のやり方を選ばず、みんなでつくる経過をシェアしようとしてくれたやり方に私は感謝しています。
容子 ..10/20 2:23(Sat)
>容子ちゃん

週末身内の不幸があって留守にしてたんだけど、その間にしっかりレスしてくれてありがとう。さすが地球宿スタッフ!?(笑)

>ガンちゃん

容子ちゃん、頑張ってるよ。ぜひ山梨繋がりとリンクしてみてください。何かが展開していくかも。
望三郎 ..10/23 5:36(Tue)
>ときさん

とき、ラブレターありがとう。気持ちのあるラブレターはとても有効です。(笑)

「なかや」を訪れて今も印象に残っていることが3つあります。
1つは息子双葉君。彼の感性、育ちこそ「なかや」と井上ファミリーの真髄だと思います。
2つ目は「ジャガイモは年間食べれるようにたくさん作った。」のときの言葉。俺も影響を受けて、今年はたくさん作りました。これでお米と芋だけは何があっても無くても年間食べれて生きていけるかな。
3つめが、「自分たちでやれる分でやっていく。」というときの言葉ことでした。
増田家は今年7反の畑を増やし、田んぼもそれまでの2人3脚から1人立ちをして、平日の勤めに宿の改修やオープンしてのゲストの来訪もあり、本当に忙しく、慌ただしい日々が今日まで続いています。今年はこんな年なのだ、と悦子と励ましあいながら毎日を過ごしています。
エゴマもご近所ママたちの自給計画のつもりが、たくさん植えすぎてちょっとオーバーワーク気味。やってみたからこそ分かったことだけど、もうちょっと見直さなければなりません。
「自分たちでやれる分」でやっていく、というのは本当にそうだなあと思います。
望三郎 ..10/23 5:53(Tue)
>ときさん

とき、ラブレターありがとう。気持ちのあるラブレターはとても有効です。(笑)

「なかや」を訪れて今も印象に残っていることが3つあります。
1つは息子双葉君。彼の感性、育ちこそ「なかや」と井上ファミリーの真髄だと思います。
2つ目は「ジャガイモは年間食べれるようにたくさん作った。」のときの言葉。俺も影響を受けて、今年はたくさん作りました。これでお米と芋だけは何があっても無くても年間食べれて生きていけるかな。
3つめが、「自分たちでやれる分でやっていく。」というときの言葉ことでした。
増田家は今年7反の畑を増やし、田んぼもそれまでの2人3脚から1人立ちをして、平日の勤めに宿の改修やオープンしてのゲストの来訪もあり、本当に忙しく、慌ただしい日々が今日まで続いています。今年はこんな年なのだ、と悦子と励ましあいながら毎日を過ごしています。
エゴマもご近所ママたちの自給計画のつもりが、たくさん植えすぎてちょっとオーバーワーク気味。やってみたからこそ分かったことだけど、もうちょっと見直さなければなりません。
「自分たちでやれる分」でやっていく、というのは本当にそうだなあと思います。
望三郎 ..10/23 5:53(Tue)
>とき、容子ちゃん

『最後は一人だなぁと思いながら、でも夢を共有できる仲間と出会い、「無理だと思うこと」を形にする喜びを感じました。』
『あの合宿に参加させてもらって「私にもできる!」パワーをもらったし、語り尽くせないほど発見がありました。』

何度も応援に来てくれた容子ちゃんが、ここで感じたことが、今の自分の行動するエナジーの元ダネの一つになっているのなら本当に嬉しいです。
夢が夢を繋ぎ、それが実現していくならスバラシイ。

容子ちゃんが1人でも頑張ってるから、じゃあ応援しようという人も多いと思うよ。
僕もいろんな人に応援をいただいているし、また応援を呼びかけても居ます。夢を共有したいからだと思います。でもその思い考えの元にやってもらって当たり前、があれば、やっぱそれは違うと思うし、やがて先細りで萎んでいくでしょう。

ときの投げかけてくれたことはとても大切なことだと思いました。
ありがとう。
地球宿スタイルとも両立できることだと思います。
望三郎 ..10/23 6:01(Tue)
地球宿の改修をやらせてもらっている はすみです。
ここに関わる前まで自分も、ときさんと全く同じ考えでした。

自分のことは自分で何とかする、出来ないことはしかたない、
それが「樽を知る」だと思ってました。

だけどこの半年でなんとなく感じたのは、誰かに応援してもらえるのも
その人の実力の内なんだな、ということです。

人にはそれぞれの役があるとおもってます、
自分と望さんはまったく正反対なタイプだと思います、

自分は黙って何かを造るのは得意だけど、初対面の人に会って
話をするのは苦手です(この半年で大分鍛えられた気がするけど)

地球宿がなければ、一生会わなかったであろう人達に
会うことが出来ました。そしてこれから先も。

この地域にそんな役割分担があってこそ、自分みたいなもんが
コミュの一員でいられるんじゃないかな。

そんなわけで、最近、望三郎の樽のでかさに ビビッてきた
棟梁でした。
HASUMI ..10/23 23:41(Tue)
>HASUMIさん

俺は今、猛烈に感動している・・・。(星飛雄馬調に)
棟梁がコメントをくれるなんて・・・。
PCに向かってキーを打っている姿を想像するだけで、いってしまいそうだ・・・。

昨日の夜は僕が地元の改修仲間とこの半年をやってくるなかで、一番楽しみにしていた日でした。
続きは日記で。

増田ファミリーも地球宿も、地元の一家族一家族も、この地域の宝なんだと思います。お互いの持ち味を発揮し合えるような間柄に成り合っていけたら。

昨日の市民タイムスの「ください」コーナーに、布団・薪・冷凍庫をください、が掲載されたんだ。それを見た同じ隣組のおじさんが、知り合いに聞いてみてやろうか?と電話をくれた。車が無ければ運んでやるだ、みたいな勢いで。本当にありがたいことです。
僕もそういった中身のことをやっていきたいです。

ps
容子ちゃんからのメール、アドレスに転送しておきます。
行けそうですか。

望三郎 ..10/24 5:58(Wed)
容子さん、ときさん、はすみさん、そして望さん、こんばんわ。
そして、初めまして。はすみさんはお会いしたことがありますね。
みなさんのやりとりが心に響いて思考も追いつかないままコメントしてます。
僕は19のときに望さんに出会い、無性に憧れ、そして必死で追いつこうと頑張った時期もあり、同時にうつを抱えていたため、やっぱり無理だと長らくあきらめて、自分は自分だと言い聞かせながらひきこもりの人生を生きてきました。
自分をしばっていた一つの観念に比較観があり、望さんと自分を比較しては一喜一憂してきたように思います。

最近、20年来思い患ってきたうつを手放すことが出来、両親、妻、子ども達、これまで自分を支えてきてくれたたくさんの人達の愛を受け取ることが出来、おかげさまでやっと自立することができました。
それはこれまでうつであることを周りのせいにし、自分で立つことをせず、DVで妻や子ども達を苦しめ、その上彼らに依りかかって生きてきた自分を捨てることに他なりませんでした。

勇気がいることでした。
覚悟がいることでした。
腹を括るということでした。

僕は幼少の頃、母から虐待を受けて育ちました。
父は1億もの借金をして長男である僕はお金の恐怖に常に晒されてきました。
そうした過去が、母が、父が、何を僕に教えてくれようとしているのか。妻が、子ども達が何を僕に教えてくれようとしているのか。
このままの自分では一歩も前に進めない、人生を懸ける思いでの
自問自答の末、僕は自分を守る盾と人を攻撃する矛とを捨て去ることが
できました。
うつは隠れ蓑でした。自分を甘やかす居心地のいいぬるま湯でした。
もちろん苦しかったです。でも、何一つ自分の目で見ようとしない、自分の耳で聞こうとしない、自分の心で知ろうとしない、そしてそんな自分であることにすら気づきさえしないまま生きてきました。

望さんはまぶしかった。あんな風になりたかった。
でも、なれなかった。
でも、刺激はずっと受けてた。できない自分の分までやってくれてるような気がしてた。

だいごろう ..10/28 1:59(Sun)
うつを捨て去るには、母の行為を丸ごと受け止める必要があった。
「許し」よりももっと深く掘り下げる必要があった。
掘って掘って掘ったときに、ぶち破ったところに、愛があった。
全部、愛だったことがわかった。
今度はそれを丸ごと受け取る覚悟が自分に必要だった。
命懸けで愛してくれた。やっとそれを受け取ることができた。

父からも命賭けの父親の覚悟を本気で受け取ることができた。
妻にも心底詫びた。結婚してても僕は夫じゃなかった。
だだをこねるもう一人の子どもだった。
子ども達にとっても父親じゃなかった。
両親から愛を受け取ることができたときすっと立てた。
そして、夫として父親として立てたのです。自立できた瞬間でした。
これが1週間前のことです。僕は5月に参加したある癒しのセミナーを講師を東京から地元に呼んで
開催するためにこの1ヶ月間奔走してました。
うつは5月以降、かなり改善し、特にこの2、3ヶ月は症状はゼロと言っていい状態でした。
こんなことは人生で初めてでした。
そして、準備する中で始めは僕一人だったのが、渦を巻くように仲間が増えていきました。それは望さんの地球宿づくりに重なるものでした。

ときさんのおっしゃる意味、甘えて生きてきた自分には本当に耳が痛いです。生きることへの真剣さ、覚悟、ひしひしと伝わってきます。頭が下がります。望さんから「なかや」のことは聞かせてもらっていて妻とともにいつか行きたいと話しています。
特にお子さんのことに関してはとても心惹かれています。

そして、はすみさんのおっしゃることにもうなづけます。
僕も友人たちと、応援を受ける望さんのことを真似できないなとつぶやきあった経験があります。


だいごろう ..10/28 2:00(Sun)
望さんの日記に「どこまで行ってもありがとう」とありました。
やってもらって当たり前は間違いともありました。
本当にそうだなって思います。
つい最近まで甘えまくっていた僕が言っても説得力ないですが、
本当にそうだなって今、思うんです。
望さんが住んでいる心境世界に人と人との垣根はないのですね。
すべて一つの世界に住んでいる妖精のような感じがします。

そして僕自身もこの1ヶ月やらせてもらってきたセミナーの準備でそんな世界を垣間見ました。ともすれば甘えたくなる自分もいました。
実際、甘えてしまった人もいました。心理学用語で言えば、境界がうまく築けないところも多分にありました。そして、望さんにも甘えたのです。望さんはそれを断りました。あの時は何でって思った。同時にそのことを通じて大きく自分を省みることが出来ました。今思うと本当にありがたかった。本当に感謝しています。甘えると人を責めたくなる自分が出てくるのがよくわかりました。どこまで行ってもありがとう、だけで生き切れる自分に僕もなりたい。

容子さんが、改修合宿で受けた刺激の中身が何だったのか。
僕はそこに迫りたいです。
ときさんがおっしゃることも本気で受け止めたいです。
その上で容子さんが、はすみさんが地球宿に集った方々が望さんを通して感じた中身を受け取りたい。
それが僕が今、生きているこの瞬間に関わることなんです。
今こうやって数多くの人が読むための掲示板に個人を語っていること自体が甘えなのかもしれない。本当にごめんなさい。
本当にごめんなさい。
自立の本当の意味を知りたいのです。
1週間前に自立したと書いた。
だけどまだ自分に甘えがある。そう感じる。
望さんが地球宿スタイルとなかやスタイルは両立できると言い切れる
そこに自分も立ちたい。
ごめんなさい。今日はここまでです。

だいごろう ..10/28 2:02(Sun)
ひとまず、御礼を。望さん、はすみさん、お忙しいところ遠くまでありがとうございました。本当に嬉しかったです。お体大丈夫だったかな?無理させてしまいごめんなさい。


そして送り出してくれた悦子さん、くみさん、四人のキッズたち、地球宿ファンのみなさんもありがとうございました。オーナー&棟梁をお借りして私の古民家の改修大掃除を行いました。おかげで抜群に快適になりました!ありがとうございました。次はみなさんでいらしてください!もちろん私も行きますよー!


そしてときさん、見てくれているか分からないけど、ありがとうございました。あのコメントをもらってから、いろいろ考えました。そして私はなんでこういうやり方を選んでいるのか見つめ直すきっかけになりました。


やっぱり見て語って感じて初めて伝わることがあると思います。いつか自分の言葉でときさんに私のスタイルをお話しできたらいいなぁ。ちなみに雨で畑は出来なかったので、「自分でやる」をすることになりました^_^;


だいごろうさん


はじめまして。私、今24なんですが、相変わらず親やまわりに頼ることが多く、自立できていないので、残念ながら私はあんまり参考になること言えないです。すいません。私も今自分の核を築いているところです。


地球宿で感じたこと、書き出したらキリがないけれど、とりあえず「私にもできる!間違ってない!」と思いました。みんなが調和していろんな角度から役割や居場所みたいなものがあって、それを受け入れてくれる望さんや悦子さんがいて、本当に感動しました。


だいごろうさん、いつか語れる日を楽しみにしています。



望さんはすみさん本当にありがとうございました!またよろしくね〜(^O^)/ 笑
容子 ..10/29 16:23(Mon)
この日記のみんなからのコメント、どれもとっても面白い。中身がある。
人はどう共に生きていくのか、ということや育ちについて、そして親になっていくことなど、いろんなテーマが投げかけられていると思います。みんなありがとうね。

今日はちょっと角度を変えて。

みんな、このだいごろうってのは俺の親友です。
こんな奴他にいません。
スバラシイ奴です。ぜひ会わせたい奴です。
大五郎が望三郎を追いかけていたとコメントにあるけど、
そんな大五郎に、誰も追いつけません。
大五郎は世界中でたった一人のかけがえのない存在です。
大五郎自身がそのことに気づいたようです。

僕が大五郎の結婚式でギターで歌ったオリジナルがあります。
それを紹介します。

************************
人のために思い切り泣ける
自分のためにも泣いてやれる
弱さをさらけ出せるお前の生き方を
羨ましく思えるときもあるよ

覚えているかい?ハタチ過ぎの頃お前に
「一生一緒にやってていくぞ」って
今もあの時と同じような気持ちで
お前にそう言える俺でいたい

大五郎よ 今も昔も泣き虫で激情の男
言うことやることすごい大げさ
いいよな そんな男がいたってさ


2人のうちに行った時
ガス屋の応対してたお前が頼もしく見えた
一生ここで暮らすつもりと言う
お前の中に何かを感じた

できの悪い弟のはずがいつの間に
手を差し出して支えてくれたり
時には厳しく叱ってくれる
そんな仲間になってたんだね

惚れた女に 惚れた男に
どこまでも ぶつかってく姿いいね
人生の最高のパートナー見つけて
これから歩いていくんだね
望三郎 ..10/30 23:00(Tue)
でかかった大五郎が、
もっとでかくなったんだね。
(望くん、私が誰だか、大五郎に教えてあげてください。覚えてないかもしれないけど。)
はるか ..10/31 0:29(Wed)
容子さん、24と聞いて驚きました。何かを始めるのに年齢は必ずしも重要ではないかもしれないけど、それでも、自分が24の頃どうだったかと振り返ると、、、うつでした、、。
それはさておき、僕もいつかあなたと語れるときを楽しみにしています。今回、これだけ本気で自分を見つめ直すことができたきっかけをくれたあなたに感謝しています。本当にありがとう。

そして、望さん、ありがとう。
望さんはいつも僕を見守ってきてくれたね。
大五郎ソング、実は最近、あれから8年たった今の心境で詞を
僕なりに作り変えました。
またいつか地球宿に行くときにでも歌わせてもらいます。
だいごろう ..11/13 23:37(Tue)
>だいごろうさん

New大五郎ソングがあるのか?
楽しみ。ぜひ聞かせてください。(笑)
望三郎 ..11/14 20:02(Wed)
>> 返信


<<BACK 18日 07年米づくり19〜新米ご飯、いただきま〜す〜

NEXT>> 23日 地球宿ワークショップ『命をいただきます。』開催


 

++ Powered By 21style ++